プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第43話「燃えろ 人間大砲コセイダー」

「ドクターシラキ、どうだ、私の計画に協力しないか?」
謎の人物に拉致されたドクターシラキ。
「お父さーん、お父さーん」
協力を拒むドクターシラキの頭に、娘の声がこだまする。

2~2.5次元空間探訪日記
ドクターシラキを拉致したのはドクターダークさん。
「白亜紀にダーク帝国を建設するのだ。よーく飼いならされた何千頭、何万頭の恐竜を使って」
ダーク帝国wwwww
いいわ~。野望がシンプルで。

「帰れ。帰してやる。あのドアは亜空間に通じている」
帰しちゃうの?

2~2.5次元空間探訪日記
ドア通ったらこんな姿になっちゃいました。
こえ~!!
っていうかこの話、小さい頃見たの覚えてますよ。めっちゃトラウマだった・・・。

「サオリ~~~レイ~~~」
つぶやきながらさ迷う元ドクターシラキ。

2~2.5次元空間探訪日記
元ドクターシラキ、妻と娘に迫る。

「サオリ~~サオリ~~」
恐怖におののいて逃げる妻と娘を泣きながら追いかける。
これは切ない。

2~2.5次元空間探訪日記
コセイダー登場。
戦闘の末元ドクターシラキに止めをさそうとすると恐竜が割って入る。
ドクターシラキ、恐竜のお医者さんだったから恐竜に人望があるんですね。

「やめろ~!やめるんだ~!」
元ドクターシラキ、必死に恐竜に叫ぶ。

そこに、ファイタス2号にあっさり撃墜されて脱出してたドクターダーク登場。
ダーク帝国をつくろうという人間がそんなあっさり撃墜されるなよ~!

「どうだ。この剣を受けるたびにお前の体を数千ボルトの電流が突っ走るのだ」
ドクターダーク、意外と強い。

2~2.5次元空間探訪日記

コセイダーを無数の針で木に縫いつけ、トドメを刺しに行くも、直前でコセイダーに身をかわされ、ドクターダークの方が針に突っ込んで串刺しになっちゃいました。
最近、自滅系の敵が多いなあ。

ドクターシラキの正体に気づいたコセイダー。
「コセイダーの剣は、この時、人を生かす活人剣となって燦然と光り輝いた」
って、えええええええええ!?
コセイダーに切られたドクターシラキ、元の姿に戻っちゃいました。
活人剣と来たか・・・。
今までは物理法則を無視するくらいだったコセイダーですが、ここに来てなんか神様的能力に目覚めちゃったみたいです。

第四十二話へ 第四十四話へ
スポンサーサイト

花咲くいろは 第二十二話「決意の片思い」

授業中にお母さんから電話。
「悪い悪い。なんかさあ、あんたっていっつも働いてるのかな~って。そっかそっか。女子高生だったね~」
なんつー母親だw

「でもまあ、あの人が死んで15年か」
って、緒花のお父さん、死んじゃってたの?離婚とかじゃなかったんだ。

ウェディングドレス完成。
「結名さん試着してみてよ」
「え~?やだ~。ドレス着ると婚期遅れるって言うし~」
そのネタ、アイマスでもやってたな。

そして・・・なこち!!
なこちのウェディングドレスがああああああああ!!
なこちダイナマイトボディすぎるwwww

「だったら鶴来さんに着てもらおうよ。そこは、その、崇子さんより無いかも知れないけど、でも、無い分には試着できるじゃない?別に無い分にはなんとでもなるんだしさ。ね」
結名ひでえwwwwww

「そんなヒラヒラしたの、絶対御免」
民子、菜子が差し出したドレスを払いのけ、ドレスは地面に。
これは酷すぎる。
民子も色々と駄目だなあ。

「一生懸命って言うなら、徹さんだってそうでしょ!あんなに一生懸命な徹さんの気持ちを、あんたは踏みにじった!」
うーむ、なんでそこで徹が出てくるのか分からない。
「私は、私は決めた!孝ちゃんに、片思いするって!」
うーむ、なんでこの人片思いとか言っちゃってるの?孝ちゃんの気持ち、本当に分からないの?

