プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【CS】ジュエルペットてぃんくる☆ 第13話「レオンの秘密にドッキ☆ドキ!」

ディアンって喋らないのか。
気がつかなかった。

ブラボーの木、クルクーラの花、トゲラン。ジュエルランドには変な植物がいっぱい。
「これはココの実。中に美味しいジュースが入ってるんだ」
それは普通にココナッツでは。

レオンが首からかけてるロケットが気になるミリア。
ロケットの中は、昔飼ってた犬のロジャー。
ロジャーは雪山で迷ったレオンを守るために・・・死んじゃったのかな?

レオン、トゲランに刺されそうになったラブラをかばう。
レオンの腕が石化。
「トゲランに刺された者は、刺されたところから石になっていくんだ」
ジュエルランドこええ!

「これを治せるのはドラゴンの泉だけ」
「泉のドラゴンに会って、生きて帰ってきた者はいないって言われてるのよ!」
やっぱりジュエルランドこええ!
なんという危険な世界だ。

トゲラン、さっさと駆除するか生息域を立ち入り禁止にしろ!
と言うかそんな危険なところにピクニックに行くなよ!

ディアン、一人ドラゴンの泉に向かう。
一同もディアンを追いかけてドラゴンの元へ。

ドラゴンとのバトル。
なんか泡はいてますね。泡でジュエルペットを封印。
魔法が使えず絶体絶命。
「ディアーーーーン!こおーーーーーーーーい!!」
ディアン、レオンの掛け声でドラゴンの封印を破る。
とりあえず気合だけでなんとかなっちゃう少年誌的展開。

レオンがジュエルペット達を助け、あかり&沙羅&ミリアでドラゴンの攻撃を押し返す。

ドラゴン、レオン達に試練を与えていたようです。
実はパーライト先生の幼なじみ。
ハーライト先生何者だよ!
実は人間じゃないの?ジャムおじさんが妖精とか、それ系?

第十二話へ 第十四、十五話へ
スポンサーサイト

夢色パティシエールSPプロ 第9話「ステップ・アップ」

いちごに言い寄るリックにジョニー&樫野の掌底が決まる。
リックが出てきていちご周りは更にややこしいことになってるなw

自分を取り合ってる男どもは気にもとめず天王寺さんのケーキを食べるいちご。
そりゃ、れもんも呆れるわ。
「あれ?この味・・・」
ハニー様も天王寺さんのケーキを味見してなんか変な顔してたし、天王寺さん、相変わらず精神面の弱さがケーキの味に出てる?

「私は、先生を追いかけるのではなく、一緒に歩んでいきたいのです・・・」
アンリ先生はロリコンだからなあ。天王寺さんはアンリ先生的には旬を過ぎちゃってるから厳しいでしょうねえ。

「アンリ先生だけは渡せない!」
「麻里、あなたの心の乱れはスイーツの味にも影響するのよ。スイーツに怒りや不安をぶつけては駄目」
ハニー様にも窘められる。

天王寺さんのお店をいつも覗いてた女の子。リンダさんだそうです。
天王寺さん、ついに声をかける。
ダンサーの卵で、オーディションに落ちて落ち込んでるところで天王寺さんの店の色とりどりのスイーツを見て元気づけられたみたいです。
でも、店に入りづらくていつも覗いていたと。

天王寺さん、簡単なものをリンダに振舞う。
「正直言うと、麻里って怖い人かと思ってたの」
「そんな風に見えていたなんて・・・」

いちご、ネットでクーポンを売ることを提案。
仕入れの量を予測しやすくなり、良質なスイーツを安く売ることができると。
更にセルフサービスにしてチップがいらないシステムにする。
天王寺さんのケーキの味も戻っていい感じになってきた?

と思ったらお嬢w
ニューヨークに店を出す気か。
天王寺さんに止めを刺しに行く?
ちょっと遅かったな。天王寺さんもう復活してるぞ。
しかしドレス姿のお嬢、なかなかいいな。

どうもお嬢の店に集まった客が更に天王寺さんの店に流れているようです。
援護射撃してどうするw
リンダも踊りだして、なんかイケイケムード?

