プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【べるたそ】まさかのバファローベル写真集発売!【ケモノ】

人気のバファローベル写真集発売!選手との絡みもあり

これは・・・。
amazonでも予約始まってますね。私も速攻予約しましたw
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB/dp/4569801048/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1317225687&sr=8-1

私は基本的に3次元には興味のない類の人間なんですけどね。
神様のいたずらなのか奇跡的に3次元が2次元をはるかに凌駕してしまうことがあります。
それがこのバファローベルな訳で。
着ぐるみでこの可愛さは異常すぎますwまさに奇跡。

YouTubeで動画あさると、動きがまたいいんですよね~。
むしろバファローベルの真価はその動きにあると言っていいと思います。
なんというか、今はもう絶滅してしまった女の子らしさみたいなものが凝縮されてるんだよな~。


私はどうもケモナーの気があるようで、けっこう色んなケモノキャラに萌えてきました。
思えば、ひみつのアッコちゃん(2作目)のシッポナにめちゃめちゃはまったのが女児向けアニメばかり見るようになってしまったキッカケだった気がするしw
あとはメイプルタウン物語パームタウン編のローリィ・コッカーとか。

そんな私が思うに、今年はケモノの当たり年です。
ジュエルペットサンシャインで夢の人間-ケモノのカップルが誕生しそうだしw
バファローベルはいるし。

ケモナーに目覚めるなら今ですよ~w
スポンサーサイト

【のりスタ】リルぷりっ 第26話「グオ~ン ゴオ~ン 何の音?☆ぷりっ」

何の音って・・・除夜の鐘にはまだ大分早いようだけど。

謎の音。
「きっと悪い鬼が一寸法師を煮て食べちゃうためにお鍋でお湯を沸かしてる音なんじゃないか?」
ってお湯を沸かしてる音には全く聞こえないが・・・。
リョク、どこからそういう発想が出てくるんだ?

っていうか、リルぷりっに出てくる一寸法師ってあいつだよなあ。
煮て食べられちゃってもあまり可哀想な気がしないw

ところで、ダイがいないんですけど。

「音はここから出ているのですぞ!」
なんか布が。
意外と近いところから出てるなw

布を取ると・・・やっぱりダイか。
「この音ってダイちゃんのお腹だったんだね!」
「お腹がペコペコですぅ」
って待てwwwwwwww
どんだけすごい音出してるんだよ、ダイのお腹wwwwwwwwwwww
っていうかレイラはダイと暮らしてるのに初めて聞いたの?ダイのお腹の音。
ダイなんていつもお腹すかせてるじゃん。

ここでひめチェン。
コスチュームは・・・ハートハートウェイトレス。お腹をすかせたダイにお給仕。
あ~、これはリルぷりっDSで割とよく使ってた記憶がある。
のりスタ版リルぷりっでは初めてですかね。一期では2話に出てきてるようですけど。

第二十五話へ 第二十七話へ
 

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第47話「人間大砲コセイダー 死の罠を破れ」

またタイトルに人間大砲がつくようになってる。
最終回が近いというのに、なんかまだ色々試行錯誤してますねえ。

亜空間に現れた火の玉的なもの。
時間旅行中の定期便を次々取り込んじゃってるようです。

「定期便はね、あれは誘いだすための道具だ。奴ら、本当に亜空間支配を狙ってるならどうしても倒さなければならん奴が一人いる」
「コセイダー・・・」
亜空間支配を狙えるような科学力を持ってても、コセイダーは平気で物理法則を無視して来ますからね~。確かに怖いわ。

2~2.5次元空間探訪日記
コセイドン号、火の玉に襲われる。
プラズマ砲で応戦しますが、かなりボコボコにされてます。

2~2.5次元空間探訪日記
これが敵のようです。
「亜空間を支配するものはすべてを支配する。しかし、亜空間を手に入れるためには絶対に倒さねばならない敵がいる。それはコセイダー、お前だ」
隊長が言ってたとおりだ。隊長すごいな。

2~2.5次元空間探訪日記
なんと!
21世紀のコセイドン隊の基地に火の玉が出現!
こいつは危険だ!
しかし亜空間にいた時と比べて随分ちっこくなったな・・・。
手配ナンバー32号という指名手配犯が死んで超人サタールとして生まれ変わったみたいですね。
「亜空間の恐るべきひずみ現象に遭遇し、その超次元エネルギーを吸収した兄32号の魂がこの私に乗り移ったのだ」
どうやらサタールは兄と妹が合体したものみたいですね~。

「私の警告を無視するものは人質とともに処刑する」
アルタシヤが人質に取られて亜空間航行を禁止されちゃいました。
でもなあ。この番組の悪役って人質を有効に使うやつが皆無なんですよね~。

コセイダーはサタールの罠と知りつつ単身アルタシヤの救出へ。

2~2.5次元空間探訪日記
と思ったらアルタシヤと戦闘になっちゃいました。
戸惑うコセイダー・・・ってあっさり切り捨てたw
正体は敵のサイボーグだった訳ですけど、定期的に正体現しちゃうから幻覚の意味ねえ!