しかしこの二人の言い合いは話が咬み合わないなあ。二人の中では噛み合ってるようでもあるけど。
電波対電波。この言い合い見てると頭おかしくなりそうだ。

取っ組み合い。緒花、鼻血出たw久々の鼻血のような気がする。

徹さん、徹さん言ってたら本人登場。
うわ~。
自分が徹じゃなくて良かったw

「アホか、お前は。俺は・・・そりゃ、確かに、緒花のこと気になっちゃいるよ。好き・・・なのかも知れない。でも、どうしたいとかそういうんじゃねえ。ただ、あいつを見てるとただ、ワクワクする。何を次にやらかしてくれるんだろうって。でもってお前は、ハラハラするよ。見てて」
緒花が好きってこと、否定しないところが好感度高いなあ。
で、民子の頭をなでなで。
女の子の頭をなでなでするなんてそうそうできないぞ~。自分だったら絶対セクハラで訴えられる。
まさに※ただしイケメンに限る

徹、不器用なりにちゃんと対処したなあ。この修羅場に。大したもんだ。
民子と緒花も、どうやら関係修復したようで。


若旦那と崇子の結婚式。
「ちょっとお願いがあるんだけど、ブーケトスはもちろん・・・」
巴さん、根回しするなw

ブーケトス。
「しゃあああ!バッチコーイ!!」
巴さん、気合入れすぎwwwwwwww
ってなんで豆爺がキャッチするんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

緒花母からの祝電。
「雨降って地固まると申しますが今日の天気がどうかは知りません。まあとにかく堅いのはいいことよ。縁。男はね」
結婚式で下ネタやめろwwwwww

余興。寸劇?
縁役が次郎丸で、崇子役は・・・
豆爺かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
愛のベーゼwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もうやだこのアニメwwwwwwwwwwwww

OP歌ってる人が結婚式に呼ばれてるという設定?余興の歌からシームレスにEDへ。
なかなかニクイ演出ですね。

ED後キタ。
豆爺、喜翆荘やめるのか・・・。
「喜翆荘は今度のぼんぼり祭りで、この日誌とともに閉じようと思ってる」
あああああああ!!
やっぱりそう来たか!

第二十一話へ 第二十三話へ

ジュエルペットサンシャイン 第33、34話

■トリプルアクセルでイェイッ!
「やっと見つけた。輝ける原石を」
って、なんか昔の少女漫画のコーチ的なやつ出たw

ムナータ・ネッケツイッター?
なにそのふざけた名前w
外人なのか。・・・って、ジュエルランドからしたら人間は全部外人では・・・。

ペリドット、フィギュアスケートやるの?
確かに運動神経はいいけど、プリズムジャンプは心の飛躍、運動能力は関係ないからなあ。
ガーネットの方が服の声が聞こえそうですが。
・・・って、それはフィギュアスケートじゃなくてプリズムショーですね。

いきなり世界大会の予選会w
渡された練習メニュー。
バラの花を10分見つめる、歌を歌いながら縄跳び・・・なにこれw
あと、右折禁止で生活したり、中華料理屋でバイトすると素人がいきなりダンスできるようになるくらいスケート技術が向上しますよ。プリティーリズムによると。

どんびき屋がひいきにしてるミルキー。見事な演技。ペリドット、ショック。
ミルキー、てぃんくるでは番組後のコーナーでいつも出番あったけど、サンシャインでは活躍するの初めて?
ところで、ミルキー、どうしていつも頭に雑巾乗せてるの?

ペリドットの涙。いつもポジティブで能天気なペリドットが、珍しい。
ジュエリーナ様登場。柄にも無くまともなアドバイスしてる・・・。どうしちゃったの?ジュエリーナ様の着ぐるみを着た別人なの?

「ペリドット、私、ペリドットのおかげで逆上がりができるようになったわ。頑張ればなんだってできるってペリドットが教えてくれたんだよ!」
赤くなってるひなた可愛い。ひなたマジヒロイン。

大会当日。どんびき屋、ペリドットの衣装をズタズタに。
「衣装が踊るわけじゃないです。ペリドット、ユーが踊るんです!」
プリティーリズムと逆ですねw

どうでもいいけど、世界大会の予選の司会と解説をなんで真砂と御影がやってるんだよ!どういう世界大会だよ!!

トイレに閉じ込められたペリドット。
現れないペリドットの変わりに謎の人物がペリドットに変装して現れる・・・ってなんだこれwwwwwwwwwwwwww
MMDのキュウベエかよっ!!
ひなた、友達思いなのは分かるが、なんと言うか、もっと自分を大事にした方が・・・。

ミルキーの演技。どんびき屋のキング、いきなり乱入してペアに。いきなりペアに変更っていいのか?って言うかキングスケートうめえw
って、なんで審査員がクラスメイトなんだよwwwwwwしかも八木沼が入ってるwwwwwどういう世界大会なんだよっ!!

