プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

CLANNAD~AFTER STORY 第十六話「白い闇」

いや~、見入ってしまいますね。
CLANNADの中でも最大級のクライマックスだけあって力入ってたなあ。
今回は全編通してゲーム版を超えてたと思います。
後半はウルウルしっぱなしでした。

自宅出産の件は、なるほど~、と感心してしまいました。
本人達は病院で産むことを決めていたものの、予定より早い出産に加えて大雪で車が動けず、自宅で出産せざるを得なかったと。
これは説得力あります。
ゲームだとこのシーン、自業自得っぽくてイマイチ泣けないんですよね。
最小限の修正でこのゲーム最大の不満点をきっちり消し去りましたね。

他にも、細かいところでよく考えてます。
ことみや椋の話で幻想世界の存在や複数の可能性のある未来を分かりやすく匂わせてるし、最後のシーン、渚とすれ違う時に声をかけない朋也と、「出会わなければ良かった」という台詞。
特に最後の渚とすれ違うシーンはラストの印象を大きく左右しそうな気がします。

ところで、この赤ちゃんの声、こおろぎさとみですよね。流石、この人の赤ちゃんの演技は神がかってるなあ。
赤ちゃんの演技をまともにできる人って滅多にいないと言うか、吉田理保子とこおろぎさとみしか知りません。


さて、次回からはいよいよ汐の登場か?
CLANNADの本番はここからですよ~。

別の回へ
スポンサーサイト

【CS】恐竜探検隊ボーンフリー 第四話

ティクラのブログ-悪党登場!
これ以上無いってくらいいかにもな悪党面の人たち登場。
奥の人がボスのキングバトラー、手前が部下のグレン。
キングバトラーさんは動物の首を集めるのが趣味なんだそうです。
結構なご趣味で。

ティクラのブログ-ティラノサウルス出現
オーストラリアにティラノサウルス出現。
ボーンフリー隊出動!!

ティクラのブログ-悪党も急行
キングバトラーさんもヘリで出動。
「急げ、急ぐんだ!」
「わかりました。最高スピードマッハ1ですっ飛ばしております」
超音速ヘリSUGEEEEE!!
それを軽々と追い越していくボーンフリー隊のプロペラ機もSUGEEEEEE!!

ティクラのブログ-撃ちまくる悪党
ティラノサウルスを捕獲しようとしているボーンフリー隊の前に現れてライフルでティラノサウルスを猛然と撃ち始める悪党たち。
「やめろ!やめるんだ!」
マイクで必死に呼びかけるボーンフリー隊。
軍隊的ではなくレスキュー隊的なボーンフリー隊の特性が良く現れている場面ですね。

ティクラのブログ-流砂に巻き込まれる悪党
流砂がボーンフリー隊、悪党達、ティラノサウルスを襲います。
ボーンフリー隊は命からがら脱出したものの、流砂に沈んでいく悪党達の装甲車を見つけて救助活動を開始します。
相手が悪党だろうが、まずは救助。やはりレスキュー隊的ですね。
その後でオーストラリア軍にでも引き渡せば完璧だったのですが、なぜか武装解除もせずに悪党達を開放しちゃいます。

ティクラのブログ-今日の罰ゲーム
今日の罰ゲームはガラさん。


ティクラのブログ-麻酔弾発射
ティクラのブログ-ネット砲で迎撃
助けられた恩も忘れ、ティラノサウルス用に用意していた睡眠弾をボーンフリー隊に向けて発射する悪党達。
ボーンフリー隊、とっさにネット砲で迎撃。

ティクラのブログ-麻酔砲炸裂
睡眠弾は悪党達の装甲車の方に跳ね返されて炸裂。
永久に眠れそうな睡眠弾ですね。

ティクラのブログ-スヤスヤ
自分の睡眠弾で眠ってしまう悪党達。
何このタイムボカン的展開wwww


それにしてもボーンフリー、面白いわぁ。
手に汗握る演出で今見ても見入ってしまいます。
小さいころかなり熱中した番組ですが、今になってこうして見るとやっぱり名作だったんだな~、としみじみ。

3話へ 5話へ

【CS】1988年版トッポ・ジージョ第八話

今回はメガロの母登場。
ひょんな事から、トッポ・ジージョ達が彼女を保護することに。

ティクラのブログ-どうしたの?この豚猫
「どうしたの?この豚猫」
ジーナ、結構酷いこと言ってます。

ティクラのブログ-メガロの!?
「そんなこと言っちゃ悪いよ。彼女はあのメガロのママなんだ」
「メガロの!?」

ティクラのブログ-メガロと再会
メガロの母親をメガロの所に連れて行ってやるジーナ。
あんた、見た目によらず力ありますね。

別の回へ

あれ?インサイドXbox良くなってきた?

