プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ギャルゲー学園のタイムリープ後編来てる

ファミ通.comで始まった「私立ギャルゲー学園」第一回タイムリープの後編来てますね。
ギャルゲー学園で『タイムリープ』の後編スタート!

まあ、だから何ってのもありますがXbox360版タイムリープ普及のために貼っときます(笑)

学長壊れすぎだろwそんなに悠が好きか。
と言うか歩とあゆむのスクリーンショット、何故この場面を貼る。良い子も見てるかもしれないんだから自重しろwwww



「ギャルゲー学園開校! 第1回目の教材は『タイムリープ』」だって
スポンサーサイト

青い花 第五話

「先輩を疑ってるの。好きな人が別にいるんじゃないかって」
ふみ、めちゃめちゃ鋭いな。杉本先輩が好きなのは男だぞ~。ちづちゃんの時と同じになるぞ~。

ふみと京子、接近遭遇。
「あなたの好きな人って、杉本先輩?」
「え!?」
「あなたもなのね。杉本先輩って素敵よね。好きっていう子はたくさんいるわ」
「そう・・・みたいですね」
京子すげえ。それほど面識のないふみにいきなり決定的な質問を・・・。

でも、この時点では京子はふみが杉本先輩に憧れているちゃらちゃらした女の子達の一人だと思ったのかな。
それでこの質問ができたのか。
しかし、杉本先輩がふみを気にかける様子にハッとする。この時点で、ふみが他の女の子達と違うことに気づいたんですかね。

ふみとあーちゃんと京子で喫茶店。
なんだこのピリピリした空気は。あーちゃん逃げてーーーー!
天真爛漫なあーちゃんじゃなければ一瞬で消し飛んでたぞ、これ。

「言いたい事あるなら、ちゃんと言いな。
 ・・・言いなよ、ふみ。気になって眠れない」
「井汲京子さんとお話しました。先輩のことが好きだって泣いてました」
「そう・・・。
 ねえ、ふみ。初恋を覚えてる?一番最初に好きになった人を、ふみは覚えてる?」

意味深な会話。初恋という言葉は、あれですか?後であーちゃんが初恋の人だった~!って気づく展開への振り?

京子と杉本の会話。
「ファンの一人でしか、なかったんですね。私も、あの子達と同じで」
「今のは私に言ったの?」
「ここには先輩と私しかいません」
「この前京子が言ったんだよ。今までどおり接してくれって」
「額面どおりに受け取らないでください。強がってるんです」

京子、面白いキャラだな。
普通ならなかなか言えないことをしっかり言っちゃう子なんですね。

なんとなくですけど、杉本先輩は京子を大事に思っているから京子の気持ちを受け入れられないって感じに見えますね。
ふみの事は心底大事に思ってる訳じゃないから、同性愛の真似事の対象にできるんじゃないかと。
杉本先輩自身はふみの事を大事に思ってると思い込んでるのかも知れませんけど。

第四話へ 第六話へ

アイマスカタログ第16号

2~2.5次元空間探訪日記-キラメキラリ
アイマスカタログ16号は、相変わらず新曲2曲。
「キラメキラリ」と「目が逢う瞬間(とき)」です。

キラメキラリが難しくて泣きそうになりました。
かなり指を酷使する譜面なんで、ずっとやってると疲れて指が動かなくなってくるんですよ。
なんとかフルコンボできましたが。

目が逢う瞬間の方は、簡単って訳じゃなかったですけど、割とあっさりとフルコンボできました。

2曲体制であんまり難しくするのやめてくれ~。
落としたその日のうちに2曲ともフルコンボして更にPV保存まで行くのはきついんですよ。
かと言って、何日もアイマスばかりやってる訳にもいかないし。

【英語版】AIR 第4話

2~2.5次元空間探訪日記-AIR北米版一巻
ハイ。VOLUME ONEのラスボス出ました。AIR第4話です。
このラスボスは強いです。なんでかというと、wikiにスクリプトが無いからです。
それって無理ゲー…。

さて、その前にニコニコ動画で見つけたAIR関連動画を。

姉妹一緒に「鳥の詩」MEIKOと初音ミク(ネギの人版)

初音ミクが出てきた初期の作品ですが、めちゃくちゃすごいです。
初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせたあのOtomaniaさんの作品なんですが、初音ミクに歌わせたオリジナルの動画はご本人が削除しちゃったんですよね。で、別の人がMEIKOと合わせて上げたのがこの動画のようです。

【第4話 plume (はね)】
こういうの、やめてください。
涙腺決壊しちゃうでしょ、もう。
英語が聞き取れてないのに泣けちゃうのは何故?