2~2.5次元空間探訪日記
対サタール戦。
二人に分裂しました。さすが兄と妹。
サタールが超能力で生み出した空間の中ではサタールは全能の神だそうですよ。
これではさしものコセイダーも・・・って意外とあっさり切り捨てたw

サタール、なんとか生き延びて白亜紀へ逃走。
だいたい、なんで人質がいるのに戦うんだよ、サタール。

2~2.5次元空間探訪日記
「見ろ。お前たちの仲間の最後だ」
サタール、アルタシヤの入った棺桶を崖から投げ落とす。
コセイダー、すっ飛んでって棺桶をキャッチ。
って、コセイダーが受け止めるまでに棺桶、ガッツンガッツン崖にぶつかってますけど!
死ぬって!
頑丈さに定評のあるアルタシヤじゃなければ。

アルタシヤ救出後にコセイダーに襲いかかったサタール、あっさりやられました。
やっぱり人質を有効活用しないなあ。この番組の悪役は。


第四十六話へ 第四十八話へ

花咲くいろは 第二十六話「花咲くいつか」【最終回】

うおおおおおおお!!
OPが無い!?
流石最終回。

ぼんぼり祭りの望み札。
「四十万スイになりたい」
って緒花wwwwwww
なるの?四十万スイに。緒花が・・・。
シータがドーラみたいになるくらいの衝撃。

孝ちゃんも現地に到着。
「好き・・・孝ちゃんが・・・好きです!」
焼きそば注文中に告白するなwwwwwww
「あいよ、お待たせ」
って紅しょうががハートwwwwwおやじ、粋な計らいすぎるwwwwww

「あなた。私はあなたがいなくなってから一人で走ってきたつもりになって。でも違った。私を夢見てくれる孫もいる。許されるならもう一度・・・もう一度・・・」
女将、死亡フラグ立てるなああああああああああ!!

縁、一端喜翆荘を閉じることに同意。
でも、再開を誓う。
「その時は喜翆荘の名前を受け継がせてもらいたいんだ。母さんが、女将が喜ぶ旅館を、俺、作りたいんだ」
「私も、旦那ほっぽらかして駆けつけるわよ!」
巴さんの旦那って誰だよwww


「こっちに残って仲居としての働き口を見つけるつもりさ」
女将はその歳で一介の仲居として働くつもりなんですね。
かっこ良すぎるだろ!

喜翆荘、ついに終了。
巴さん、泣きすぎ。
緒花も転校か~。

「待たね、スイちゃん」
豆爺も行っちゃった。スイちゃん・・・なんかいいな。

誰もいなくなった喜翆荘を見てまわる女将。
喜翆荘で働くみんながフラッシュバック。
賑やかだった頃の喜翆荘。

このシーンは反則すぎる・・・。
なんだよこの切ない演出は(ノДT)

「あなた・・・」
うわあああああああああ!!女将にお迎えがあああああああああああ!!

って緒花が掃除してる。
なんでいるの?
乗り遅れたのかw
女将、現世に戻ってきちゃったじゃんw

「緒花、いつか帰ってくるんなら、そん時はあんたが電六さんの代わりにこれを・・・」
「私が、私が豆爺の続きを書きます!この業務日誌を!だから・・・必ずここに・・・こ・・・こに・・・」
「ああ、待ってるよ」
緒花を見送る女将。
「待ってるよ・・・」

あれ?女将すっごい長生きしそうじゃない?
死ぬ死ぬ詐欺wwwwww
あ~、でも良かった。女将あっての花咲くいろはだもんなあ。

というわけで。
最後はきっちりまとめてきましたね。花咲くいろは。
一話の連続ビンタでおおっ!って思って、硬派なアニメを期待してたらその後なんかお色気路線に走って、あれ?って感じで。
このアニメ、どこに行っちゃうの~?とハラハラしながら見てたら、その後は硬派とお色気路線をフラフラ行き来しながらも基本の軸としてはちゃんとまともな芯が一本通ってたと言うか。
これも女将の存在のおかげですかね。
なかなかの名作だったと思います。