しかし・・・
「甘い。結果を出してもいないのに楽観的過ぎます。天野さん達を送り込んでも意味は無かった。
というより、麻里にニューヨークのショップを任せたこと自体が間違いだったのかも知れません。
これ以上時間を与えても結果は出そうにありませんね」
アンリ先生、どこまで鬼畜なんだw
天王寺さんが邪魔で縁を切ろうとしてるとしか思えん。

ラストは・・・花房が助っ人に登場か。
安堂の時と類似してるなあ。相変わらずシナリオのパターンが恐ろしく少ないアニメだ・・・。

第八話へ 第十、十一話へ

リルぷりっ 第35話「魔法カードでOh!たいへん☆ぷりっ!」

ひまわり娘大使?
「あなたの町にも、いつかお訊ねするかも知れません」
ってお前は花の子ルンルンか!

ビビは最高の輝きのカードを探すためおとぎの国のご主人様のもとへ。
最高にキラキラしてるカードを発見。
人間界に着くと、カードはリボンに変形して飛んでいってしまう。
これが人間にとり憑くと、その人間はウソをついてしまうようです。
伝説のウソぴょんカードってなんだそのネーミングw
と言うかウソぴょんカードのCV、片岡あづさか!

とうとうりんごがとり憑かれ
「あっ!トビウオマンが飛んできた!」
さらにレイラにとり憑き、
「あたし、一度も転んだことないよ」
それ、ウソって言うより自虐ネタwww

さらにリョク。
「あっ!Wishだ!」
ってそれ早乙女www

「すごく間違ってるよ。リョクくん」
レイラの目がこええwwwwwwwww

「だから、私、ウソは嫌いって言ってるでしょ!」
名月目が赤く光ってるw

しかしついに名月も取り憑かれ・・・
「そうよ。だって早乙女ってWishにそっくりだもの」

ウソつき名月、笑顔が眩しい。

「早乙女~!ああ~ん、早乙女~~~~」
早乙女が沸騰w
早乙女がいきなりWishの格好になったwwww腹wwwwwwww

ひまわり娘大使の番組スタッフのお姉さん登場。
「私、冬のひまわりが咲いてるの桜公園で見ました」
名月、とんでもないウソを。
撮影隊が呼ばれちゃう。って事実確認してから呼べよ、お姉さんw

「ひまわりの咲く場所をどこか探さなきゃ本当にウソつきになっちゃう」
焦る名月。しかし、口は勝手にウソをつき続ける。

「もしかして、何か理由があるの?」
「あるわけないでしょ?」
「でも名月ちゃん、苦しそうだよ」
「ぜんっぜん。楽しい。
 だからもうほっといてよ!りんごになんか助けて欲しくない!」
名月の目に涙が。

「名月ちゃんのバカ!」
りんご、走り去るも、すぐにもどってきて
「名月ちゃん、セイちゃんはカナリヤだよね」
「そうよ」
「ダイちゃんは?」
「リスよ」
「じゃあリョク殿は?」
「ブロッコリーに決まってるでしょ!」

りんご達、名月がウソを言わされていることに気づく。
りんご、いい加減なようで意外に頭が切れる・・・こともある?
更にりんご、現れたビビを捉える。素早い。
今日のりんごは覚醒モード。

ウソぴょんカードのせいと分かったものの、ウソぴょんカード、ウソの嫌いな名月を余程気に入ったらしく、髪から取れない。
「そうだ。髪ごとバッサリ切っちゃえばいいのよ」
名月~~~~~!!
「あたし、前からショートヘアにしてみたかったの」
当然これもウソ。
しかし、これ以上みんなにウソをつくのが嫌な名月、バッサリ髪を切ろうとする。
名月かっこええ。

虫取り少年の格好をしたWishの助けで、すんでのところで髪は救われる。
なんだこのシュールな絵はw

「ごめんなさい!私、ひまわりが咲いてたの見たなんてウソをつきました。本当にごめんなさい!」
「まあ、確かめなかった私も悪いんだし、分かった。気にしないで」
他のスタッフに責められるお姉さん。まあこれは確かにちゃんと確かめなかったお姉さんの落ち度だし、仕方ないよなあ。

ここでひめチェン。
ひまわりコスでなんとなく場を取り繕おうとすると、ウソぴょんカード、リルぷりっの歌に反応してひまわりを咲かせまくる。
ウソを強引に本当にする力があるのか?