「It goes back a long time and Kano was just a little girl...」
Hijiriの昔話。二人の母が死んだ最初の夏。
「Hey look over there! They have baloon, Hijiri look!」
神社のお祭りで風船を欲しがるKano。
「Kano always wanted to fly. She thought she could see our mother that way. I taught her that our mother was in the sky and watching us all the time.」
Kanoは、風船で飛んでいけばお母さんに会えると思っていたんですね。
すでにこの辺でウルウル来ちゃってるんですが。

風船を買ってもらったのに、手を離しちゃって風船は空へ。
お姉さんと家からお金を取ってきてたら、祭りはもう終わり。
切な過ぎるだろ、これ…。

Kano、何かに導かれるように走り出し、神社のご神体へ。
駄目だぞ~。ご神体に触るとタイムリープしちゃうんだぞ~。4年前のあゆむがタイムリープしてきて大変なことになるんだぞ~。

で、ご神体の光る羽根に触れた次の朝からKanoがおかしな行動を取るようになったと。
ある日Kanoがメスを手首にあてて超ヤバイことになってたので
「This is a magical bandana.
If you wear it until you grow up, you get magic powers.
So don't take it off because once you get powers, you will be able to fly.」

再び手首を切ろうとした時に正気に戻るかもしれないと、Kanoの手首にバンダナを巻いて、大きくなるまでこれを外さなければ魔法の力が手に入って、飛べるようになるよって言い聞かせたんですね。
Kanoにバンダナを渡したのはお姉さんだったのか…。
しかし、こういう昔話はKanoのいないところでするべきだったのでは。Kano、目を覚ましてしっかり聞いちゃって、涙をボロボロこぼしてますが。

次の日。ポテトと遊んで元気そうにしていたKanoでしたが、目を離した隙に置手紙を残し…
「Dear Yukito, I'm writing this to you because I think you will believe me.
I've decided that I'm going the skies after all.」

「往人君には信じてもらえると思うからこれを書いています。私、やっぱり空に行くことにします」

あああああ!!だから内緒話は本人のいないところでやれとあれほど…。

手紙の内容の続きも、聞き取れないなりに頑張って書き出してみたんですけどね、
「I have a feeling this is a solution to make everyone happy in the end.
And I have a feeling I will meet the person that you're looking for too.
I don't know how long it's going to take, but I promiss you that I bring *** you *** find her.
Until then, it would let(?) me really happy if you could keep happy my sister.
I know she is under a lot of stress with everything.
P.S. I'm really sorry about what happend.」

駄目ですね(^^;***の所は何度聞いても訳わからないのでギブアップ。

神社のご神体の前で倒れているKano発見。ご神体の羽を手に取るYukito。
「What are you doing, Yukito?」(どうしたの?往人さん)
「I don't know why, but I am feeling strange... sort of nostalgic and sad...」(なんだか気持ちがざわざわする。懐かしいような、切ないような)
strangeの前になんか言ってるような気もするが分からないのでもうこれでいいや(^^;
羽をKanoの胸に乗せると、Shirahoって人が語り始める。大昔の女性のようですね。右手首にbirthmark(痣)を持った女の子を産んで、ある日空から羽が降ってきて、夫は戦争に狩り出されて、馬に乗った侍が来てなんか怖い顔で叫んでたので村を出て放浪。この侍が何を言ってるのかさっぱり分かりません。日本語音声によると羽を触った人間を探しているようですが。
たどり着いた村で平和に暮らしたのも束の間、疫病が流行り、子供を生贄に差し出せってことになって、Shiraho、子供を殺せず手首を切って自害。
んー、ようするにこの人がKanoに憑り付いてたの?なんつー迷惑な。独り言言うくらいなら許せるが人の首絞める癖と手首を切る癖はやめないと友達なくすぞ~。

で、クライマックス。
縁日。
「Hey, mom? Mammy where are you?」
「I'm right here, sweety.」

幼いKanoの前にお母さんが…。
ここで流れ出す「青空」
あああああああああああああああ!
手加減無しか!泣かす気満々か!!

