プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【CS】ジュエルペットてぃんくる 第一話「ルビーとあかりでドッキ☆ドキ!」

え?今更?という感じですね。
ジュエルペットてぃんくる。
前作のジュエルペットは全然見てなかったもので、その流れでてぃんくるも普通にスルーしてしまったのですが、なんか一生の不覚のような気がしてたんですよ。キャラデザ的に。

でも、今更途中から見る気にもならないし・・・なんて思ってたらキッズステーションで放送開始しました。
こりゃ見るしかない!ってことで22話遅れで追っかけていきます。

と言うことで第一話。
あかりかわええ。
あかり、かに座なんですか!
奇遇ですね。私もかに座ですよ!!
・・・車田正美はかに座の人たちに酷い事したよね(´・ω・`)

ジュエルペットのルビーが人間界にパートナーを探しに行くというお決まりのパターンですか。
「うわーステキステキー!レアレアの女の子ってお目目キラキラで、髪はフワフワで、ほっぺはプニプニのポヨポヨ~
いきなり頬ずりかっ!羨ましいぞっ!自分もプニプニのポヨポヨ~ってやりたいぞ!
って言うか、ルビーって中にオヤジが入ってませんか?

あかり、割と明るい感じに見えますが、人前であんまり自分の気持ちを言えないんですか?
お姉さんの桜モニカが人気ありすぎて桜モニカの妹って言われ続けてるんですね。
「全然似てないな」って、あかりの方が全然可愛いじゃん!どこ見てるんだ、このクラスメイト達は。こいつらとは分かり合える気がしない。

「私はね、ジュエルペットよ。瞳は魔法の宝石で出来てるの。ジュエルランドに住んでるの」
「ジュエルランド」
「そう!」
ルビー、あかりちゃんの鼻舐めやがった!!!

何?このアニメはルビーが可愛らしい容姿を免罪符にあかりちゃんにセクハラをしまくるってコンセプトなの?
ルビーにセクハラされてもキョトンとしてるだけのあかりがなんか萌える。

ルビーとあかりを光が包み、ジュエルランドにワープ。
これって拉致じゃ・・・。
「魔法学校にようこそ!」
って、なんか歓迎されてますけど、あかり、そんなに落ち着いてていいの?

第二話へ
スポンサーサイト

リルぷりっ 第二十二話「夏の思い出とんじゃビー!☆ぷりっ!」

今回のゲストは星野桃花ちゃん。
かわえええええええええええ!!
りんごのクラスメイトはどんだけレベル高いんだよ!

熱井先生から出た夏休みの宿題で、熱い絵を描こうとするも、熱い絵にならないそうです。
音楽会にお食事会、バレエの発表会・・・。お嬢様なんですね。
見るからに育ちのいいお嬢様って感じだもんなあ。

「ねえ、桃花ちゃんの好きなものってなに?私、熱くなれるって好きってことだと思うの」
「あ、だったら私も、トビウオマン大好き!・・・なんて変よね。ごめんなさい。忘れて」

「すごく詳しいんだね、桃花ちゃん」
「ええ、トビウオマンを見ると元気になれるから、いつも三回は繰り返してみて覚えたの・・・って、変よね」

変だw
でも、ますますかわええ。

りんごの家でトビウオマンのDVD鑑賞。
エンドレスで見続ける桃花ちゃん。
しまいには寝てしまうりんご達3人。
「みんな寝ちゃった。じゃ、もう一回だけ」
もう一回見るのかwww

舞台は変わって夢のなか。
みんなトビウオ星に来ちゃったようです。
早乙女は敵の怪人なのかw

トビウオマン登場。
「サメ男!早乙女小判隊長!そろそろ海に潜らないと背ビレが乾いてるぞ!
「何!?ええーい今日のところは見逃してやる。覚えてろシャーク!」
サメ男、それで撤退するのかw
戦ってないwww

りんご、トビウオピンクのコスチュームを授かる。
「去年、お嫁に行った妹が脱皮して残していったものだが、これを君に託そう。トビウオピンク」
脱皮wwwwwww
なんか嫌だwwwwwwwww