FableIIのレッツプレイがなんか凄く良かったんですが。
この市川って人、凄い語るなあ。
めちゃ楽しそうに語るなあ。
なんかFableIIが好きって感じがにじみ出てますよ。

ゲームの紹介の仕方も凄く良いですね。
一丁のプレイスタイル、奔放すぎwww
二人とも結構プレイしてるって感じが言葉の端々から感じられます。
私はFableII、やったこと無いんですけど、面白そうって思いましたよ。

こういう配信を続けたら、間違いなくリニューアル前より良くなったと言えますね。
一時はちと絶望しましたが、期待できそうな気がしてきました。

CLANNAD~AFTER STORY 第十五話「夏の名残りに」

朋也がつわりで苦しんでる渚に小さなおにぎりを作ってやるシーン。
ここは名シーンですね。
おにぎりを渚の口に運んで食べさせてやるあたり、アニメになると流石にゲームよりいい感じです。

この辺、ゲームだと、「今日は母子手帳をもらいました」とか、今日はこんなことがありましたって報告をお腹の赤ちゃんの成長と合わせて渚から延々聞かされ続ける展開になるんですよね。
時間の経過とともに渚の赤ちゃんへの愛おしさがどんどん大きくなっていく様子がしつこいほど丁寧に、丁寧に描かれていて、ゲーム中でも一番いいところのひとつなのですが、流石にアニメははしょらざるを得なかったようで。
アニメであれやったら見てる人は退屈しちゃうでしょうし。

でも、速い展開も見所が多くて良いのですが、ここはもう少しゆっくりと描いていくべき所だったように思います。

で、渚の体調が思わしくなくなってくる訳ですが、なんか、「自宅出産でなくてもいい」って言ってましたね。渚。
もしかして、病院で産むのかな。
確かに、渚が体調を崩してリスクが高いことが分かっていて自宅出産はアホ過ぎる気はします。
でも、予告見ると自宅出産っぽくも見える。

んで、後半の見せ場はなんと言っても渚の両親。
「俺達は家族だ。助け合っていくぞ」
名言過ぎる・°・(ノД`)・°・
CLANNADの面白さって、6割くらい渚の両親に拠ってる気がします。

最後。予告が気になりますね。
「決まった未来がひとつだけあるんじゃなくていろんな可能性がある」
IFの世界を無理なく描けるゲームと違って一本のシナリオで全てを描ききらなければならないアニメではどうにも処理の難しい箇所に差し掛かってくるわけですが、どう見せてくれるんでしょうね。
スタッフのお手並み拝見といった所です。

別の回へ

【CS】恐竜探検隊ボーンフリー 第三話

前回取り逃がしたブロントサウルス親子を再び探し始めるボーンフリー隊。

ティクラのブログ-ブロントサウルス発見
マッカールが湖底に潜むブロントサウルスを発見!
ここから水上まで追い込む作成。

ティクラのブログ-ふみつけられるマッカール
しかし、マッカールは湖底では意外に素早いブロントサウルスに踏みつけられてしまいます。
このまま擱座してしまうマッカール。

ティクラのブログ-災難続きのレイコ
水上に出てきたブロントサウルスに麻酔砲を命中させるもブロントサウルス大暴れの図。
レイコさん、前回からこんな役回りばかり。
ボーンフリー号の砲座はアルカディア号の舵輪並にヤバイ位置にありますからね。
罰ゲームには最適です。

ティクラのブログ-麻酔爆弾
レイコの罰ゲームはこれで十分と思ったのでしょうか。ジョージはヘリから麻酔爆弾を投下します。
麻酔砲はまだ分かりますが、麻酔爆弾って・・・。

ティクラのブログ-麻酔爆弾命中
麻酔爆弾命中!
これが・・・麻酔・・・・・・!?
なんて言うか、・・・脳天直撃って感じ?

でも、ブロントサウルスは結局取り逃がします。

ティクラのブログ-ガラさん
「潜りならまかしとけよ。俺は河童の親戚なんだ」
素もぐりで湖底に擱座したマッカールの救出に向かうガラさん。
ボーンフリー隊は超人の集まりか!?

ティクラのブログ-子供を囮に
マサオ達が子供のブロントサウルスを発見!
親ブロントサウルスは子供からボーンフリー隊を引き離すために囮になっていたのでした。
子供を捕獲して親をおびき出そうとするボーンフリー隊。
ブロントの怒りは大地の怒りじゃ~~~。

ティクラのブログ-麻酔が効いてくる
子供を助けに来た親ブロントサウルス。
しかし、ここに来て麻酔が効いてきてしまう。
動かない体で必死に子供の所へ行こうとする親ブロントサウルス。

ティクラのブログ-ブロントサウルス
地殻変動が始まってピンチになるも、危機一髪でブロントサウルスを確保。
ブロントサウルスを吊り上げるとは、すごい飛行船だ。
と言うか、ブロントサウルスが前回のアロサウルスと同じくらいの大きさに見えるのは気のせい?