それにしても、今回はりんごと名月、頑張った。


第三十四話へ 第三十六、三十七話へ

ドリームクラブゼロがなんか妙なことになってるようだが・・・

「ドリームクラブ ゼロ」発売延期の真相か、シナリオ制作費未払いの件についてTeam N.G.Xにインタビュー

ドリームクラブにそんな大層なシナリオなんてないじゃん。そんなんで揉めるなよ・・・。

うかうかしてるとドリームクラブゼロが出ちゃうってことで無印ドリームクラブの攻略を急いでましたが、どうやらゆっくりやっても大丈夫そうだw
と言うかちゃんと発売するんだろうな、これ。

ついにシェーバー(ブラウン760cc)の洗浄液の警告ランプがついちゃった

2~2.5次元空間探訪日記
lowのオレンジのランプが。

ブラウン760cc買ったよ~っていうブログを書いたのが9/19だったから、二ヶ月ちょっとで洗浄液がlowまで行ったことになります。emptyまで何日粘れるのかは分かりませんが、概ね二ヶ月~二ヶ月半程度で交換ってとこですかね。

ちなみに洗浄は週二回ペースでやってました。

洗浄液のカートリッジは3個入りで2000円くらい。
洗浄液が高いという噂だったのでランニングコストが心配でしたけど、まあ二ヶ月以上持ってくれるならそれほどでもないかな、という感じです。

【Xbox360】ソニックフリーライダーズも買ったよ!【Kinect】

Kinect Sportsのやりすぎで筋肉痛な訳ですが。
ソニックフリーライダーズも買ってたので、今日は筋肉痛を押してプレイしていきます。

2~2.5次元空間探訪日記
スタート直後。既にCOMの方々はほとんどはるか前方。
あの・・・なんでみなさんそんなにスタートダッシュが早いの?

2~2.5次元空間探訪日記
コーナリング。
最初は曲がり方のコツが良く分からなくて苦労しました。
特に左に曲がるとき。ちゃんとまっすぐ背中側に反らないと上手く曲がれないみたいです。
サボるとだめ。なかなかキツイ。

まあ、今でも上手く曲がれないんですけどね・・・。

2~2.5次元空間探訪日記
ジャンプ。
ジャンプ前にしゃがんでパワーを貯めて、ジャンプ台まで来たら実際にジャンプします。
で、ジャンプ中に一回転したりするとエアの点数が高いとか。
ジャンプ中に一回転とか、結構大変なんですけど。というか着地後にふらついて地味に危ないw

2~2.5次元空間探訪日記
水中に来たら、ひたすら腕をぐるぐる振り回して泳ぐ。

2~2.5次元空間探訪日記
グラインド。最初、これの意味がぜんぜん分かりませんでした。
コース上にレールみたいなのがあって、その上に乗るとレールの上を滑っていきます。
何が嬉しいのかはよく分かりませんが。

グラインドを3回決めろとかいうステージがあったりするんですけど、チュートリアルで全然説明が無かったのでグラインドってなんだよ!意味分かんないよ!と何度も失敗。
他のスキルもそうなんですけど、スキルの説明がチュートリアルに全然無いくせにステージのクリア条件になってるんですよね。
不親切極まりないです。

なんども失敗した挙句、仕方なく説明書を読む羽目に。
チュートリアルがあるのに説明書読ませんじゃNEEEEEEEEE!!

