プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【ヤマノススメ】原作百一合目の大山に登ってきました

GWの間にヤマノススメ原作百一合目「オトナの判断」でひなたとここなちゃんが登った大山に行ってきました。
あおいちゃんが風邪をひいていけなかった回ですね。

20170502_003317831_iOS.jpg
参道の商店街。GW中とはいえ平日だったせいか朝はまだあいてる店が少なかったようです。

20170502_004417071_iOS.jpg
ケーブルカーで阿夫利神社下社へ。ケーブルカーは9:00からです。

20170502_005037226_iOS.jpg
すごくモダンな感じのケーブルカーでした。原作に出てきてたやつとは車両が違うみたいですね。2016年9月30日に車両更新したみたいです。

20170502_010009312_iOS.jpg
阿夫利神社前社。

20170502_005735502_iOS.jpg
立派な参道。

20170502_010253531_iOS.jpg
ここが登山口ですね。

20170502_010316955_iOS.jpg
原作にも出てきた急な石段。本当に急です。
10:00登山開始。

20170502_010718174_iOS.jpg
石段を登るとこんな感じ。原作でも言っていたとおり普通に登山。参道のイメージではない。
小学生の遠足の団体が前を歩いててペースを上げられませんでしたが、むしろゆっくり登れて良かったです。(途中で抜いたけど)

20170502_013020623_iOS.jpg
天狗の鼻突き岩。天狗の鼻、どんだけ堅いんだよ!

20170502_014050106_iOS.jpg
おお~、富士山がよく見えます。

20170502_020115645_iOS.jpg
鳥居が見えてきました。
分岐がありますが、ここを左に行くと富士山を見ながら山頂へ、まっすぐ行くとまっすぐ山頂へという感じ。

20170502_021128491_iOS.jpg
山頂到着!
風邪で来られなかったあおいちゃんの生き霊に登場してもらいました。
山頂到着は11:05。
登り90分のコースでしたが、65分で山頂到着です。

20170502_020509518_iOS.jpg
良い眺め。関東平野が海まで見渡せます。

20170502_020706581_iOS.jpg
奥の院はなんかシャッターが閉まっている。

20170502_033154690_iOS.jpg
下山後は阿夫利神社前社のあたりのお店で大山名物の豆腐を肴に濁り酒阿夫利大山。
ウマウマでした。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

【ヤマノススメ】鍋割山で4リットルの水を運び、鍋焼きうどんを食べてきました

ヤマノススメ原作七十七合目「鍋割山で鍋焼きうどん!!」の巡礼をしてきました。
DSC03866.jpg
渋沢駅に8時到着。そこからバスに乗り、8時20分に大倉バス停へ。

DSC03875.jpg
しばらく行くと鹿よけのネットがありました。

DSC03879.jpg
ほどなくして扉絵のところ。(8:46)

DSC03888.jpg
延々林道を歩いて行きます。まだ紅葉が少し残っていました。

DSC03894.jpg
DSC03895_20161220073921396.jpg
たまに川を渡ります。天気も良くて川が光を反射して綺麗。

DSC03903.jpg
ようやく例の水スポットにつきました。(10:01)

DSC03905_20161220073924072.jpg
DSC03906.jpg
せっかくだから俺はこの4リットルの水を選ぶぜ!!
あおいちゃんも運んだ4リットル・・・運ばないわけにはいきません。
30リットルのザックに入るか心配でしたが、ちゃんと入りました。
ちなみにこのペットボトル、たまに穴があいてるみたいで同行者はザックが水浸しになってました。ちょっと注意した方が良さそうです。

DSC03908.jpg
水ポイントにたむろってる人たち。
なんのメリットもないのにみんな嬉々として水をザックに詰め込んでいきます。
若い女性がザックに何本もペットボトル詰め込んでてびっくりしました。
屈強なお兄さんたちはザックだけじゃなく4リットルを手持ちしてました。
うかうかしてると自分が運ぶ分がなくなってしまいそうな勢い。

DSC03922.jpg
DSC03924.jpg
水ポイントのあとは本格的な登りになります。階段が延々と続くのでキツいキツい。
4リットルの水を詰めたザックが肩に食い込みます。
年齢層高めの大集団が前で渋滞してましたが、これがホントありがたい。
お願いだからお先にどうぞとか言わないでw

DSC03934.jpg
おお!富士山!
山頂からは富士山は見えなかったので富士山が綺麗に見えたのはここだけでした。

DSC03938_20161220074550747.jpg
DSC03939.jpg
DSC03941_20161220074916476.jpg
ついに山頂到着!(11:16)

DSC03942.jpg
DSC03945_201612200749187f4.jpg
ねんがんの鍋焼きうどん!!
山小屋の中は大混雑でした。でも、どんどん作ってるのでさほど待たされずにありつけました。
鍋焼きうどんうめえ~!