「Is there anything you like to eat?」(食べたいもの、ある?)
「No thanks. I'm not hungry.」(もうお腹いっぱい!)
「Is there anything you want?」(欲しいものはある?)
「No.」(ううん)
「You know mom, I think I.. I have to go home.
Hijiri is going to be warried about me. And Potato too.
And I have gotten a new friend that I like to see again. 」
(えっとね、私、もう帰る。お姉ちゃんが待ってるから。それにポテトも。それから、新しくできた友達も。)
「I see.」(そう)

「If things are too hard for you, you can come with me.」(辛いのなら私と一緒に来てもいいのよ)
「...Listen mom, I wanted... to thank you. 」(えっとね、お母さん。ありがとう。)
...
「I just want to thank you for every things done for me.」(私を産んでくれてありがとう)
「That's all I really need to tell you.」(それだけ、言いたかったの)

ここで、「ねんねんころりよおころりよ~」っていうあの子守唄が英語で流れます。
この歌を英語で聞くとは思わなかったぞ…。

Kanoは目を覚まし、手首の痣は消滅。呪いが解けたってことですね。
バンダナが風に飛ばされ、追いかけようとしたKanoをYukitoが制止。
「It wants to be in the sky, so let it go.」(空にはあいつに行ってもらう)

大団円。
あー、なんか分かってきたような。もしかして、一巻ごとにヒロインが変わるんですか?これ。
一巻はKano編だったってこと?それでMisuzuを差し置いてKanoがヒロインに見えてたのか。

第三話へ 第五話へ

【CS】夢見るトッポ・ジージョ第十二話

えー、クリスマス回です。
シンシア(誰?)が孫を連れて遊びに来るってことで豪華なパーティーの準備をしていたクノップ婆さん。
しかし、シンシアが来られなくなってしまいました。
ごちそうとプレゼントをどうしようか途方に暮れていた所にクリスマスツリーを買いに行こうとしていたジーナ発見。

「どうだい?うちのツリーを見に来ないかい?町で一番高い奴さ。あんた達には絶対に手が出ないくらい高いんだよ」
「ごちそうもあんた達には手が出ないほどたくさんあるんだがねえ」
2~2.5次元空間探訪日記-ツリーを買うお金ぐらいあります
「貧乏貧乏って失礼だわ。ツリーを買うお金くらいあります」

面白くないクノップ婆さん、ジーナが目をつけていたツリーを先に電話で予約してしまいます。
がっくりしてたジーナでしたが、ツリーが無い分プレゼントやケーキを豪華にしようというママの提案で機嫌回復。
2~2.5次元空間探訪日記-ママ、私チョコレートケーキがいいな
「ママ、私チョコレートケーキがいいな」

ジーナ達がまだ楽しそうにしているので面白くないクノップ婆さん、こういうことは元から絶たなくちゃってことで溜まってた二か月分の家賃を無理やり徴収。
ジーナ達、ケーキもプレゼントも買えなくなってしまいました。
2~2.5次元空間探訪日記-クリスマスができなくなってがっくり
悲しみに暮れるジーナ。

2~2.5次元空間探訪日記-神様にちょっぴり叱られたのかも知れないわね
「ふと思ったのよ。クリスマスはパーティをやる日じゃなかったんだって。
 イエス様のお生まれになった日でしょ。私達はそれを忘れていたんじゃないかって。
 だから、神様にちょっぴり叱られたのかも知れないわね」

2~2.5次元空間探訪日記-クリスマスのお祈り
クリスマスのお祈り。

すると、ドアのノックが。
「これ友達にもらったんだけどさ。僕の汚い部屋に飾ってもつまらないと思ってさ」
ストラウドがツリーを持ってやってきました。
2~2.5次元空間探訪日記-だらしない顔のストラウド
「ありがとう!」
ジーナに抱きつかれて鼻の下を伸ばすストラウド。

                   ,’⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ ” ” _,,. ‐”´
          〈\   _,,r’” 〉 // //     . ‐””
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ””
- - - -_,,.. ‐”” _,.〉 / /  . {’⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐””  _,,,.. -{(⌒)、  r’`ー”‐‐^‐’ヾ{} +
 ’-‐ ” “  _,,. ‐””`ー‐ヘj^‐’   ;;    ‐ -‐   _- ちょっとジーナにツリー届けてくる
 - ‐_+      ;’”  ,;” ,”   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,”___,;;”_;;__,,___________
///////////////////////