とっつきやすかったKinect Sportsと違って、これは結構練習してある程度思い通りに動けるようにならないと面白さが分かってこないかも知れませんね。
もう少しがんばらないと駄目だな~。

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第4話「ゴドメス軍団の追撃 人間狩り」

2~2.5次元空間探訪日記
亜空間に退避してゴドメスからの攻撃を逃れたコセイドン号。
しかし、ゴドメスのエントロピービームは時間軸をも貫き、亜空間は閉じられてコセイドン号はもといた白亜紀に戻ってしまいました。
不時着したのは、タダさんという人の研究所の目と鼻の先。
タダさん、トキ・ゴウが学生の頃のサッカー部の先輩だそうです。
タダさんにしごかれた学生時代の回想。
「悔しかったら立て。楽をするってことはな、自分に負けるってことだ。自分にも勝てん奴が、どうやってゴールを守り切ることができる!」
ああ、その回想は死亡フラグ・・・。

2~2.5次元空間探訪日記
そんなコセイドン号を血眼で探すゴドメス。
「タキオン攻撃をかわして消えたほどの相手。秘帖の謎を解かれてはこと面倒になる。見つけ次第殺せ~!殺せ~!殺せ~!」

一方そのころ、コセイドン隊は・・・
2~2.5次元空間探訪日記
コスモ秘帖を炙ってました。
大事なコスモ秘帖を炙るなwwwwwww

2~2.5次元空間探訪日記
タダさんの研究室を訪れるテツ。
「すいません。研究所の設備をお借りしたいんです。こいつの謎を解くために」
大事なコスモ秘帖をホイホイ持ち歩くなwwwwww
手に持って見せるなwwwwwwwww

2~2.5次元空間探訪日記
色々分析しても謎は解けず。
しまいにはレーザーガンでコスモ秘帖を撃ち始めます。
もはや研究所の設備とか関係ねえ!
しかし、レーザーで撃ったらなんか意味ありげな文様が壁に浮かび上がりました。

そこへゴドメス戦闘機隊の襲撃。
トキ・ゴウとヒムガシ・テツはタダさんの研究所にいるため戦えない。

2~2.5次元空間探訪日記
と言うことで、今回はコセイドン号自ら戦います。
コセイドンビーム!

2~2.5次元空間探訪日記
そして体当たり。
コセイドン号アグレッシブすぎるだろw

空からの攻撃を排除し、トキ・ゴウ達は残党の掃討に向かいます。
タダさん、ゴドメスを見てみたいとトキ・ゴウ達についていく。

ゴドメスの残党は以外に手強く、トキ・ゴウもヒムガシ・テツもガンを失ってしまいました。
タダさん、囮になり・・・
2~2.5次元空間探訪日記
死亡フラグ回収。
まさに教科書に載せたいような鮮やかな死亡フラグでした。

その間にガンを回収したトキ・ゴウ&テツ、ゴドメス残党をボコボコに。
今回もコセイダーの登場は無し。


ゴドメスを排除したコセイドン隊でしたが、いきなりプテラノドンに襲われ、コスモ秘帖を落としてしまいます。
コロコロ転がったコスモ秘帖は・・・
2~2.5次元空間探訪日記
プテラノドンに持ってかれちゃいました。
あちゃ~。言わんこっちゃ無い。
大事なものはそれなりの扱いをしないとこういうことになるんですって!

第三話へ 第五話へ

【Xbox360】KINECT SPORTSおもすれ~!・・・けど疲れるw

2~2.5次元空間探訪日記
買っちゃいました。KINECT。

2~2.5次元空間探訪日記
取り敢えず、センタースピーカーの上に設置。
マイクロソフトにしては垢抜けたデザイン。
ターゲットに合わせて勝手にグイングイン上下に動いたりしてなんか超カッコイイ。

コタツを片付けてなんとか場所を確保。
6畳間ですけど、かなり後ろに下がらないと駄目みたいでなかなかキツイ。
でも、ギリギリスペースを確保できてます。
二人プレイはちょっと無理そうですけどね。
まあ、Xbox360で一緒に遊んでくれる友だちなんていないから大丈夫。

ということでKINECT SPORTS。
なかなか面白いですよ、これ。
KINECTを買うとKINECTアドベンチャーっていうゲームが最初から付いてくるんですけど、私はKINECTアドベンチャーよりKINECT SPORTSの方が大分面白く感じました。

2~2.5次元空間探訪日記
サッカー。
これは、まあイマイチかな。
パスカットとパスとシュートとゴールキーパーしか無くて、なんかサッカーって感じじゃないです。

2~2.5次元空間探訪日記
ボーリング。
これは面白い。KINECT SPORTSの中で一番気に入ったかも。
リアルにボーリングやってる気分になります。
体力もそれほど消耗しないので長く続けられるし。

