プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【ヤマノススメ】伊吹山登頂

8/2(水)に滋賀県の伊吹山に登りに行ってきました。
ヤマノススメ原作9巻の60合目巡礼です。

IMG_2309.jpg
8/1の23時。品川からムーンライトながらに乗り込みます。

IMG_2314.jpg
8/2の6時20分に近江長岡駅到着。
タクシーくらいいるかと思ったら何もおらず。駅も無人でした。

IMG_2316.jpg
タクシーを呼んでも良かったのですが、時間もたっぷりあることだし歩きます。
あれが伊吹山のようですね。
早朝なのに照りつける太陽がなかなかヤバげ。
夏は覚悟がいるという伊吹山・・・すでに一抹の不安が。水は一時間に一本消費しても大丈夫な程度持ったけど。

IMG_2323.jpg
約1時間で上野登山口到着。
入山協力金300円を払い、7時40分に登頂開始しました。

IMG_2325.jpg
ここから山道に入るのか。
なんだ。思ったより日差し避けられそうじゃん。

IMG_2332.jpg
あそこで森を抜けるのかな・・・

IMG_2335.jpg
って、ここが一合目かいっ!!
森を抜けてからがスタートなのね。
8時6分。1合目まで30分近くかかってる。

IMG_2336.jpg
ここからスキー場のゲレンデらしき登山道に入っていきます。
噂通りの容赦ない直射日光の攻撃。
こいつは厳しそうだ。

IMG_2342.jpg
ちょっと登ると、すでにいい眺め。

IMG_2351.jpg
2合目をすぎ、道が平坦な感じに。気持ちいい~!

IMG_2354.jpg
3合目付近の公衆トイレ。
この先山頂までトイレなし。

IMG_2360.jpg
五合目あたりからの眺め。ちょっと霞んでて遠くはよく見えないですね。

IMG_2364.jpg
原作にも出てきた6合目付近の避難小屋。

IMG_2370.jpg
むむ。少しガスってきたか。

IMG_2376.jpg
8合目付近からかなりの岩場になってきます。
そんなに険しいわけじゃないですが、どっから登るんだよ!って感じで少し面食らいます。
頂上までずっとこんな感じです。

IMG_2379.jpg
むう、かなり本格的にガスってきた。
直射日光を避けられるのはありがたいですが、景色が残念なことに。

IMG_2382.jpg
ほぼ頂上。原作にも出てた案内標識。

IMG_2385.jpg
あれが頂上!10時20分。登山口から2時間40分で山頂到着です。
お店がいっぱい出てます。
平日だというのに人がいっぱい。

IMG_2388.jpg
IMG_2390.jpg
雲のせいで見晴らしは良くないですが、霧は晴れてくれて気持ちいい!

IMG_2393.jpg
あおい父が思ったよりショボいと失礼なことを言っていたヤマトタケル像。

IMG_2400.jpg
お花の向こうに大駐車場が。
なるほど。平日なのにいっぱいいるこの人たちは車で来た人がほとんどなわけですね。

IMG_2410.jpg
伊吹山の三角点。
ってあれ。写真が横に。まあいいか。

IMG_2413.jpg
ソフトクリームに顔がw

山頂で伊吹そばなどを食べ、11時20分くらいに下山開始。
ちなみに山頂ではお土産品などもいろいろ売ってたのですが、荷物になるし、下山してから買えばいいか~、とスルーしたら平日だったからか駅も含めてお土産が買えるところが一切なく、失敗しました。山頂で買っときゃ良かった~!

IMG_2417.jpg
三合目まで戻ってきました。
この案内標識、山頂まで90分ってあるんですけど、自分がここからちょうど90分だったので結構健脚な人じゃないと90分は無理じゃないかと思います。まあ、トレイルランしてるような猛者がうようよいたから伊吹山基準では普通なのかもしれませんが・・・。

IMG_2424.jpg
ってことで13時ちょうどくらいに上野登山口まで無事下山!
下山にかかった時間は1時間40分でした。

IMG_2427.jpg
IMG_2431.jpg
下山後は伊吹薬草の里文化センターへ。上野登山口から歩いて20分くらい。
原作準拠で薬草湯に入りました。
ちなみにここから駅までのバスは2時間に一本くらいのようで、タイミングが良くなかったので行きと同じく駅まで歩きました。
駅まで歩く途中で大雨に見舞われ、スマホのタッチが効かなくなって道を調べるのに難儀しましたが、山を下りてからレインウェアが役立ちました・・・。
丹沢の時といい、どうも雨に悩まされるなあ。
雨対策をちゃんと考えないと。
スポンサーサイト