さらにグロリアさん登場。
会社でもらったんだけど、独身の自分には食べられないってことでケーキを持ってきました。
2~2.5次元空間探訪日記-最高のクリスマスだわ!
「最高のクリスマスだわ!」


一方のクノップ婆さんは一人寂しくクリスマスを迎えていました。
一人で清しこの夜を口ずさんでいると、ドアの向こうから清しこの夜の合唱が。
ドアの向こうにはジーナ達。
2~2.5次元空間探訪日記-メリークリスマス、クノップさん
「メリークリスマス、クノップさん」
「よろしかったら、ご一緒にクリスマスをお祝いしませんか?」

しかし、
「お断りだね!こんな小ざかしい手で家賃を踏み倒されでもしたらたまらないからね!」
クノップ婆さん、ドアの向こうに引っ込んでしまいます。

「クノップさん、そんなつもりじゃ・・・」
「大丈夫。ジーナの気持ちはちゃんと通じているんだ」
「そ。ちょっぴり照れくさいだけよ」
「心配ないの。あの婆さんはね、心臓強い癖にこういうの弱いのよ」


次の朝。
ジーナにプレゼントが届きます。
クリスマスカードには、「サンタクロースのおばあさん」の文字が。
2~2.5次元空間探訪日記-プレゼントをもらって満面の笑み
思わぬプレゼントに大喜びのジーナ。

なるほど。ストラウドさんのツリー、グロリアさんのケーキと来て、最後に残ったプレゼントはクノップ婆さんの担当だった訳ですね。

別の回へ

【アイマス】ディアリーステーション第二回が上がってますね【DS】

今回は絵理回です。
絵理はネット廃人なのですね。
男の娘→ネット廃人。なんだ?ターゲットはそういう方向性なのか?
さすがに第一回のような衝撃的ネタバレはありませんでしたが・・・。
ホッとしたような残念なような。

極上!!めちゃモテ委員長 第17話「夏の海は大荒れ、恋する乙女心も荒れ荒れですわっ」

やばい。面白すぎる。
全編見所って感じの回でした。
別にですね、話の作りがいいって訳じゃないんですよ。
というかかなりの超展開シナリオなのですが、そこにこれでもかと見所を詰め込んで力で持ってった感じのお話ですね。

臨海学校で肝試し。なんと、浴衣ですよ、浴衣!
姫香、浴衣が着られずに委員長に助けを求めます。
帯を頭に巻いてウルウルしている姫香が可愛すぎる(笑)

開始早々ミッション開始。
めちゃモテ ミラクルチェンジ大作戦!真夏の夜の夢ツヤモテ浴衣美人に大変身ミッション、スタートですわ!
委員長、浴衣の着方を指導。

「星野さん、好きな人いるんだ」
「だれだれ?」
「内緒です。でも委員長には打ち明けて、協力してもらってるんです」
委員長も東條が好きだということを知りつつ、あくまで委員長を協力者に仕立てる。

肝試しのペアはくじで決めるそうです。姫香、猫のダミアンを使ってくじをすり替え、まんまと東條とペアに。

波人は佐野さんではなく葵ちゃんとペア。
葵ちゃんキターーーー(゜∀゜)ーーーー!!
なんだこのいろいろ狙ってるキャラはwww
っていうか誰よ、葵ちゃんって。
ボーイッシュな顔立ち、道着に竹刀。どうみてもただのモブキャラには見えんが。

委員長は西崎青とペア。
キターーーー(゜∀゜)ーーーー!!
「さ、いこうか」
西崎青が出てくるとなんで笑いがこみ上げてくるんだろう・・・。
委員長の前方ではものすごい悲鳴が。
「おばけがたおされてる」
実は怖がりな葵ちゃんがお化けを竹刀で倒しまくってました。
葵ちゃんwwwwww
どう考えてもただのモブキャラじゃないwwww

「きになるんでしょ うしおたちのこと」
「別に私は・・・」
「ふーん ならいいけど
 わかりやすいね いいんちょうは そんなにうしおたちがきがかりなら ちょくせつふたりのところへいけばいいじゃない うじうじしてないで いつもみたいにはしりだせばいいんじゃないかなあ」
西崎、好きだわ~w

委員長、東條たちを追っていきます。
考え事をしていたら、コースを示す矢印に気づかず間違った道へ。
姫香みたいなキャラが矢印に細工をして道を間違えさせるっていう展開ならいろんなアニメで散々見てきましたけど、素で道を間違えるというのは新しいwwww

委員長、崖に出てしまいました。足元が崩れ、委員長、転落。
森の木々が遥か下に見えてます。これは助からない・・・・・・!!