DSC03969.jpg
DSC03971.jpg
下りは塔の岳方面に少し行って、そこから大倉に降りるルート。
登りの時とは打って変わってガレ場な感じです。

DSC03985.jpg
丹沢クリステルってなんだよ!!

DSC03987.jpg
大倉まで戻ってきました。(14:43)

DSC03988.jpg
DSC03990_20161220075304424.jpg
大倉からタクシーでスーパー銭湯湯花楽へ。
ペッパー君が子供に遊ばれてましたw

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

【たまゆら】2016憧憬の路

10/29・30に行われた竹原の憧憬の路に行ってきました。
私は車が運転できないので聖地巡礼はいつも公共交通機関ですが、今回は同行者が車を運転してくれたので広島空港でレンタカーを借りて車で行動しました。

DSC03568.jpg
まずは竹原・・・には向かわず、蒲刈島方面へ。
最初のOVAで志保美さんが個展を開いていた蘭島閣美術館前です。

DSC03570.jpg
DSC03571_201611070541593ba.jpg
こちらもOVAに登場した蘭島閣美術館のすぐ近くにある白雪楼。2階が気持ちいいんですよね~。風がよく抜けて。
ここで昼寝したら最高だと思います。地味だけど超おすすめスポット。
お茶とお菓子も出ます。

DSC03580.jpg
この世界の片隅にの宣伝ビラが。今年は広島はこの世界の片隅に推しのようです。

DSC03586_20161107054202cc5.jpg
DSC03591.jpg
下蒲刈島を離れ、豊島の十文字山公園展望台へ。
今まで5回竹原を訪問しましたが、どうしても到達できなかった最難関スポットです!
ここはヤバい。最難関とかいうレベルじゃない。
今回は車で上がりましたが、道が異常に細い上に整備されてなくて、すれ違いはできないわ、ガードレールもろくになくてハンドル操作を誤ると崖下に真っ逆さまだわ、道路の上には落石が散乱してるわで命の危険を感じるレベルでした。
どうしてこんなところに展望台を作っちゃったんだよ!そして、なんでそこをアニメに出しちゃったんだよ!!

しかし、そんなガチ秘境にも関わらず同業者が3、4組くらいは来てました。巡礼者気合い入りすぎ。

DSC03602_201611070555367e8.jpg
さらに隣の大崎下島へ。たまゆら巡礼の定番スポットですね。
麻音の実家の旅館のモデルのひとつ、なごみ亭。あなご飯目当てに来たのですが、閉店・・・だと!?
閉店時間にはまだあと一時間ほどあったのですが、材料切れでしょうか。

DSC03606.jpg
乙女座。麻音のパネルがありましたが、頭の方がぐにゃっと後ろに反り返っちゃってました。

DSC03610.jpg
潮待ち館。大崎下島に来たときはいつもここでミカンジュースをいただきます。
なんか、みかんを絞る機械が導入されていて店のおばさんがみかんを絞るところを見せてくれました。

DSC03628.jpg
歴史の見える丘の展望台。
今回は車で来ちゃいました。

DSC03634.jpg
大崎下島を離れ、竹原へ。
大広苑到着。たまゆらパネルがお出迎え。

DSC03635.jpg
DSC03637.jpg
大広苑から町並み保存地区の憧憬の路に繰り出します。
なんか今年の憧憬の路はカープづいている。
っていうかまさに日本シリーズ中で竹原のみなさん、憧憬の路どころじゃなかったんじゃないでしょうか。
混んでたけど、前に来たときよりは人が少なかった気がします。あと竹明かりもちょっと減ってたような。
(この日の試合で広島が負けて日本シリーズ敗退しちゃいましたね。大広苑の食堂で中継見てたおじさん達、あのあとどうなったかな・・・)