【ヤマノススメ】大倉~塔の岳~丹沢山(みやま山荘宿泊) ついでに蛭ヶ岳

7/30(日)~7/31(月)にヤマノススメ原作百二合目~百六合目の丹沢山山小屋泊を体験してきました。

IMG_2076.jpg
渋沢駅からバスを使い、大倉バス停へ。大倉バス停を10:40くらいに出発。山小屋泊なのでだいぶ遅いスタートです。
この次点で雨がポツポツ。
天気予報は雨のち曇りだったのでそのうちやむだろうと思ってたら雨脚は強くなる一方で一日中降り続けやがりました。

IMG_2091.jpg
無駄に整備された階段をひたすら登ります。
階段キツい。先を考えてゆっくり行くことを意識しましたが、それでもだんだん足が動かなくなってきます。これがバカ尾根・・・。
谷川岳の西黒尾根で岩をよじ登ってた方がずっと楽です。

IMG_2098.jpg
原作に登場した堀山の家。

IMG_2099.jpg
なんにもありませんでした。

IMG_2100.jpg
IMG_2127.jpg
塔の岳到着。13:29。大倉から2時間50分といったところ。

IMG_2140.jpg
塔の岳から丹沢山を目指します。どんどん下っていくのであとでまた登らなきゃならないのかとげんなりしながら。
ここは百二合目の丹沢山の解説のところですね。

IMG_2141.jpg
この特徴的な木は原作に出てきましたね。あたりは真っ白で景色は見えませんが・・・。

IMG_2150.jpg
IMG_2151.jpg
丹沢山到着!
14:45着。大倉バス停から4時間5分でした。
この間ずっと雨。スマホが濡れてタッチが効かず、写真を撮るのも一苦労でした。地図の確認もできず。地図はスマホに頼っちゃ駄目だな・・・。

IMG_2153.jpg
IMG_2156.jpg
みやま山荘の中。
原作どおり本棚に山の本がいっぱい。
奥にストーブをつけた乾燥室があって濡れたものを乾かすことができました。
体中グショグショに濡れてしまっていたのでありがたい。
レインウェアを着なかったら雨で濡れるし着ても汗ぐっしょりになるし、どのみちびしょ濡れですねw
ズボンの後ろポケットに入れてた財布がすっかり濡れてしまってお札がびしょびしょで参りました。濡れたお札を快く受け取ってもらえましたが・・・。
登山の時は財布はザックにしまわないと駄目だな。

みやま山荘は土日はすごく混むみたいで、布団一枚に二人で寝るとか三人で寝るとか聞きますが、この日は次の日が平日だからか雨だからか宿泊客は3組4人。すこぶる快適でした。

IMG_2160.jpg
みやま山荘の晩ご飯。
しゃぶしゃぶ風の豚肉とか桃缶とか。生き返ります。

ちなみに携帯の電波は、ドコモ回線は一応入っていました。が、3Gか、4Gのアンテナ一本という感じでデレステやミリシタをプレイするのは無理、twitterは可能とそんな感じでした。
8時半消灯。疲れたせいかいつもより早く布団に入ったせいか、誰かが自分の布団に入ってくる気配を感じ、抵抗するも体が動かないというプチ金縛り体験をしてしまいました。気合いですぐ目を覚ましましたが。

次の日の朝は昨日とはうって変わって快晴。
綺麗な日の出を見ることができました。
IMG_2174.jpg
IMG_2178.jpg
IMG_2182.jpg


IMG_2185.jpg
原作にも出てきたみやま山荘の朝ご飯。
味付けはややしょっぱいですが、ご飯をたっぷりおかわりしてエネルギーを蓄えろということでしょうか。

IMG_2187.jpg
洗面所は外にあります。ひなたが歯を磨いてたところ。

IMG_2197.jpg
IMG_2203.jpg
6時くらいにみやま山荘を後にします。
丹沢山の山頂から富士山がくっきり。

ここからはヤマノススメとは関係ないですが、せっかくなので蛭ヶ岳まで足を伸ばします。
蛭ヶ岳は丹沢最高峰ですが、どの登山口からも時間がかかるみたいでこんなときでもないと行けそうにないですから。