2~2.5次元空間探訪日記
陸上競技。これはいっぱいあって大変ですよ~。
短距離、槍投げ、走り幅跳び、円盤投げ、ハードルをやって、その合計点を競います。
円盤投げ以外は走る動作が入るんですけど、これがドタドタしてやたら近所迷惑。
面白いんですけど、ちょっとやるのを躊躇しちゃいます。
これは短距離。ひたすらドタドタ走る。

2~2.5次元空間探訪日記
槍投げ。ドタドタ走って、槍を思い切り投げる。

2~2.5次元空間探訪日記
走り幅跳び。ドタドタ走って、その場でジャンプ。

2~2.5次元空間探訪日記
円盤投げ。これだけ走る動作がありません。円盤を思い切り投げます。
この時点でハアハア言ってるはずですが、ここで息を整えましょう。

2~2.5次元空間探訪日記
ハードル。ドタドタ走って、ハードルが近づいたらジャンプ。死ぬ。

2~2.5次元空間探訪日記
ボクシング。
面白いんですけど、まだイマイチコツが掴めません。
上下のガードで敵のパンチを防いで、ひたすらパンチパンチ。
ガードしたあとだとダメージが上がるらしい。肩を後ろに引いてからパンチを打つと強力なパンチを打てるようです。
プロフェッショナルに勝てん・・・。

2~2.5次元空間探訪日記
ビーチバレー。
メチャクチャ疲れますwww
このボールのマークが出たらそこに素早く手を出してレシーブ。
ジャンプの表示が出たらジャンプしてアタック。
このジャンプがとにかく過酷。
試合が決まるまで延々ジャンプしてアタックを繰り返すことになりますw

2~2.5次元空間探訪日記
卓球。
フォアハンドとバックハンドを打ち分けて、なんかうやむやのうちに勝つ。
まだイマイチコツが分かってません。


サッカー以外はどれも面白いですよ。
無茶苦茶体力使うけどw
こんなに体動かすの何年ぶりだろ。
全身使うから、本当に運動になります。

って言うかお腹すいた・・・。

【CS】ジュエルペットてぃんくる☆ 第12話「夢とマンガでドッキ☆ドキ!」

将来の夢。
「そうね。ミュージカルスターになれたらいいな。小さい時見に行って憧れたんだ~」
それとも、やっぱり漫画家?素敵な恋のストーリーを描いちゃうの」

そこへお姉ちゃんが。中等部でマンガコンテストを開くことになったそうです。
「あかりも描いて応募してみたら?初等部の子も参加OKなの。あかりはね、色んなものに憧れてどれも中途半端になっちゃうとこあるでしょ?もう6年生だもん。何かひとつのことを最後までやってみるのもいいと思うよ?」
いいお姉ちゃんじゃないですか~!!

躊躇してるあかりに・・・
「こんなに上手じゃな~い」
ルビー、あかりのらくがきノートを開く。

うわ。これはキツイw
自分の黒歴史を晒されるとか痛すぎる。想像しただけで耐えられんwww

クイーンオブポップになるために毎日2時間の歌のレッスンとダンスのレッスンをしているミリア。
「だってママも言ってたわ。努力をしなきゃいつまで経っても夢はホントにならないって」
沙羅の方も博士論文に挑戦してるそうです。すごすぎ。
あかりも努力しなきゃね~。

校長先生乱入。魔法通販で漫画家セットを取り寄せたらしい。
校長先生の目が少女漫画www
校長先生のマンガは・・・ぶっちゃけ面白そうなんだがw

漫画のプロットを考え出すあかり。
素敵な恋の物語。
三角関係の収拾がつかず、ひたすら悩み続ける。

「わ、わたし、絶対明日までに描きあげるよ。この漫画だけは最後までやるって決めたんだもん」
そこに校長先生の魔法通販グッズのペン登場。
あかり、持ってきてたのか・・・。