トビウオピンクになったりんごに早乙女の攻撃は全然効かない。しかし・・・
「お腹が減って動けな~い」
りんご敗北w

「そういう時はこのボタンを押せばすぐエネルギーチャージできたのよ」
桃花ちゃん、詳しい。自分がピンクになればいいのに、
「ダメよ、私なんか・・・」
なんか、遠慮しちゃってます。

お次はレイラ。
途中で転んで5秒で敗北。

次は名月。名月なら安心っぽいけど・・・
「これでお相手しましょう!」
10段の跳び箱。名月、挑戦するも失敗。
「君が9段までしか飛べないことは知ってましたコバーン」
名月、何故律儀に跳び箱を飛ぼうとする・・・。

今回のリルぷりは、ピンチになったトビウオマンを応援するために変身のようです。
魔ペット達は囚われてるが・・・普通に檻をすり抜けてるw
リョク以外は普通に抜けられるサイズだもんなあ。と言うか、なんで今まで逃げなかったの?

最後は桃花ちゃんがピンクに変身!
「ピンク、これは去年お嫁に行った妹が脱皮して残していったものだが、君に託そう!」
大事なことだから二回言ったwww

「今よトビウオマン!」
「輝け!」
「愛と」
「正義」
「トビウオダブルキーック!!」

トビウオマン&ピンク勝利。

最後はとんじゃビーのポーズで涙を流す桃花ちゃん。シュールすぎw
「気持ちいい~!夢みたい。トビウオマンと一緒にトビトビができるなんて!私もトビウオピンクになれたんだ」
ハピネストーン出た。夢のなかだけど、いいのか?

いや~、今回は強烈なカオス回でしたw

第二十一話へ 第二十三話へ

【CS】スプーンおばさん 第92話「おばけのしかえし」、第94話「たのまれた贈り物」

■第92話「おばけのしかえし」
2~2.5次元空間探訪日記
お化け祭り。「この村に伝わる年に一度の子どもだけのお祭なのよ」ってこの村に伝わるも何もあからさまにハロウィンじゃん!何この村オリジナルみたいな顔してるの!?
ということでおばさんの家にやってきたバケット達3人。
「見たかよ」「いましたね確かに」「今日は一段と可愛かったみたいでしたよ」「あの娘はいつだって可愛いんだよ」
おばさんの家にルウリィがいるもんで、変装を変えて何度も行っちゃいます。
3人、バカすぎ。バレバレなのにw

おばさん、3人を撃退するためにルウリィをお化けに変装させます。
「わたしもみんなのようにやってみたかったの」

「同じうちに3回も入っちゃいけないよ。3つ数える間に逃げ切れたら許してあげますからね」
バケット達、必死に逃げていきます。作戦は成功。

悪ノリしたおばさん、ルウリィをダシに他の家でお菓子を貰おうと画策。
しかし、直前で大きくなってしまい、大恥をかいたのでした。


■第94話「たのまれた贈り物」
2~2.5次元空間探訪日記
郵便配達のヤン、バケット達にオリリンへのプレゼントを渡してくれるよう頼みます。
しかし、途中でルウリィと出会った3人、
「あの~、これ君に。プレゼント」「僕だってこれ君にあげようと思って」「これも。僕からのプレゼント」
「ありがとう・・・ウフ」
ヤンから預かったプレゼントをルウリィにあげちゃいました。
流石ルウリィ。魔性の女。

しかし、プレゼントを持ってるルウリィをヤンが見つけて・・・
「君たち!これは一体どういうことなんだ。え?え?オリリンのために僕が一生懸命作ったんだぞ!
 いいかい、この宝石箱の中にはね」
「駄目です!」
宝石箱の中には小さくなったおばさんが入ってるので渡すわけにはいかない。

ついにヤン、力ずくでルウリィから宝石箱を取り上げます。ルウリィにそんなことするなんてヤン許せん~!!
宝石箱の中でハンカチが動きまわってるのを見てヤン、気絶。ざまあwwwwwww
だいたい、プレゼントを自分で渡さないからこんなことになるんです。

第八十九話へ 第九十五話へ
ルウリィまとめへ

コロぱた解答集で胸が熱くなった件

コロぱた解答集。
コミケで出すって話は聞いてたんですけど、メッセサンオーでも通販始めたんですね。
メッセサンオーって、あれじゃん。最近派手な顧客情報漏洩をやらかしたあそこじゃん。
やだな~。
でも背に腹は代えられないので注文しましたよ。コロぱたのためだもん。
流石にクレジットカード情報入れる気は起こらず、代引きにしました。

そんな訳で
2~2.5次元空間探訪日記
来ました!!