東條、委員長の悲鳴を聞きつけ、「悪い星野、ちょっと見てくる」
一人残された姫香、過去の記憶がフラッシュバック。
「やっぱお前つまんねーわ。ちっとも可愛くねえし。もう別れようぜ」
昔付き合ってた男につらい仕打ちを受けていたようですね。姫香がああなったのにはいろいろ事情がありそう。

委員長の方は
「いたたたた・・・ 下が茂みで助かりました」
いや、生きてるのおかしいから!茂みとかの問題じゃないから!!

雨が降ってきて洞窟に避難。探しにきた東條といい雰囲気に。
「こうして背中をくっつけていれば、少しは暖かくないですか?」
背中合わせに座って頬を赤らめる二人。

「どうして?」
姫香、そんな二人を目撃。
「酷いわ委員長。応援してくれてると思ったのに」

姫香、東條にベタベタと抱きつく。
「どういうつもりだ
 はっきり言わせてもらう。迷惑だ
東條、姫香に対して毅然とした態度。東條かっこいいな。こういうシチュエーションは漫画やアニメでは良くありますけど、男は割と優柔不断な態度を取るのがパターンで、こうもはっきり言う男キャラってのは滅多にいないと思います。

無事ホテルに帰ったものの先生に叱られる委員長達。いや、委員長は崖から落ちて死ぬところだったんだし、他の人たちは委員長を助けてたんだからそこで叱っちゃいかんだろ。

「明日も協力してくれるわよね。東條君のこと」
「星野さん、そのことなんですが。ごめんなさい!私、もう星野さんの恋の応援できません。
 なぜなら、私も東條君のことが・・・」
「知ってるわ。気づいてたに決まってるでしょう。委員長が東條君を好きだってことくらい。
 でも安心して。私は別に東條君なんてどうでもいいんだから。
 私の本当のターゲットは、委員長、あなたよ

なに~!?ここでまさかの青い花リスペクト!?
百合かっ?百合なのかっ!?

「あなたに恨みがあるのよ。だからちょっと困らせようと思っただけ」
委員長の前で悪ぶる姫香。本当に悪い子ならこんなあからさまにぶっちゃけないですよね。
東條の事が本当に好きだったんだけど、東條に冷たい言葉を浴びせられてヤケになってる感じ。
東條の件に限らず、いろいろつらい思いをして自暴自棄になってる感がありますね。姫香は。

っていうか姫香いいキャラだな。このアニメ、姫香を上手く使ったらかなり化けるのでは。
いや、もともと面白かったですけど、一部の好事家だけじゃなくて、ドラマ性で普通の人も惹きつけられる作品になるかも・・・。

第16話へ 第18話へ

【Xbox360】マグナカルタ2体験版

2~2.5次元空間探訪日記-マグナカルタ2タイトル
マグナカルタ2の体験版が来てました。
あれ?これ明日配信の予定って聞いたような気がするんだが。
別段興味のあるタイトルでもないんですが、まあせっかくだからやってみますか。

2~2.5次元空間探訪日記-マグナカルタ2スタート直後
ゲーム開始直後、いきなり今までのあらすじ。
いや、今初めてやってるのに今までのあらすじとか言われましても・・・。

2~2.5次元空間探訪日記-マグナカルタ2 町
町。
建物の中から開始して、外に出るとこんな感じ。
あー、この視点移動は駄目だわ。
これは酔います。
画面全体がぐわんぐわん大きく動くんでクラクラしてきます。
私は別段酔いやすい方じゃないと思うんですけど、これは駄目。

2~2.5次元空間探訪日記-マグナカルタ2 戦闘チュートリアル
町から出ると、戦闘のチュートリアル開始。
チェーンがどうとか、なんかルールが難しい・・・。説明文読んでるだけでうんざりしてくるんですが。

2~2.5次元空間探訪日記-マグナカルタ2ボス
戦闘。
戦闘はシームレス。3人パーティで、選択中のキャラを動かして戦います。選択してないキャラは勝手に戦います。ある程度攻撃するとスタミナが無くなって移動以外の行動ができなくなるので、選択キャラを切り替えながら戦闘継続。そんな感じのシステムみたいです。


総括ですが、体験版やった限りではあまり面白そうでは無いですね。
グラフィックも然程良くないし。
なにより、視点移動が致命的。よっぽど3D酔いに強い人じゃないと耐えられないかも知れません。
普通にスルー決定です。まあ、もともと買う気無かったけど。

【Xbox360】アニメ版Haloに押井守が参加だと!?