ペリドットの演技。こっちもコーチとペアなのかw
コーチをジャイアントスイング。なんだこりゃ。
全員10.0って、いやペリドット思いっきり転んでただろwwww

■宿題ピンチでイェイッ!
夏休みもあと一日。
宿題ちゃんとやってるひなたにたかるペリドット&ルビー&花音。
「ずっと探しつづけた宿題の女神。ああ、今やっとあなたに巡り会えた。私の瞳に映るのはあなただけ。お願い今日だけは私をそっと甘えさせて」
ってなにこのナレーション。そしてこの曲wwwwwwwwww
なんで花束差し出すの?wwwww
これってねるとんネタなの?見てなかったから良く分からないけど。

「ごめんなさい!」
ひなたにごめんなさいされたwww

ひなたの宿題を狙う2匹と1人。
「レッドウツボカモーン。続いてイエローウツボカモーン」
ってスネークじゃなくてウツボかよwwwwww

ひなたキョトン。
「だからネタ的にちょっと古いんじゃない?って言ったのに~!」
ちょっとじゃねえwwwwwwwwwwww
そのネタ、このアニメのターゲット層のご両親でもついていけないからwwww

散々の寒い漫才に、
「もういいわよ。宿題見せてあげる」

「みんなー!ひなたが宿題やってくれるって!」
「やったー!!」
みんな殺到。なんで錦織までいるんだよwwww委員長としてクラスを憂いていたのはなんだったんだよwwwww
って言うか写すのもひなたにやらせる気か!どんだけ厚かましいんだよっ!!

ひなたぶち切れ。
ひなた、やたらキャラ立ってきたなあ。もうひなたが正ヒロインで問題ないんじゃね?

第三十二話へ 第三十五、三十六話へ

プリティーリズム オーロラドリーム第21話「嵐のサマークイーンカップ」

なんかねえ。
以前買ったキャラCDについてた応募券がもったいないので冷やかし気味にCD/DVD発売記念イベントに応募してみたわけですよ。
そしたら当選通知来ちゃいました。
500名ご招待って、プリティーリズムのイベントなんかに応募する人間500名もいるのか?とは思ってたんですけど汗
相当倍率低かったんだろうなあ。って言うか応募した人全員当選したんじゃないの?これ・・・。
こういうイベントって行った事無いんで若干不安ですけど、9月4日、プリティーリズムの声優さん達を応援しに行こうと思ってますよ!

ということで本編。
前回のセレナ&かのんの態度に怒り心頭の3人。
凄い気迫で特訓。
「だって、りずむちゃんとみおん様、なんかすごく仲いいんだもん。おんなじ顔しておんなじこと言ってる」
赤くなるりずむ&みおんが可愛いw
サマークイーンカップの後に来るだろう真の意味でのトリオでの活動への布石か。

「我々が目指すべき道は花園へと続くいばらの道・・・でよろしいんですよね」
純さん、あいら&りずむペアの弱点を敢えて指摘せず負けさせる心づもりか?
でも、この二人の弱点ってなんだろう。
やっぱり、フライハイチアガールのジャンプが高すぎて観客から見えないとかか?w

「許せよ・・・乙女たち!」
乙女たちwwwwwwwwww

激しい言い合いをしてるセレナ&かのん。
「私たちの友情パワーの方が断然上だよね、あいら!」
ああ~、分かってきた。あいら&りずむの弱点。
この二人、衝突しないんだ。りずむはわが道を突っ走るだけだし、あいらはそれに上手く合わせちゃうし。

全く同じ衣装で臨むあいら&りずむペア。
「ツインコーデか。しかし・・・」
「なに?この胸騒ぎは・・・。あいらとりずむは完璧にシンクロしているのに・・・」
うわ~。負けフラグがビンビンだ~。

二人のジャンプ。
「低い!」
今回もフライハイチアガール。
1000mは飛んでるじゃん!これで低いの?みおん様は一体どんだけ飛ぶんだよ!
って、高さじゃなく滞空時間ならみおん様、一年飛びつづけられるからなあ。

セレナ&かのんデュオの演技。
「しかし、この二人は手ごわいぞ」
「知ってるの?」
「ちょっとね」
ヒビキ、この二人のこと知ってるらしい。かのんってヒビキの妹なんでしたっけ。漫画版だと。

って、おおおおおおおお!!
今回はセレナ&かのん、歌もダンスもあるのかああああああああ!!
どうやら使い捨てキャラではなく、今後も活躍しそうですね。この二人。

「服が・・・歌ってる!」
すごいオーラでてますよ~!