ペンの魔法であかりの漫画の世界へ。
ヒロインのエリーナはあかり。
ヒーローのユーリは祐馬。
「君の気持ちを聞かせてくれ。お願いだ」
「わ、分からないよ、そんなの。だってわたし、恋とか愛とかホントはよく分からないの。祐馬君と話すとドキドキするけど、それって恋なのかどうか、またちょっと違う気がするし、だから、どうしたらいいかホントは・・・ホントは恋のお話なんてどんな風に描いたらいいのか分からないの」

あかりの言葉とともに漫画の世界が消えていく。

「もういいよ。これは応募しない。
わかったの。素敵な恋のストーリー、私にはまだ最後まで描けないの」
ありゃ、結局やめちゃうのか。

ルビー&ラブラ、自分達も漫画を描いて、あかりを励ます。
「ちょっとくらい駄目だからって、私、諦めないよ。これからも漫画頑張る。だって二人がこんなに・・・。
・・・そうだ。そうだ!
思いついたの!今度こそ!」
ノートに向かい始めるあかり。

ルビーをモデルにした漫画。
前の漫画と比べると随分絵のグレードが落ちているような。ヘタウマ?
あかりの漫画はクラスメイトにオオウケし、学級新聞に載ることに。

「ねえルビー、まだ良く分からないけど、大人になったら、私、漫画家になれたらいいな」
うむ。レアレアの女の子がジュエルランドに行って魔法の勉強をする話とか描けば土曜朝にアニメ化なんてしちゃうかも知れませんよ?

第十一話へ 第十三話へ

夢色パティシエールSPプロ 第8話「ロンリー・ハート」

天王寺さん回。
序盤からなんか欝回っぽい雰囲気が漂ってるが。

天王寺さんはニューヨークショップを任されているそうです。
「ニューヨークへ行きたいか~!」
「お~!」
って、いちご達、本当にニューヨークにいるしw
展開はやっ!
そしてやはりルミさんはハブられている。

天王寺さんの店「パティスリー ラ・リベルテ」を視察。リックもいるのかw

お手伝いを申し出るいちご達。しかし、天王寺さんの反応が微妙。

いちご&樫野、ニューヨークでスイーツめぐり。
アメリカって美味いスイーツなんかあるのかな。やたら砂糖ばっかり使ってて食欲を減退させるような派手な色をした菓子しかないイメージが。

いきなりお嬢出現。
ビルのスクリーンにいきなりお嬢。さらに車で樫野の前に乗り付ける。
って樫野センサー感度良すぎだろw
樫野、ヘリでお嬢に拉致されたwww
いやもう樫野、お嬢とくっついていいよ。
ジョニーといちごがくっつくのは嫌だけど。いちごは花房でいいじゃん。スイーツ王子から一人選ぶならこいつだろ。
もしくはれもん。百合好きの人たちが喜ぶぞ。

天王寺さんの店。
客は、普通のコーヒーは無いのかと怒ってます。
コーヒーが濃すぎるんだそうです。
アメリカ人がアメリカンコーヒーばっかり飲んてるっていうステレオタイプは失礼じゃないですかね。
80年代にスターバックスがまともなコーヒーを普及させてからはアメリカ人もコーヒーの味にうるさくなっているって話ですが。
で、その影響でマックなんかのコーヒーも美味しくなっちゃって、スターバックスが苦境に陥ってるとかなんとか。
アメリカで白熱化する、プレミアム・コーヒー戦争とスタバいじめ

「申し訳ございません。うちではフランスのスイーツをお出ししているので、コーヒーをそれに合う味にしております。
お気に召さなければお代はいただきませんので」
アメリカでフランスのスタイルにこだわり続けて苦境に陥っているようです。
コーヒーはともかく、アメリカ人の味覚が崩壊してるのは確かだからなあ。奴らの好むものは極端に甘いか、極端に辛いか、極端にしょっぱいか。微妙な味を判別することなんてできないんですよ!

「マリには最後通告をしました。今月中に売上を伸ばすことができないのなら、ニューヨークのショップは別の人に任せるしかありません」
アンリ先生、相変わらず鬼畜w

お嬢、天王寺さんの苦境を知り、喜び勇んでラ・リベルテへ。
いい性格してるw

といったところで次回へ。

第七話へ 第九話へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