「Halo」が荒牧伸志と押井守によりアニメ化決定

-米MS発表。ボンズ、Production I.G.など参加


日本国内でも発売を予定しているんですね。
これは日本に限って言えばXbox360のプロモーションというよりはその次の世代を見越した地ならしですかね。
MS、次の世代では本気で日本を取りいくぞ~ってこと?
だといいなあ。
MSには三代目のジンクスがありますし、次の世代には結構期待してるんですよ。
騒音が無くて、壊れにくくて、アイマス出してくれればついていきますよ。多分。できればGeometryWarsの続編もお願い。

まあ、日本での展開が上手くいくかどうかはMSKKの働き次第って所ですかね。働いた方がいいのか働かない方がいいのかは良くわかりませんが。

青い花 第四話

すごい・・・
すごすぎるぞこのアニメ。

前回キスシーンは直接見せず、ふみのナレーションが入るだけでしたが、今回のアバンタイトルで流れた同じシーン、しっかりキスシーンを描写しおった。
このアニメでは直接的な描写を避けて奥ゆかしい演出をするのかと思ったらそんな事は全然ありませんでした(^^;

「あの、ドキドキするのはいつも、わたしの方だと思ってたので」
「ふーん?いつもって?」
杉本先輩、ナイス突っ込みwwwwww
ふみは誘い受けの達人だぞ~。気をつけろ~。

先輩と一緒に登校することになったふみでしたが、あーちゃんと先輩がバッティング。
別に女3人でワイワイ一緒に行けば問題ないだろ、って思いますが、ふみはやたら気にしてます。

ふみ、あーちゃんの下校を待って喫茶店へ。
「あーちゃんと一緒に行く。杉本先輩とはもう行かない」
「それじゃ、3人で一緒に行こうよ」
「いや!あーちゃんと一緒に行く」
ふみ、ヤバイ。
自分があーちゃんの立場なら間違いなく距離を取るわ。

さらに・・・

「杉本先輩が好きなの。付き合ってるの。
 あーちゃんに嫌われたくない。気持ち悪いなんて思わないで!」


いきなりふみの爆弾発言。いや、こういうのはいろいろ伏線を張ってからですね・・・。
ホント、途中のステップをすっ飛ばしてどんどん核心に入るアニメだ。

「気持ち悪いなんて思わないで」って台詞、いいですね。
ちゃらちゃらした百合とは一線を画してます。

次の日。あーちゃん、京子に相談。
「もし、わたしの好きな人が女の子だったらどうする?」
「もし、わたしの好きな人が女の子だったら、奥平さんどうする?」
「応援するかな?」
「じゃ、それがベストなんじゃない?」

ふみ、あーちゃんに全部話したことを杉本先輩に報告。
「ふみ、すごい。すごいなー。カミングアウトしちゃったのか
カミングアウトという表現が、なんか露骨だw

杉本先輩、ふみ達を連れて藤が谷の演劇部へ。
ちなみに杉本先輩って元はあーちゃんと同じ藤が谷女学院の演劇部だったそうです。

「あたしどうすればいい?あたし、ふみちゃんを応援したいんだけど、具体的にどうすればいいのかな?」
「え?えーと、そのままで!」
あーちゃんとふみは仲直り。あーちゃん、すごいよ、すごすぎるよ・・・。どこの天使だよ!

杉本先輩は職員室へ各務先生を訪ねます。
「先生、ちゃんと舞台見にきてくださいね。私、ヒースクリフやるんですよ」
「もちろん、顧問だからな」

「顧問だからな、・・・だって。私の顔、引きつってなかった?」

杉本先輩は各務先生が好きだったんですね。先生にふられたから転校したってこと?
真性の百合って訳じゃないのか。
それでふみを引っ掛けて、カミングアウトまでさせちゃったんだから、ふみが可哀相。
周りはレズっ気があるように見えても男に逃げることができるけど、ふみはそうじゃないっていう痛さがこの作品の本質なのか?

第三話へ 第五話へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