ふたりのプリズムジャンプ。
やべええええええええ!!
プリティーリズムのこと超次元アイススケートとか言ってたら、この二人、本当に超次元サッカー始めやがったwwwwwwwwwwwwwww

「ハットトリックスター!」
そして大爆発wwwwwwwwwwwww
やべえ。全員集合のコントの後のあの曲が脳内再生されるwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これ、完全に狙ってやってるだろwwwwwwwwwwwwww

そしてさらにプリズムジャンプ。
「サザンストーーーーーーム!」
「ノーザンストーーーーーーム!」
「プリズムレインボーハリケーーーーーーン!!」
どこのヒーローアニメの必殺技だよwwwwwwwwwwwwwww

優勝はセレナ&かのんデュオ。
ありゃりゃ~。オーロラライジング3種の神器のひとつ、ピュアホワイトウェディング逃しちゃいましたね。
どうするんだろ。

「隣にいるお互いを見つめあってしまって、前に進む事を忘れてしまった。私たちは、同じ方向を、同じように前を見ながら進まなくちゃいけなかったの。もっと早く気がつかなきゃいけなかったのに。優勝できなかったのはみおんの責任よ」
みおん様、かっこいい。

「一番自分勝手なのはみおんよ!えらそうにあなた達のことを散々振り回して、いっぱい・・・傷つけて・・・」
みおん、ここで泣くのはずるい。好感度あがっちゃうじゃないか!

「簡単に見つかるオアシスは蜃気楼。熱せられた砂を掘り、指先の痛みを耐えて見つけた湧き水だからこそ魂を潤し、止まりかけたキャラバンの背中を押した。やがて君たちは星に導かれ、真のスターとして漆黒の闇に光を放つことを俺は約束する」
純さんも泣くのかwwwwこれもずるい。腹筋崩壊しちゃうじゃないか!wwwwwwwwwwww

第二十話へ 第二十二話へ

アイドルマスター 第8話「しあわせへの回り道」

あずささん回?そう思わせて真回?
いきなりあずささんのウェディングドレスってサービス良すぎ。

結婚願望の強いあずささん。
運命の人を見つけるためにアイドルやってますからね。この人。
アイドルが結婚すると必ず離婚するイメージがあるけど・・・。

自分のウェディングドレスを携帯で撮って友達に送信。
あずささん、携帯なんて使えるんだ。そういう文明の利器は全く使えそうにないイメージなのに。
まあ、ゲームでもあずささん、普通にメール送ってきてたか。

って、「実は来月の28日に結婚することになりました」って、なんてメール送ってるんだよwwwwwwwwwwww

凄い血相で走ってきてあずさにぶつかった本当の花嫁らしき人。
って、黒服の人たちに追いかけられてる。何者!?
間違えてあずさを拉致。
めっちゃ使えないやつらだ。

「もしかして人違いをされているのでは」
あずさに言われてやっと気づいた。
こいつら写真持ってるじゃないかよっ!全然違う顔じゃないかよっ!なんで間違えるんだよっ!!

その場であずささんをリリース。
「紛らわしい格好しないでくださいね!」
って言いがかりもいいところだ。

あずささん、おばあちゃんに道を聞かれて案内。
道案内なんてできるの?w

「ごめんなさい、私、自分が方向音痴だってこと忘れてました」
忘れるなw

今度は迷子の子供たちを確保。迷子が迷子を確保。
肉まん食べさせる。お金は持ってるのか。

見つけた!あずささん!
って真、後ろ姿見て最初にあずさにぶつかった女性に抱きつく。
なんで間違えるの?黒服の人たちといい真といい。
髪の色も髪型も全然違うじゃん。

あずささんは「晴れ色」をバックにウェディングドレス姿で歩きまわっていろんな人と遭遇。
なんか、あずささんらしさが出てていいですね。このシチュエーション。

真は「エージェント夜を往く」をバックに乱闘。
エージェント夜を往くって亜美真美の曲じゃないの?
っていうか撮影用の衣装で暴れるなよ。

タクシーの列と間違えて観覧車に乗っちゃうあずささん。
何がどうなったらそうなるんだよwwwwwwwwww

真は「めいそうMind」をバックに乱闘。
真の乱闘シーン、BGMの使い方がなんかシュールだw

さらにあずささんのシーンで「shiny smile」
今回はアイマス曲の大盤振る舞いだ。

ってあずささんの後を追いかける大集団が。なんで象やキリンがいるんだよwww
なにその、昭和のギャグアニメ的にはベタな展開。

最後は※ただしイケメンに限る的展開で大団円。

EDは・・・「ハニカミ!ファーストバイト」
ってあずさ回なのに「9:02pm」じゃないのかよっ!!
そりゃ、今回の話とは致命的に合わないけど、それはそれで面白いのに。

第七話へ 第九話へ

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第42話「翔べ 人間大砲コセイダー」

2~2.5次元空間探訪日記
夜の公園でいきなり恐竜に襲われるカップル。
なんで恐竜が現代にいるの?