2~2.5次元空間探訪日記
ついでにコロぱた非攻略本も買いましたけど、こっちは割とどうでもいい。

この解答集、何と言うかですね、なんとも言えません。胸の奥に何かが込み上げてくるというか。
128面+追加ステージ64面すべてにスタッフの解説がついてるんですよ。
結構すごいボリューム。

この良さ、コロぱたをやってない人には全然分からないでしょうね~。
コロぱたと本気で戦ってきた人間だけが分かる熱さです。
もうね、蘇るんですよ。あの日々が。
あの苦しかった日々。
苦しいんだけど、自分は確かに生きてるんだと実感できた日々。
コロぱたは確かに人生の中の無視できない部分を占めたゲームでした。

その一面一面に込められたスタッフの思いがこの本に入ってる訳です。
コロぱたを本気でやってきた人ならこれは買うべき。読み応えありすぎです。


それにしても、中盤から仕掛けがフェイクになってるっぽい面が多くなってきましたけど、あれ、スタッフが意図しないショートカットだったんですね。
私はてっきり「簡単に解けるようにしといたけどやる気がある人は全部の仕掛けを使う解き方を探してみてね」っていうメッセージなのかと思ってましたよ。
まさか、本気で悔しがってるとはw

コロぱた目次へ

【iPad】裁断機買ってしまった~!PLUS PK-513L【自炊】

裁断機。
値段はともかく場所を取るのでなんとか買わずに済ます方法を模索してたんですけどね。
アイロンでバラしたり、カンナを使ったり、キンコーズを利用したり。
キンコーズでは70冊くらい裁断してもらいましたけど、待ち時間かかるんですよね。20冊持ってって2時間待ちとか。
色々考えて、やはり裁断機を買った方がいいという結論に至りました。
2~2.5次元空間探訪日記
という訳で、来ました。PLUS PK-513L。お値段約3万円。
でかい!そして重い!
覚悟はしていましたが、この大きさは予想以上。
DSは大きさ比較のために置いてます。

とりあえずこの人達をターゲットに試し切りをしてみたいと思います。
フフフ、我がエクスカリバーの錆となるが良い!
2~2.5次元空間探訪日記

裁断ラインは赤い光で教えてくれます。
・・・が、ぶっちゃけ奥のほうなので良く見えませんw
それでもこれが無かったら位置合わせに大分苦労しそうです。
2~2.5次元空間探訪日記

裁断完了。
裁断後の漫画をくくっておく輪ゴムがあんまり無かったので、予定変更で「だぁ!だぁ!だぁ!」だけ。
裁断はめちゃくちゃ楽です。力もいらないし、慣れたら一冊10秒もあればできそうなレベル。
圧倒的なパフォーマンスです。
2~2.5次元空間探訪日記

問題は置き場所ですが・・・。
置くところくらいなんとかなるだろうとタカをくくっていましたが、こりゃ常時使える状態で置いとくのは無理そうです。
普段は箱に入れて仕舞い込んでおいて、使うときだけ出してくるって運用をするしか無さそうだなあ。
ちなみに箱の体積で今まで自炊であけた70冊の体積分がチャラになりそうな勢いですw

【iPad】キンコーズで漫画を裁断してもらってきた【自炊】

【DS】リルぷりっDS ひめチェン!アップルピンク買っちゃった

2~2.5次元空間探訪日記
買っちゃいました。
すみません。←なぜ謝る

2~2.5次元空間探訪日記
なんか、カードが二枚ついてました。
「スペシャル(・∀・)ひみつカード」と「スペシャル(・∀・)パラダイスマリン」
いちいちついてる「スペシャル(・∀・)」は一体なんなんだ。

「おみせのゲームきでつかってね」ってさすがの私にもこれをおみせのゲームきで使う度胸はありませんw

2~2.5次元空間探訪日記
「おはなし」を選ぶとこんな感じでストーリーが始まります。
第一話は、アニメの第一話を投げやりにした感じのお話。アニメの第一話も相当投げやりでしたけど。