IMG_2206.jpg
IMG_2229.jpg
IMG_2232.jpg
いい天気の中、早朝の人っ子一人いない稜線をひたすら歩く。最高の気分です。
富士山も綺麗。

IMG_2235.jpg
鎖場もちょっとあります。

IMG_2238.jpg
あがったり下がったり、いくつかのピークを越えてきましたが、あとはここを登るだけ。

IMG_2240.jpg
蛭ヶ岳山荘到着!7時40分くらいでした。丹沢山から1時間40分くらい。

IMG_2249.jpg
IMG_2250.jpg
山荘からちょっと登ると蛭ヶ岳。
富士山がちょっと隠れてきた・・・。

8時くらいに蛭ヶ岳をあとにし、丹沢山へ戻ります。
IMG_2262.jpg
って、こいつはマママママママムシ!!!!!!!
丹沢山に戻る途中で細い道の真ん中を通せんぼされてすごく困りました。
ひなたぼっこ中みたいでこっちに興味がなさそうだったので頭が向いてない方の脇を抜けてきました。

IMG_2263.jpg
9時30分頃丹沢山山頂に帰還。あんまりいいペースとは言えませんが、昨日のバカ尾根の疲労で登りがキツいキツい。
この頃にはすっかりガスガス。
快晴は8時くらいまでのボーナスタイムだったようです。

IMG_2275.jpg
塔の岳到着。10:50。
あおいが遭難しそうになったところですね。確かにヤビツ峠方面は大倉に降りる道と同じ方にあるので間違えそう。

ここからはひたすら大倉尾根を下ります。
下るだけなので楽かと思ってたら、単調な階段をひたすらくだってるうちに足の裏が痛くなってきて参りました。
バカ尾根は下りもバカ尾根か。

IMG_2288.jpg
大倉バス停到着!13時7分。
蛭ヶ岳の分も含めると朝6時から7時間か~。いや~、歩いた歩いた。
丹沢山からは3時間40分というところでしょうか。コースタイムぴったりでした。一日目のバカ尾根で疲労してたのと雨で道が濡れて滑ったので下りでもペースが伸びませんでした。まあ時間はたっぷりあったので急ぐ必要もありませんでしたが。

この後は東海大学前駅にあるさざんかという温泉へ。
本当は別のところに行くつもりだったんですが、月曜日ってお休みのところが多いのね。

【ヤマノススメ】原作百一合目の大山に登ってきました

GWの間にヤマノススメ原作百一合目「オトナの判断」でひなたとここなちゃんが登った大山に行ってきました。
あおいちゃんが風邪をひいていけなかった回ですね。

20170502_003317831_iOS.jpg
参道の商店街。GW中とはいえ平日だったせいか朝はまだあいてる店が少なかったようです。

20170502_004417071_iOS.jpg
ケーブルカーで阿夫利神社下社へ。ケーブルカーは9:00からです。

20170502_005037226_iOS.jpg
すごくモダンな感じのケーブルカーでした。原作に出てきてたやつとは車両が違うみたいですね。2016年9月30日に車両更新したみたいです。

20170502_010009312_iOS.jpg
阿夫利神社前社。

20170502_005735502_iOS.jpg
立派な参道。

20170502_010253531_iOS.jpg
ここが登山口ですね。

20170502_010316955_iOS.jpg
原作にも出てきた急な石段。本当に急です。
10:00登山開始。

20170502_010718174_iOS.jpg
石段を登るとこんな感じ。原作でも言っていたとおり普通に登山。参道のイメージではない。
小学生の遠足の団体が前を歩いててペースを上げられませんでしたが、むしろゆっくり登れて良かったです。(途中で抜いたけど)

20170502_013020623_iOS.jpg
天狗の鼻突き岩。天狗の鼻、どんだけ堅いんだよ!