南極の氷の中からニッポノサウルスの子供が発掘されたそうです。
それが犯人?

「まさか生きてるなんてことは無いだろうよ」
「いや、そんなことはわかんないぜ。南極の氷が天然の冷凍カプセルの役割を果たしてる可能性だってあるんだよ」
「なんだか神秘的な話ね」
神秘的って、アルタシヤ、あんたも白亜紀から現代まで氷漬けになって生きてただろwww

2~2.5次元空間探訪日記
ニッポノサウルスの展示を警備してるサイボーグガードマンたち。
警備会社のサイボーグらしいけど、いいのか?それ・・・。従業員をサイボーグ化しちゃうの?
もともとサイボーグになってた人をたくさん雇ってるの?
それにしても、どこかで見たような顔がいっぱいだw

いかにも怪しいと思ったらやっぱりこのサイボーグ達悪人じゃん。
ニッポノサウルスのケージにガスを吹きこむとニッポノサウルス復活。
通りかかる人を襲いまくる。
腕を振り回しながら走る姿が可愛いw

コセイドン隊、麻酔銃でニッポノサウルスを捕獲。
このニッポノサウルス、白亜紀に連れ戻すそうですけど、現代の南極で発見されたんだから白亜紀に連れてくのも変では・・・。


ニッポノサウルスを復活させた一味は隊長の甥っ子を人質に。
コセイドン号のエンジン停止を要求。

「世界一の金持ちにさせてもらう。スーパーウランをいただいてな」
スーパーウランって何?ものすごくパワーアップしたアトムの妹?
白亜紀にいっぱいあるらしいですけど。

まあスーパーウランが欲しいのは分かったけど、なんでニッポノサウルス復活させて暴れさせてたの?
さっさと白亜紀に行けばいいのに。


「白亜紀似向け出発だ」
隊長、甥っ子を諦める決断。
「待ってください。隊長、方法はもうひとつあります。コセイダーです。コセイダーの装備はレーダーに感じられない素材で作られてます」
亜空間をコセイダーが飛んでくの?
それも凄いが、まあ、こいつは以前も亜空間に入り込んで普通に帰ってきてるからなあ。

「超加速ボンバーを作るんです」
超加速ボンバーwかこいいwww


2~2.5次元空間探訪日記
コセイドン号、一度1000万年前に戻り、コセイドン号の加速を加算してファイタスボンバー。
コセイダー、すごい勢いですっ飛んでますよ~。

コセイダー、なんか爆発したけど・・・。

と思ったらサイボーグ一味のところにドンピシャで降ってきた。
あの爆発はなんだったの~?


2~2.5次元空間探訪日記
コセイダーが倒したサイボーグ、倒された拍子に爆弾のスイッチポチっちゃったみたいです。
すたこら逃げ出してた敵の親玉大爆発。ちょうどスーパーウラン採掘のために爆薬をセットしたところを通ってたらしい。
なんというか、間が悪いですね・・・。

どうでもいいけど、前回が「人間大砲コセイダー 発信せよ」、今回が「翔べ 人間大砲コセイダー」、次回は「燃えろ 人間大砲コセイダー」
これからはタイトルに必ず「人間大砲コセイダー」が入るの?
人間大砲、そんなに気に入ったの?

第四十一話へ 第四十三話へ

【のりスタ】リルぷりっ 第21話「くわずぎらいは勇気でやっつけろ!☆ぷりっ」

リョク、名月に怯えてる。何があったの?

「リョク、ここにいたの?良かった~」
名月の天使の笑顔もシチュエーション的になんかホラー。

名月、苦手な野菜は無いというリョクに
「嘘をついたら閻魔様に舌を抜かれるんだよ」
って言ったそうです。
端からリョクの言葉は信用してないのね、名月w

「リョク君、ホントは苦手な食べ物があるんでしょ?」
「リョク殿」
「話してすっきりするです」
みんなからの厳しい尋問。

「本当はピーマンを食べたことが無いんだ。なんかピーマンって苦いっていうし色も緑だし
「リョクさんとおんなじ色ですぅ」
緑の食べ物は駄目なのかw
でもブロッコリーは食べられるの?こっちの方が共食いっぽいけど。