声はアニメ版と同じですね。でも、フルボイスじゃなくて、何パターンかの短い言葉をなんとなくシナリオに合うように言ってる感じ。

おとぎの国を救えだと!?
よし、ここは「ご、ごめんなさい!」で!
・・・って選択肢減ってくだけで結局最後はやらなきゃいけないのね。

2~2.5次元空間探訪日記
服選び。
上のグラフの青い所がお客さんの好みで、赤い部分ができるだけ青い部分をカバーするように選ぶといいみたいです。

2~2.5次元空間探訪日記
そしてステージ!
3人、光ってて見えないんですけど!衣装ごとにグラフィック変えるのが大変だから光らせて誤魔化したってこと?
いや、そこは3DポリゴンとかでアイマスDSばりのステージにしようよ!
歌も歌ってくれないのね・・・。

下の方からポコポコ出てくるコンペイトウみたいなのがハピネストーンのようです。
ひたすらペンで回収します。

2~2.5次元空間探訪日記
なんか、さいこうですぞ!とか言われました。
ありがとうございます。

ということで第一話終了。
何やってるんだ、自分は・・・とか思ったら負けですw

【DS】リルぷりっDS 第2話~第5話

夢色パティシエール 第46話「お婆ちゃんのレシピ」

パリ本校の図書館で有名パティシエ達のレシピ本を見つけてきた樫野。
しかしこの本、おばあちゃんのレシピ帳と同じように消えてしまったページが。
本からはスイーツ精霊の鱗粉(?)。

スイーツ王国に秘密があると睨んだいちご、スイーツ王国に行こうと決意。
秘密を解き明かせばおばあちゃんのイチゴタルトを再現できると。
「本当にそれでいいのか?俺がこのレシピ本を借りてきたのはあくまで技術を参考にするためだ。同じものを作るためじゃない」
樫野、流石。

結局スイーツ王子達は残り、いちごだけが精霊たちとスイーツ王国へ。

カッシー達、スイーツプリンス(?)になったの?
得意分野が完全に樫野、安堂、花房になってるが。

女王様や限られた身分の者しか入れない場所に保管されたレシピを見るため、城に忍び込むいちご&バニラ。
ショコラ、カフェ、キャラメルは衛兵に見つかり・・・
「ごめんなさい!ごめんなさいですぅ~。どうか、見なかったことにしてくださいです~。一生のお願いですぅ~」
キャラメル、泣きながらスプーンで衛兵をボコボコにしおったwww

「流石、私たちの中で最年長」

ええ~~~~~!?
今明かされる衝撃の真実wwwwwww

鍵のかかった扉でいちごのスプーンが光る。
スプーンの柄と同じ模様にスプーンを合わせると・・・扉オープン。
しかし、警報装置に感知され、あっさり地下牢へ。

「どうしてそんなにイチゴタルトにこだわるんだい?」
「それは、小さい頃、どんなに寂しい時でも一口食べただけで笑顔になれる魔法のスイーツ。
その味を再現して私も同じようにみんなを笑顔にしたかったから」
「でも、それってお前の味じゃないよな。俺はレシピを盗み、同じように作ってみた。だけど、どんなに美味しいと喜んでくれる人がいても嬉しくなかった。それは他人の作った味だからだ」
カッシー、樫野と同じこと言ってる。

スプーンを持ってたいちご、先代の館長に呼び出されます。
先代の館長は・・・あの、いちごにスプーンを渡したおばあさん。
先代の館長、お婆ちゃんの精霊だったらしい。予想通り?