20170502_014050106_iOS.jpg
おお~、富士山がよく見えます。

20170502_020115645_iOS.jpg
鳥居が見えてきました。
分岐がありますが、ここを左に行くと富士山を見ながら山頂へ、まっすぐ行くとまっすぐ山頂へという感じ。

20170502_021128491_iOS.jpg
山頂到着!
風邪で来られなかったあおいちゃんの生き霊に登場してもらいました。
山頂到着は11:05。
登り90分のコースでしたが、65分で山頂到着です。

20170502_020509518_iOS.jpg
良い眺め。関東平野が海まで見渡せます。

20170502_020706581_iOS.jpg
奥の院はなんかシャッターが閉まっている。

20170502_033154690_iOS.jpg
下山後は阿夫利神社前社のあたりのお店で大山名物の豆腐を肴に濁り酒阿夫利大山。
ウマウマでした。

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

【ヤマノススメ】鍋割山で4リットルの水を運び、鍋焼きうどんを食べてきました

ヤマノススメ原作七十七合目「鍋割山で鍋焼きうどん!!」の巡礼をしてきました。
DSC03866.jpg
渋沢駅に8時到着。そこからバスに乗り、8時20分に大倉バス停へ。

DSC03875.jpg
しばらく行くと鹿よけのネットがありました。

DSC03879.jpg
ほどなくして扉絵のところ。(8:46)

DSC03888.jpg
延々林道を歩いて行きます。まだ紅葉が少し残っていました。

DSC03894.jpg
DSC03895_20161220073921396.jpg
たまに川を渡ります。天気も良くて川が光を反射して綺麗。

DSC03903.jpg
ようやく例の水スポットにつきました。(10:01)

DSC03905_20161220073924072.jpg
DSC03906.jpg
せっかくだから俺はこの4リットルの水を選ぶぜ!!
あおいちゃんも運んだ4リットル・・・運ばないわけにはいきません。
30リットルのザックに入るか心配でしたが、ちゃんと入りました。
ちなみにこのペットボトル、たまに穴があいてるみたいで同行者はザックが水浸しになってました。ちょっと注意した方が良さそうです。

DSC03908.jpg
水ポイントにたむろってる人たち。
なんのメリットもないのにみんな嬉々として水をザックに詰め込んでいきます。
若い女性がザックに何本もペットボトル詰め込んでてびっくりしました。
屈強なお兄さんたちはザックだけじゃなく4リットルを手持ちしてました。
うかうかしてると自分が運ぶ分がなくなってしまいそうな勢い。

DSC03922.jpg
DSC03924.jpg
水ポイントのあとは本格的な登りになります。階段が延々と続くのでキツいキツい。
4リットルの水を詰めたザックが肩に食い込みます。
年齢層高めの大集団が前で渋滞してましたが、これがホントありがたい。
お願いだからお先にどうぞとか言わないでw

DSC03934.jpg
おお!富士山!
山頂からは富士山は見えなかったので富士山が綺麗に見えたのはここだけでした。

DSC03938_20161220074550747.jpg
DSC03939.jpg
DSC03941_20161220074916476.jpg
ついに山頂到着!(11:16)

DSC03942.jpg
DSC03945_201612200749187f4.jpg
ねんがんの鍋焼きうどん!!
山小屋の中は大混雑でした。でも、どんどん作ってるのでさほど待たされずにありつけました。
鍋焼きうどんうめえ~!

DSC03969.jpg
DSC03971.jpg
下りは塔の岳方面に少し行って、そこから大倉に降りるルート。
登りの時とは打って変わってガレ場な感じです。

DSC03985.jpg
丹沢クリステルってなんだよ!!

DSC03987.jpg
大倉まで戻ってきました。(14:43)

DSC03988.jpg
DSC03990_20161220075304424.jpg
大倉からタクシーでスーパー銭湯湯花楽へ。
ペッパー君が子供に遊ばれてましたw

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

【たまゆら】2016憧憬の路

10/29・30に行われた竹原の憧憬の路に行ってきました。
私は車が運転できないので聖地巡礼はいつも公共交通機関ですが、今回は同行者が車を運転してくれたので広島空港でレンタカーを借りて車で行動しました。

DSC03568.jpg
まずは竹原・・・には向かわず、蒲刈島方面へ。
最初のOVAで志保美さんが個展を開いていた蘭島閣美術館前です。

DSC03570.jpg
DSC03571_201611070541593ba.jpg
こちらもOVAに登場した蘭島閣美術館のすぐ近くにある白雪楼。2階が気持ちいいんですよね~。風がよく抜けて。
ここで昼寝したら最高だと思います。地味だけど超おすすめスポット。
お茶とお菓子も出ます。