「でも頑張って食わず嫌いに挑戦したらかっこいいよ!」
何~!?レイラがそういうなら食わず嫌いに挑戦しちゃうぞ~!!
でも、食べ物の好き嫌いあんまり無いんですよね。私。
なんて言ったら閻魔様に舌を抜かれちゃう?でも実際、ポリシー的に食べないものはあるけど、食べられないってものはあんまり思いつかないなあ。

ここでひめチェン。
コスチュームは・・・ぷちレンジャー。
って、何故!?
りんごの衣装がなんかピーマンっぽい気もするけどw
っていうかぷちレンジャー、前も着なかったっけ?
確認したら第七話で着てるぞ~!
ただの色違い?とうとうモデリングまで手を抜き出した?
毎回ステージシーンの衣装が変わるのがこのアニメで唯一頑張ってるところだったのにw

第二十話へ 第二十二話へ

花咲くいろは 第二十一話「蘇る、死ね」

冒頭。
女将とでんろく。
なんか深刻そう・・・。喜翆荘になにかあったかな。

若旦那はあのクソコンサルタントとついに結婚。
「結婚式もしなくたっていい。二人で力を合わせ女将さんを助ける。ね、崇子さん」
「そうね。エニシング
エニシングwwwwwwwwwwwwwww
一発ネタじゃなくて、このあともずっとエニシングと呼びつづけるのが酷いw

「そうだね。条件はひとつある。結婚するなら、必ず式をあげること」
女将の条件。ささやかなものですが、お金ないんですね。この人達。
崇子さん、すごい車乗ってたはずだけど、お金ないんだ。
詐欺騒ぎの時に身銭切っちゃったのかな。

「ここで・・・」
「そうだ!喜翆荘でパーッと二人の結婚式をしましょう!」
でんろく、ナイス。でんろくの通訳の緒花もナイス。

徹と民子は買い出し。
「なんかお前、近頃妙だからよ。いいか、俺だって、蓮さんにだって、お前と同じ駆け出しの頃があったんだ。迷うこともあるかもしれない。思うようにいかなくていらつくことも。だがな、修行で得たものは絶対にこっちを裏切らない」
徹、なんかすごいかっこいいこと言ってるけど、的外れにも程があるw

緒花のことを楽しそうに話す徹。的外れな上に更なる追い打ち。

次郎丸、結婚式の余興に寸劇を提案。
「菜子さんにはとっておきの台詞を用意しておいたよ」
台本を手に取る菜子。
「ヒッ!ウッウッウウッ・・・妊娠するう~~~!!
一体菜子に何読ませたんだ・・・。
「ああ~、変なの触っちゃった」
変なのwwwww台本に触るのも駄目なのかw

おかしくなった民子。
緒花に突っかかる。
「あんた徹さんにいつも頼ってばっかりで・・・。恩は返しな!徹さんと付き合って。徹さんと付き合ってあげて!
ああ~、なんでそうなるの?

「そうやって何も知らないフリして、あんたいつもイイトコどりなんだ!」
あ~、オムライスの時民子に突っかかった女の子と同じようなこと言ってる。

どうでもいいけど、お風呂でキャットファイトやめろw

巴&徹&蓮さんで崇子の噂。
「色々あるんじゃないっすか?なんだ、マリッジ・・・ブラウンでしたっけ?」
「ブライアンだろ」
蓮さんwwwwwwwwwww
「この際すっごく身近で手を打つのもアリなのかも・・・」
なんでドサクサに紛れて巴→蓮さんフラグ立ってるの?w


結婚資金が足りない崇子、女将のところへ。
「縁さんとの結婚は、白紙に戻させていただければと」
女将、仏壇から何かを取り出し、崇子に差し出す。
「これはあの人に貰ったものだよ」
女将が貰った指輪。

「喜翆荘?」
「ああ、旅館の名前はこれに決めた。スイ、お前が喜ぶ旅館で、喜翆荘」
喜翆荘という名前にそんな意味が・・・。
女将の旦那さん、厳しい人なのかと思ってたけど、そういうこと言う人だったのか。

「崇子さん、縁を、あの子の喜びをよろしくお願いします」
女将、そこで頭下げるのは反則。
泣けるじゃないか~。

泣き出す崇子。
「あたしたちに、この旅館を継がせるつもりは無いのだと・・・」
「そうだねえ。そのつもりは無いよ」
えええええええええ~~~~~~~!?