先代の館長、3つのイチゴタルトをいちごに食べさせる。レシピ通りに作ったものを当てればレシピを見せてくれて、捕まっている仲間も開放してくれると。
いちごの一世一代の見せ場ですね。
最初は違う。二番目も違う。三番目は・・・正解に思える。でも・・・
「違う・・・何かが違うような」
いちごの微妙な味の違いを見抜く。いちごを育てた土の違いで出る味の違い。
「これも間違いです」
見事な正解。3つともレシピ通りじゃなかったんですね。
これはしびれる展開。

「孫のいちごの舌は誰よりも優れている。いつかパティシエールを目指すかも知れない。そして宮廷レシピに選ばれ人間の世界から消えたイチゴタルトのレシピを探しに来るかも知れない。その時が来たら孫がちゃんとパティシエールとして成長しているか試して欲しい」
おばあちゃんの遺言。
宮廷レシピに選ばれたためにレシピ帳から消えちゃってたんですね。

ついに手に入れたお婆ちゃんのレシピ。
「読むかどうかはあんた次第。今のあんたならその判断はつくはずだね」


「レシピはあったけど無かったの。あたし、決勝は何が課題になっても自分のオリジナルの味で勝負してみる」
それがいちごの選択。いちご、空気読んだ。


最後は声優さん達がDS版のゲーム紹介。
キャラメル役の人、なんか目が泳いでて挙動不審すぎるw

第四十五話へ 第四十七話へ

リルぷりっ 第二十一話「ひめさまがおかあさま☆ぷりっ!」

おかあさまだとっ!?
3人のうち誰の子だ!?
りんごなのか!?

と思ったらお母さんの友だちの赤ちゃんを預かったようです。愛ちゃんだそうです。
なんだ。
嵐の夜に雷と一緒に未来の自分の赤ちゃんがタイムスリップしてくるって展開を期待してたのに。

「じゃあ、おうちのこと私がやる。
 みんな、今日はあたしがお母さんだよ」

りんごが子育てする話だとばかり思ってたら、りんごが自分のお母さんのかわりにおうちの仕事をする話なのですか。
それならレイラ呼べば万事解決じゃん。

って、言われるまでもなくレイラ&名月に助けてもらうのねw
「ここはひとつ、私達も姫様たちのひめっぷりアップのためお手伝いをするですぞ」
やめとけwwwwwwwwww
まあ、レイラ投入ではすんなり話が終わってしまいますから、ここは魔ペット達がやらかすしか無いか。

7人の弟たちが魔ペットを追いかけまわし、りんご達の仕事をメチャクチャに。
「誰か一人くらい俺で遊べよ」
追い掛け回してもらえないリョクwwwwwwwwwww

自分たちの玩具がないと言いだした7人。
7人の玩具の在処を全部言い当てるお母さん。
うちの仕事しながら7人全てちゃんと見てるんですね。
お母さんすげえ。
お父さんの捜し物なんて何探してるか聞かないで言い当てちゃう。
超能力者か!

「日、月、火、水、木、金、土、いいかげんにしなさい!」
りんご、ついに7人に切れた。
りんごは子供の扱い上手いはずなんですけどね。流石に7人相手だとりんごでも苦労するようですね。

りんごに怒られてどこかに行っちゃった7人。
探しても見つからず、ついに泣き出しちゃうりんご。
「大丈夫」
お母さん、余裕。

公園で隠れてる7人を次々に探し出すお母さん。
これは・・・お母さん、凄いを通り越して異常だw

今回のリルぷりのステージは・・・愛ちゃんのお母さんが一人でお店を頑張ってるのでその応援ですか。
って言うかステージはオマケで一日店員として労働力提供するのがメインか!
なんか、今回の本筋と全く関係ねえw

お母さんってすごい、という回でしたが、ここまで来ると、そんなお母さんはいねえ!って突っ込みたくなります。


第二十話へ 第二十二話へ

極上!!めちゃモテ委員長SC 第17話「夏の恋はスムージーでスムーズですわっ」

2~2.5次元空間探訪日記
春井さん出た。
ちょっと前、みんなで海に行った回に出て無くて、話題にも一言も出てこなかったから委員長達にハブられたのかと思ってましたよ。女子高生の人間関係こえ~!って。

なかなか会えない友哉くん。
「香穂ちゃんのこと大事な友だちだって思ってるよ」
春井さんのことを大事な友だちと。
「香穂ちゃんは誰かを探して楽しく遊んでね」
だって。