2話へ 4話へ

【CS】1988年版トッポ・ジージョ第七話

ある日、ネズミたちが猫に追われて下水道に逃げ込むと、巨大なワニのような生物に遭遇。
同じころ、ジーナのお母さんが働いてるパン屋の客が、自分のペットのワニが逃げてしまったと。

ティクラのブログ-ワニ!?
「ワニ!?」

ティクラのブログ-私当分プールに入るのやめよ
「私当分プールに入るのやめよ」

ティクラのブログ-ホントにいるの?気味悪い
「え!?ホントにいるの?気味悪ーい」
トッポ・ジージョから仲間のネズミがワニに遭遇した話を聞き気味悪がるジーナ。

ティクラのブログ-ワニは猫が好きなの?
「ワニの好物はね、猫なんだ。ネズミなんか食べないよ」
「ワニの好物は猫なの!?初めて聞いたわ」

・・・私も初めて聞きました。


いつも酷い目に遭わされている猫のメガロがワニが苦手だということを知り、トッポ・ジージョはジーナが持っていたワニのぬいぐるみを使っていたずらを企てます。
ティクラのブログ-怖くないから静かに寝なさい
ジーナの部屋からワニを持ち出すところを目撃してしまい、悲鳴をあげるミミ。
「ワニの夢でも見たんでしょう。もう怖くないから静かに寝なさい」

ペットのネズミの悲鳴で起きるとか、どんだけ神経が研ぎ澄まされてるんだよ、ジーナは。


逃げたワニの噂は町中に広まり、トッポ・ジージョ達のいたずらもあいまって大騒ぎに。
実は逃げたワニは凄く小さなワニなんですが、下水の中にいたのはそれとは別人(別ワニ)で、300年前から住みついている本当に巨大な奴でした。
300年前のイタリアにペットにワニを飼うような酔狂な人がいたんですかね。
彼は、最近下水に迷い込んできた小さなワニを地上に返してやるようにジージョたちに頼みます。

小さなワニが見つかって騒動は終結。
巨大ワニは、町の守り神として今も下水の中に住みついています。

別の回へ

GeometryWars2ついに3桁順位に転落した~~~!。゚(T^T)

Geometry Wars 2、Deadlineというモードを今でも結構やってるんですけど、一向にハイスコア更新できず。
最近は99位の状態が続いてて、いつか来るかと思っていましたが、ついに101位に落ちました(ノ_-。)

アクションゲームの苦手な私が唯一得意と言えるゲームでしたが、ついにただの雑魚ゲーマー。誇れるものが何も無くなってしまいました。
ふ・・・。
笑ってやってください。

ハイスコア出した時とは比べ物にならないくらい技術は向上してると思うんですけどね。
点数に結びつかないんですよね・・・。
ゲートとか重力井戸の使い方で大きく点数がブレるので腕と点数がイマイチ比例しない。
この辺がこのゲームの欠点なんだよな。
そういう意味ではGeometry Wars 1の方が好きなんですが、2の画質に慣れてしまうと1は辛い。1は序盤のヌルい所が長いし。

ちなみにこのブログのヘッダ部に現在の私の順位情報を貼ってます。
MyGamerCard.netという所で自分のゲーマーカードの画像を貼り付けるサービスをやってて、リアルタイムに現在の順位を表示できるのです。知ってました?

CLANNAD~AFTER STORY 第十四話「新しい家族」

はぁ~、CLANNADが始まる前に帰り着けなかった。
途中からしか見てないけど、最初から見直す気力もないので感想書いちゃう。

えと、渚がファミレスで働き始めた訳ですね?
で、秋生と渚の写真を撮りにいくと。

この早い展開の中でもやはりこのエピソードは外せないのですね(笑)

っていうか秋生さん、写真撮りすぎ。

そして・・・渚ってすげえwww
いや、ホントに凄いよ。凄すぎるよ。

と言うわけでおめでたですね。
今回はまったりかと思いきや、やはり結構な急展開でした。

別の回へ

リニューアル後のインサイドXboxが始まった訳だけど

なにこれ。
男の方、コントローラ持って喋ってるのになんでゲームやらないの?
ゲームやれ!
新作紹介でパッケージだけ見せてもしょうがないでしょうが。
お姉ちゃんは横でアイマスのダンスでも踊ってろ!

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