DSC03639.jpg
もちろん、たまゆら関連もいっぱい。

DSC03647.jpg
ハハッ

DSC03651.jpg
DSC03660.jpg
DSC03663_20161107060821e30.jpg
DSC03664_2016110706082222d.jpg
DSC03677.jpg
竹明かりいろいろ。

DSC03680_20161107060917e02.jpg
DSC03686.jpg
旧笠井邸。ぽってパネルやポスター展示がありました。

DSC03696_2016110706092041a.jpg
この日は奇祭ももねこ様祭りが同時開催だったので、パレードを見るべく商店街方面へ。
ももねこ様もカープw

DSC03702.jpg
DSC03704_20161107060923e8d.jpg
パレード始まりました!!って、なんだこれ・・・。
これが・・・奇祭・・・。
サイリウムを持った男どもが踊りながらトラックに乗せたももねこ様についていく・・・。
いくらなんでも異様すぎるだろこれはwwwwwwwwwww

DSC03722.jpg
二日目です。
朝の町並み保存地区をちょっと散歩。もうほり川に並んでる人がいるんだがwww

DSC03730.jpg
DSC03737.jpg
朝日山へ。同業者、けっこういました。

DSC03822.jpg
竹原を離れ、尾道の千光寺にやってきました。

DSC03842.jpg
ここが例のぽって部長も登った鎖場ですね。
登山担当のあおいちゃんに登ってもらいます。

DSC03845_20161107062024036.jpg
DSC03846_201611070620254c1.jpg
DSC03851.jpg
ふむふむ。なるほど。アスレチックみたいで楽しいけど、まあ鎖がなくてもなんとかなるレベルかな。(とあおいちゃんさんが申しております)

DSC03861.jpg
DSC03864_201611070620309ba.jpg
最後はぽっての湯・・・じゃなくて尾道のぽっぽの湯で温泉につかって天ぷら蕎麦や日本酒の飲み比べセットなど。
尾道に温泉があるなんて知りませんでした。

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

【ヤマノススメ】原作八十二合目 妙義山中間道に行ってきました

10月23日、ヤマノススメ原作の八十二合目であおいとほのかちゃんが行っていた妙義山中間道に行ってきました。
中間道は危険な山頂方面には行かないコースですが、あおいが「何これ!?」と言っていた天狗のひょうていや大砲岩がある方面は危険です。大砲岩方面への分岐には「この先で滑落死亡事故が発生しました」っていう警告がありますし、山と高原地図にも危険マークがついています。大砲岩方面は軽々しく行くものではないと思います。
大砲岩方面をスルーして中間道だけ歩く分にはそんなに危険なところはなかったです。

DSC03453.jpg
8:30に松井田駅到着。

DSC03455_2016102706285970d.jpg
まずは道の駅みょうぎ方面へと一時間弱歩きます。

DSC03456_20161027062900804.jpg
9:10に道の駅みょうぎ手前の妙義神社の鳥居に到着。ここをくぐって坂を上り、石段に入る前の道を左。県道に出たら右に曲がってしばらく行くと・・・

DSC03463.jpg
DSC03464_20161027062903a09.jpg
原作に出てきた中間道の登山口到着です。(9:32)
しっかり熊注意の看板が。ってそこに描いてあるのヒグマじゃない?
○○登山口というのが山と高原地図にはいくつか書かれてますが、中間道登山口とあるのが原作に出てきた登山口になります。

DSC03465_20161027063642acf.jpg
少し登っていくと妙義神社の手前に中間道と書かれた分岐。

DSC03471_2016102706364487a.jpg
第二見晴まで来ました。妙義山がよく見えますが、絶壁なのでちょっと怖い。(10:14)

DSC03482_201610270636456de.jpg
紅葉はまだ始まったかどうかという感じ。ほんのり色づいてるところもありました。

DSC03489.jpg
DSC03491.jpg
原作で頭が当たると言っていたところ。(11:28)
ここを過ぎると・・・

DSC03499_20161027064218a3c.jpg
DSC03500_201610270642199eb.jpg
ハイ、問題の大砲岩方面への分岐となります。
一般登山者は危険な岩場に入らないでくださいという警告はさすがにビビる。