DSC03580.jpg
この世界の片隅にの宣伝ビラが。今年は広島はこの世界の片隅に推しのようです。

DSC03586_20161107054202cc5.jpg
DSC03591.jpg
下蒲刈島を離れ、豊島の十文字山公園展望台へ。
今まで5回竹原を訪問しましたが、どうしても到達できなかった最難関スポットです!
ここはヤバい。最難関とかいうレベルじゃない。
今回は車で上がりましたが、道が異常に細い上に整備されてなくて、すれ違いはできないわ、ガードレールもろくになくてハンドル操作を誤ると崖下に真っ逆さまだわ、道路の上には落石が散乱してるわで命の危険を感じるレベルでした。
どうしてこんなところに展望台を作っちゃったんだよ!そして、なんでそこをアニメに出しちゃったんだよ!!

しかし、そんなガチ秘境にも関わらず同業者が3、4組くらいは来てました。巡礼者気合い入りすぎ。

DSC03602_201611070555367e8.jpg
さらに隣の大崎下島へ。たまゆら巡礼の定番スポットですね。
麻音の実家の旅館のモデルのひとつ、なごみ亭。あなご飯目当てに来たのですが、閉店・・・だと!?
閉店時間にはまだあと一時間ほどあったのですが、材料切れでしょうか。

DSC03606.jpg
乙女座。麻音のパネルがありましたが、頭の方がぐにゃっと後ろに反り返っちゃってました。

DSC03610.jpg
潮待ち館。大崎下島に来たときはいつもここでミカンジュースをいただきます。
なんか、みかんを絞る機械が導入されていて店のおばさんがみかんを絞るところを見せてくれました。

DSC03628.jpg
歴史の見える丘の展望台。
今回は車で来ちゃいました。

DSC03634.jpg
大崎下島を離れ、竹原へ。
大広苑到着。たまゆらパネルがお出迎え。

DSC03635.jpg
DSC03637.jpg
大広苑から町並み保存地区の憧憬の路に繰り出します。
なんか今年の憧憬の路はカープづいている。
っていうかまさに日本シリーズ中で竹原のみなさん、憧憬の路どころじゃなかったんじゃないでしょうか。
混んでたけど、前に来たときよりは人が少なかった気がします。あと竹明かりもちょっと減ってたような。
(この日の試合で広島が負けて日本シリーズ敗退しちゃいましたね。大広苑の食堂で中継見てたおじさん達、あのあとどうなったかな・・・)

DSC03639.jpg
もちろん、たまゆら関連もいっぱい。

DSC03647.jpg
ハハッ

DSC03651.jpg
DSC03660.jpg
DSC03663_20161107060821e30.jpg
DSC03664_2016110706082222d.jpg
DSC03677.jpg
竹明かりいろいろ。

DSC03680_20161107060917e02.jpg
DSC03686.jpg
旧笠井邸。ぽってパネルやポスター展示がありました。

DSC03696_2016110706092041a.jpg
この日は奇祭ももねこ様祭りが同時開催だったので、パレードを見るべく商店街方面へ。
ももねこ様もカープw

DSC03702.jpg
DSC03704_20161107060923e8d.jpg
パレード始まりました!!って、なんだこれ・・・。
これが・・・奇祭・・・。
サイリウムを持った男どもが踊りながらトラックに乗せたももねこ様についていく・・・。
いくらなんでも異様すぎるだろこれはwwwwwwwwwww

DSC03722.jpg
二日目です。
朝の町並み保存地区をちょっと散歩。もうほり川に並んでる人がいるんだがwww

DSC03730.jpg
DSC03737.jpg
朝日山へ。同業者、けっこういました。

DSC03822.jpg
竹原を離れ、尾道の千光寺にやってきました。

DSC03842.jpg
ここが例のぽって部長も登った鎖場ですね。
登山担当のあおいちゃんに登ってもらいます。

DSC03845_20161107062024036.jpg
DSC03846_201611070620254c1.jpg
DSC03851.jpg
ふむふむ。なるほど。アスレチックみたいで楽しいけど、まあ鎖がなくてもなんとかなるレベルかな。(とあおいちゃんさんが申しております)

DSC03861.jpg
DSC03864_201611070620309ba.jpg
最後はぽっての湯・・・じゃなくて尾道のぽっぽの湯で温泉につかって天ぷら蕎麦や日本酒の飲み比べセットなど。
尾道に温泉があるなんて知りませんでした。

テーマ : 聖地巡礼 - ジャンル : アニメ・コミック

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