冒頭の深刻な雰囲気からして、喜翆荘、潰れちゃうのかな。

第二十話へ 第二十二話へ

ジュエルペットサンシャイン 第32話「夏と恋と冒険とイェイッ!」

舞台は再びリューグーランドか。
夏休み長編も一話目は面白かったけど、さすがにこう続くとなあ。

カメオ、サメハダ家に連れ去られたようです。
サフィー、エンジェラを使って鮮やかに正面玄関突破。
ペリドットとルビーはペリドットの腕力(尾びれ力?)にモノを言わせてベランダからの侵入に成功。
サメハダ家の警備、ザルすぎだろw

ルビーとペリドット、メイド服に。
うん。これはいいメイド服。
変装したのに敵を力づくで倒していくw

一方のひなた&ガーネット&ラブラチームは苦戦。
「おかしいなあ。武器を使えばイチコロだと思ったのに」
「武器って?」
「可愛さよ、可愛さ!」
ガーネットw相手はジュエルペットを食材にしようとしてるやつらだぞw

「・・・え?」
ひなた、その反応は失礼www

「あたしたちは、プリティな魅力を武器にして進んでいくしかない!次は3人がかりでいくわよ!」
ガーネット、ひなたにも色仕掛けを要求。ガーネットナイスwww

ガーネットのプリティーアタック、いとも簡単に払われ過ぎwww
でも、ラブラのつぶらな瞳が効いちゃうのかw
ひなたはなんにもしない・・・。

ルビー&ペリドット、囚われてる花音発見。
「私、信じてた。今まで散々喧嘩をしてきたけど、ルビーならきっと助けに来てくれるって!」
「二回も捕まるなんてドン臭いよね~ホント。じゃあ私急いでるから」
ルビー薄情すぎるw

「恩知らずの残念ウサギ!助けてくれたら三つ星パティシエのスペシャルプリンあげようと思ったのに~!」
ルビー、それで助けるのか・・・。
そして、花音逃げ足早っ!

ルビー&ペリドット、カメオ発見。
3人で逃亡中にフカレット発見。
なんか薔薇が咲いた。

なるほど。カメオとフカレットってロミオとジュリエットにかけてるのか。今更気づいた。

フカレット、ウツボーグ博士と結婚させられてしまうらしいです。
ウツボだったのか。あれ。なんかイルカ先生と同じ顔してるけど・・・。
あとね。こいつ、ティーンタイタンズっていうアメリカのアニメに出てくるサイボーグってキャラと似てるんですよね。名前からしても、もしかしてこれ、あいつのパロディ?だとしたら誰も分からんだろ!っていうかパロディをやる動機が謎すぎ。

「さっさと乗りなさいよ!さっきの怪しげなタコ連中、追いかけるんでしょ?」
花音、助けに来た!?
何を企んでるんだ、こいつ・・・。
ってなんでこんなことヒロインに言わなきゃならないんだ?

「フン、さっき助けてくれた借りを返しに来ただけよ」
花音、プリンが惜しくなったか・・・。

って、結婚式はやっ!
もうやってるのか。
「いや、待てよ。でも国王ってストレス多いかも知れないなあ。それってユーウツだな~」
って今更何いってんの?www

「タコチュー!タコチュー!タコチュー!」
って結婚式じゃなくて飲み会のノリだw

ルビー達乱入。
ウツボーグ博士、ギャクギレパワーアップwww
巨大化しすぎ。

ルビーも魔法で巨大化。
・・・っと思ったらみんな太っただけかwwwww
リューグーランド編は太らせないと気が済まないのかwwww

リンの魔法でカメオ反撃。
なんかもうこの二人だけ戦ってればいいのでは。

タコの触手に迫られるひなた。
これはwwwwwww薄い本が厚くなるwwwwwww

恐怖に怯えたひなた、ジュエルチャームになったジュエルペット達をぶつけて反撃。
「友達をほうり投げるなんてどうかしてるよ」

「今こそ虹の宝石の力を信じるのです」
ジュエリーナ様出た。
なんかもっとしょうもないこと言うのかと思ったら今回はまともだ。さすがに空気読んだか。

虹の宝石の力発動。
聞こえてくるハミング。なんだこれw
イルカ先生かよwwww
兄弟で殺し合いはやめてっ!
え?兄弟じゃないの?そっくりなのに。
っていうかイルカ先生つええ。

って、ウツボーグ博士、先生の教え子だったの!?
イルカ先生なんかに教育されたから道踏み外しちゃったのか。

カメオ&フカレット結婚。
もう勝手に爆発してろ!
って、正体現したら、こいつら本当に亀とサメだったwww
なんというか、障害の多そうな結婚だ・・・。
でも、なんで人間の姿になってたの?この人達。

ってことでやっと夏休み長編終わりか~。
なんで二話構成だったのがいきなり長編やろうと思ったんだろう・・・。

第三十一話へ 第三十三、三十四話へ

プリティーリズム オーロラドリーム第20話「ライバルは関西っ娘!セレナとかのん登場!!」

あれ?OPのあといきなりアニメが始まった。
CMも実写もなし?一体なにが起こったの?