DSC03506.jpg
とりあえず第四岩門まで降りてご飯を食べながら大砲岩方面に行くべきか悩む。(11:55)

DSC03511.jpg
覚悟を決めて大砲岩方面へ。まずは鎖場を降ります。
自分はボルダリングをやってて外岩経験もあるので行きましたけど、ガチ登山の領域に足を踏み入れている人ならともかく、聖地巡礼がしたいだけなら行くべきではないと思います。(天狗のひょうていの手前くらいまではさほど危険ではないので、なにこれ!?のポイントの写真だけとって戻ってくるのはありだと思います)

DSC03513.jpg
鎖をつたってトラバース。ここは若干怖いけどしっかり鎖を持って足下を確認しながら慎重に進めば大丈夫。

DSC03514.jpg
この鎖場も少し高さはありますが、断崖絶壁というわけではないので怖くはないです。ここを登って頭を出すと・・・

DSC03516_20161027064556f7a.jpg
「なにこれ!?」ポイント。
天狗のひょうていまで行くには両側崖の道を通らなければならないです。
特に左側は切り立った断崖絶壁。落ちるなら右側ですw
正直、ここで写真を撮って引き返すのが無難だと思います。
ここの左側に原作で「道細っ!!」と言ってた胎内巡りがありますが、大砲岩より危険そうです。私は行きませんでした。

DSC03520.jpg
意を決して天狗のひょうていまで渡りました。
まあ、左側に落ちないようにさえ気をつけていれば難しくはないです。ただ、万が一足を滑らせると死に直結する箇所なのであんまり行かない方がいいと思います。

DSC03525.jpg
あれが大砲岩。自分は行こうかどうか悩むこともありませんでした。あんなの無理ですw
YouTubeに大砲岩まで渡る動画がいくつかありますが、それを見るのも嫌なくらい怖いです。

ってことで、天狗のひょうていまで行って引き返してきました。
あおいちゃんママがあおいがあんなところに行ってるの知ったら即刻登山を禁止すると思いますw
ひなたパパがいつか言っていた登山は危険なものではないという言葉があまりに虚しいです。このレベルだと絶対危険です。

DSC03526_20161027064600c45.jpg
第三岩門。分岐から鎖場のトラバースがあってちょっと行くとあります。この先は行き止まりなので引き返します。(13:20)

DSC03533_201610270709100ca.jpg
第二岩門を目指してどんどん降りていきます。ってあれ?降りすぎた!?
第二岩門への分岐を見逃したようです。慌てて引き返し、また登っていく羽目に。(13:38)

DSC03534.jpg
ここか。この分岐を見逃していたようです。(13:43)

DSC03535.jpg
分岐後すぐに鎖場。ここは大したことはないです。なんか、前にすごい人数の集団が。この先、鎖場が多くてえらく待つ羽目に。分岐を見逃してなければ先に行けたのに・・・。

DSC03539.jpg
第二岩門の鎖場です。結構長いですが、傾斜はそんなに急じゃないので怖さはないです。

DSC03544.jpg
第二岩門をくぐったあとは下りになり、そこからトラバースへ。最後にここを降りると鎖場クリア。
アスレチックみたいで楽しいです。

DSC03546.jpg
第一岩門です。
大きすぎてフレームに入らない。

DSC03556.jpg
中間道を抜けました。(14:05)
ここから道の駅みょうぎあたりまで戻るのにだいぶ時間がかかるのですが・・・。
自分は県道を延々行ってしまいましたが、原作に示されてるコースをよく見ると一部ショートカットするんですね。
中間道の登山口まで戻ってきたのは15:20でした。

DSC03565.jpg
最後はせっかくなので、もみじの湯でお風呂に入って、蕎麦と舞茸の天ぷらと濁り酒。舞茸ウマ~!
こんなことしてたら日が暮れちゃって松井田駅まで帰る道がちょっと怖かったですw

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

【ヤマノススメ】榛名外輪山(天神峠~氷室山~相馬山~伊香保温泉)

最近天気が悪くてまったく山に登れませんが、10/10、3連休の最後にようやく雨の降らない日があったのでヤマノススメ原作七十九合目の榛名外輪山縦走ルートを歩いてきました。