友哉君って、前にスポット当たった回でも思いましたけど、天然でやってるの?これ。
メールでこんなこと言われたら春井さんじゃなくても不安になるだろw

どうでもいいけど、メールの文、春井さんが見てるドラマとシンクロしすぎw

「魔子ちゃまの恋愛学の法則ではあ、付き合いの長さは二人のいる距離の二乗に反比例するんだから」
魔子ちゃまカコイイwなんか頭良さそうだw

「魔子さん、そんな法則、世界中のあらゆる恋愛の教科書をひっくり返したって載ってませんわ」
委員長、世界中と来たか。

委員長、本心を聞き出すために友哉くんのもとへ。
「部活が忙しくて、余裕が無いって言うのは本当なんだ。
 それで、香穂ちゃんにはつまらない夏休みにならないように、ハッピーサマーバケーションって」
「まるで、もう会いたくないように感じられますわ」

「友哉さんも、もう少し気持ちが伝わる言葉を選んでいただけると良いのですが」
やっぱり委員長もそう思いますか。

春井さん、夏バテ気味の友哉くんを励ますため手作りお弁当を作る作戦。
しかし・・・
友哉くん、夏バテで食欲が無いと。
友哉くん、そこは食べなきゃだめだろ!!

「ウフフ、お弁当なんかよりもっといいものがあるのに」
魔子、また出た。男からひっきりなしに電話がかかってくる割に暇人だよなあ、この人w
いいものとは、衣舞さまオリジナルの美容カクテル、グリーンディスティニーだそうです。
ケールが入ってるのか。青汁ですね。
って言うか魔子、親切に秘密を教えてくれるなんて普通にいい人だ。

委員長&春井さん、あまりの不味さに悶絶。青汁だからなあw

委員長、美味しいレシピを研究。
「でも、実は未海ちゃん、料理は得意じゃないっチュ」
あ、そうでしたっけ?そう言えば昔青君が委員長の弁当食べて悶絶してましたっけ。
と言うか春井さんって佐野さんと一緒に料理部だか家庭科部だかをやってませんでしたっけ?
春井さんが自分でやればいいじゃん!何故料理が苦手な委員長を頼る!

めちゃモテ!ミラクルチェンジ大作戦!夏バテなんか吹き飛ばせ!カラフルスムージーで気持ちをスムーズに伝えるミッション、スタートですわ!

ケールのスムージーでも作るのか?と思ったら普通に果物やヨーグルトなのか。
「なにより、栄養は大切ですが、夏バテの人には栄養と共に美味しく飲める工夫が先決ですわ」
衣舞さま全否定w

スムージーを飲んだ友哉くん、すごく気に入ったみたいです。
「あんなメール送って、誤解させちゃって、本当にごめんね」
なんか上手く言ったみたいです。
「スムージーで気持ちもスムーズに伝わったんですわ」
今回はかなりこじつけ気味のオチでしたw

第十六話へ 第十八話へ

【ラブプラス+】ついにベイブリッジで花火見たぞ~!

【ラブプラス+】ベイブリッジで花火!!・・・に行きそびれたようだ
そして
【ラブプラス+】ベイブリッジで花火!!・・・にまた行きそびれた
に書いてきましたが、愛花から花火のお誘いがあったにも関わらず2回に渡って行きそびれ、そして次の週は愛花からお誘いのメールが来ず。
このまま、・・・このまま私と愛花の夏は終わってしまうのか!?
と諦めかけていましたが、ついに!!ベイブリッジで花火を見ることに成功しました!

金曜日の夕方頃DSを開くと愛花から花火のお誘いメールが。
会社でラブプラス+開くのは嫌なんですが背に腹は換えられません。

土曜日の一番最後の枠が「イベント」になりました。
分かっているぞ!6時!6時にDSを開けばイベントが発生するに違いないんだ!
今度こそ6時にDSを開くッ!

ということで5時半頃からスタンバイしてイベントの発生を待ちます(笑)
そして6時・・・

2~2.5次元空間探訪日記
イベント発生キターーーーーーーーーーー!!

2~2.5次元空間探訪日記
ベイブリッジで花火!花火!


・・・って、あれ?これだけ?短いw
キスも無しか。

いや、しかしイベント回収できて良かったです。
8月ももうすぐ終わっちゃいますからね。イベント見損ねてたら一年間泣きながら過ごすところでしたよ。
あぶない、あぶない。

【ラブプラス+】ベイブリッジで花火!!・・・にまた行きそびれた 【ラブプラス+】久々に夢

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