前回パートナーに選ばれたあいらはレッスンでいいとこなし。
大会明日かよ・・・。
この事務所、本番ギリギリの綱渡りが常態化してますね。

前回絶望の淵に立たされたりずむは練習に来てない。
「サマークイーンカップに出られないからって、どっかで落ち込んでるんじゃない?相当ショックだったみたいだし、もしかしたらプリズムショーもやめちゃうかもね」
「そんなことない!りずむちゃんは、プリズムショーをやめたりなんかしないよ!絶対に!」
あいら、りずむのこととなるとみおんにも反抗するのね。

気ばかり焦るあいら。
「そのままでいいんじゃない?もし転んでも失敗しても、それがいつものあいらちゃんでしょ?それを好きって言ってくれる人もいるんじゃない?」
まあ、飛ばないプリズムスターとしてデビューしたあいらですから、これ以上失うものは無いですよね。
パートナーのみおんは発狂しそうだけどw

「純さんは私たちがサマークイーンカップに負けると思ってるの?
みおんはみおんのやり方でサマークイーンカップ、必ず勝ってみせるわ」
どんなやり方なんだ~!もう本番来ちゃったぞ!

一方のりずむ。
「もっと練習しなきゃ!もっと上手くならなきゃ!もう二度とみおんに負けないくらい!」
ひたすら練習。
「悔しい。悔しいよ!あたしも飛びたい!あたしもサマークイーンカップに出たかった!」
りずむ号泣。

そこにみおん。
「ふーん。あいらの言ったとおりね。そんだけ泣ける元気があれば上等よ。・・・友達が、待ってるわよ」

そう来たか~。
「もたもたしてないで準備!大会スタートまで時間がないわ。
あいらとデュオを組むのは、りずむ、あなたよ!」

りずむは出ることになるとは思ってましたけど、大会本番でいきなりって博打すぎだろ!
あいらを降ろしてみおんとりずむという線も考えてましたけど、ストーリー的にはみおんが引く方が色々禍根が残らなくて綺麗だよなあ。

「りずむにはみおんの代わりはできないわ。みおんがパートナーでは駄目。信じ合い、支えあう二人だから、そんな二人だからできるプリズムショーがあるのよ。二人ならこの大会、絶対優勝できる。みおんははじめから分かってたわ」
みおん、普段は他人を歯牙にもかけないくせに、結構良く見てるな~。

「私、隣にりずむちゃんがいなくてすっごく不安だった。でもね。今日は今日の私のまま行こうと思ってここに来たの。そしたら、隣にりずむちゃんが来てくれた!今日の私、ハピラキだよ!」
あいら、スイッチオンw
プリズムジャンプは心の飛躍。だからこそ本番ギリギリで仕掛けたのか。みおん。

サマークイーンカップ開始。
なんで審査員、仮装してるの?wwwww

「遊びに来てるんやったら帰り!ここは真剣勝負の場や!」
「うふふふ、思い切り誰やの?って目で見られてまっせ」
セレナ&かのん登場。
なにこの漫才コンビw

セレナ&かのんの演技。CG無しかっ!それは仕方ないとしても端折り過ぎだろ!

あいらとりずむの演技は・・・3回連続でED曲かよっ!ゴリ押しにも程がある。
「フライハイチアガーーーーール!!」
って、ジャンプたけええええええええええーーーーーーーーー!!
フライハイにも程があるだろwwwwwwwwwwwwwwwwww
1000mは飛んでるだろ、これwwwwwwwwwwww
しかし新しいデュオ技がどんどん飛び出すなあ。

「どお?純さん、みおんパーフェクトでしょ?」
「グッドラック」
グッドラックwwwwwwwwwwwwwww

あいら&りずむ圧倒的な点数で予選一位通過。

「そんな気抜いて、決勝大丈夫なん?」
セレナ、予選の点数がパッとしなかった割になんか余裕。
「自分らのデュオ、どえらい弱点があるで!」
おお!親切な人たちだ。

「勝手に言わせておけばいいわ。優勝するのは私たちよ!・・・絶対に!」
みおん、なんか焦ってるぞw
純さんのせいだw

第十九話へ 第二十一話へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