高崎発8:30の榛名湖行きバスで天神峠下バス停に到着。9:50くらい。
そこからほんのちょっと上がると扉絵の灯籠っぽいやつ。
DSC03324.jpg

氷室山への道は原作でも出てきたこんな感じの木の階段が断続的に続くのでそんなに長い距離ではなかったのにバテました。
階段は自分の歩幅で歩けないのでつらい。
DSC03330.jpg

10:13に氷室山山頂に到着。山頂ということはまったくわかりませんが、とにかく榛名山と湖という解説看板があるところが山頂らしい。原作通り標高が殴り書きしてありました。
DSC03334.jpg

二つ目のピーク、天目山。10:43。
DSC03339.jpg

榛名富士が綺麗に見えました。木が多くて榛名富士が綺麗に見えるポイントがなかなかありません。
DSC03352.jpg

ええと、ここは左ですね。案内看板のふれあいの道、ヤセオネ峠という表示に向かって進めばOK。
DSC03357.jpg

一度車道を横断し、ここを登っていく。(11:32)
DSC03361.jpg

磨墨(するす)峠まで来ました。
DSC03378.jpg

あれがスルス岩かな?
DSC03379_20161014200509f92.jpg

ここなとほのかがメロディーラインの話をしてたところ。12:17到着。
ここに到達する少し前から静かな湖畔の森の陰から~♪のメロディがしっかり聞こえてきてました。
DSC03386.jpg

やっと相馬山登山口の鳥居に到着。12:22。
DSC03388.jpg

相馬山は距離は短いですが、こんな梯子を使わないと登れないような急傾斜の連続。ちょっと怖い。特に下り。
他にもちらちら登山者がいたので登りと下りが交錯して待ち時間が多いです。
DSC03393.jpg

ここは原作に出てきたカットですね。傾斜はさほどでもないですが手すり部分に捕まらないと歩きにくいことこのうえない。
DSC03395.jpg

相馬山山頂到着!!12:47。
DSC03405.jpg
DSC03408.jpg

ファミリーマートで買った苺のショートケーキ。これが原作と同じもののようです。
十中八九潰れるだろうと思ってましたが、潰れたのはふたつのうちひとつだけで済みました。
ケーキは二つありましたが、わびしく一人でたいらげます。
・・・あ、ここなちゃんとあおいちゃんが一緒にいることになってたんだ。ってそれだと自分の分がない。
DSC03412_20161017160651a35.jpg
本当は原作と同じようにロイヤルミルクティーも作るつもりで茶葉などを準備してきたのですが、クッキングストーブを忘れるという痛恨のミス。
ガスは予備まであったのにバーナーがないというw

ということで下山を開始。相馬山登山口まで元来た道を戻ります。登山口まで戻ってきたのが13:20くらい。結構時間を使ってしまいました。
それにしても右膝がいてええええええええ!!!!
最近、下山時の右膝の痛みがヤバいです。ひなたに習って膝用のサポーターを買ったのですが、忘れてきました(´・ω・`)
まともに歩けないくらい痛いです。
次からはサポーター忘れないようにしないと登山生命に関わる・・・。
例によってふれあいの道の表示をたどって降りていくと車道に出るので、右方向へ。
車道から舗装路が右側に分岐するのでそっちに進んでいきます。
DSC03417.jpg

伊香保温泉の案内表示があるので、それに従って左の細い山道へ。(13:51)
DSC03419.jpg

山道を降りていくと車道に出るので車道を向こう側に渡り、車道に沿って右に進みます。
DSC03423.jpg

伊香保温泉の案内表示があるのでこれに従って左の山道へ。
DSC03426.jpg

原作でも言及してましたが、道は荒れてます。
DSC03433_20161014200745a4a.jpg

見覚えのある建物・・・はいまいち写真に写らないw
DSC03437_201610142007476a0.jpg

やっと伊香保温泉まで降りてきました。14:38。
DSC03444_20161014200809331.jpg

ということで露天風呂に入っていきます。さあ、ここなちゃん、ご一緒に。(スミマセン・・・)
DSC03447_20161014200810b2c.jpg

伊香保温泉、美男高校地球防衛部とコラボなんてしてたんだw
DSC03449.jpg

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