「ホビロン」はともかく「ぼんぼる」はやめて欲しかったけどw

第二十五話へ

ジュエルペットサンシャイン 第41話「雨にうたえばイェイッ!」

カウントダウンジュエルTV・・・サンシャインのディアンは人気急上昇中の新人アイドルなのか。

ガーネットはオーディション。
ダイアナやプレーズもいる。
合格者はダイアナ。
「一生懸命やったのに・・・」
「そう。一生懸命なだけ。浅いのよ、あなたの演技。それじゃあ私には勝てないわ」
ダイアナ、ガーネットに嫌味でも言うのかと思ったら、なんかまともですね。

ガーネット、ディアンのダンスを目撃。
「あなたのダンスすごい!勉強になるからもう一度見せて!」
「すごくねえよ。・・・スランプなんだ。思ったように踊れない。
こんなの、表面だけの浅いダンスだ」
こっちも浅い、か。

「あなたのスランプの原因は分かったわ。そっちは私、得意分野だから」
って何かと思ったら占いかw
「あなたは今、恋人とギクシャクしていますね・・・」
「何故それを!」
ディアン、恋人いるの?・・・レオンのことかな?

ガーネットはまたオーディション不合格。
ボーッとしてて衣装を汚しちゃったディアン。
「あの、多少デザイン変わっていいなら直しますけど?」
おお、今度はガーネットの真の得意分野。

「ありがとう・・・ガーネット」
ディアン、ガーネットに抱きつきやがった!
てぃんくるのディアンより大分軟派になってる?
って言うか恋人いるんじゃないの?

「何してるのよ!」
ガーネット困惑。赤くなってるところを見るとまんざらでもないの?真砂・・・。

ディアン、サンシャイン学園まで来た。
ストーカーだ。
「惚れた。俺と付き合ってくれ」
またエラくストレートな・・・。って言うか恋人は・・・。

「彼女とは別れる」
あっさりすぎるw
ガーネット、こんなのと付き合ったらまたあっさり捨てられるぞ~。

帰り道にまたディアン。
「仕事が早く終わったから送ろうと思って」
ホントにストーカー化しとるな。

「俺は寝るより、好きな子といたいって思っただけだ」
「良くそう言う事サラッと言えるわね」
「・・・実は、結構ドキドキして言ってるんだけど」
嘘だ~!ガーネット騙されるな~!!

ガーネットとディアン、デート。
いきなりプレーズ達に発見される。
「よし、逃げよう!」
って、なんだこの曲wビートルズ?

屋上に追い詰められて・・・
「飛ぶぞ!」
ガーネットをお姫様抱っこで飛び降り。死ぬwww
「フーウ!」
ってw
何このノリw
ここは着地して足がビリビリビリってなる未来少年コナン的演出になるべきだろ~!
そんなクールなのはずるいぞ、ディアン!

サングラスを返すためディアンの後を追っていったガーネット、
「なんでこんなところに来るんだ!」
「私、やっぱりあなたじゃないと駄目なの!」
修羅場に遭遇。
ディアンの恋人ってダイアナだったのか。まあそんな気はしてたけど。

浮いた話に花を咲かせるウメ組の面々。
「私は、お弁当を作って公園デートとか、ちょっと憧れるな」
ひなたは可愛いな。

「ひょっとしてガーネット、彼氏できたんじゃない?」
「うん、まあ」
驚く一同。真砂の顔wwwwwwwwwwww

いや、笑ってる場合ではない。ガーネットと真砂はケモナーの希望なんだから真砂を応援せんと。

雨の中。
ついにダイアナと対決。
「彼を返して・・・」
やばい。ヤンデレか!ヤンデレはわりと好物だぞ。

「この・・・泥棒猫!」
ダイアナ、ガーネットに飛び掛る。
うん、確かに猫だ。

取っ組み合い。

ええと・・・。

これ、ジュエルペットサンシャインだよね?

「やめろ!ダイアナ!」
「この目が見えているから、ディアンが傍にいないことが分かってしまうのよ!」
ダイアナ、目にセロハンテープを貼る・・・ってなんだこれwwwww

ディアン、駆け寄ってセロハンテープをはがす。
「冗談よ・・・」

そりゃまあ冗談でしょうけど・・・そのタイミングでそのギャグはシュールすぎるぞw

「ごめん、俺、やっぱり・・・」
「言ったでしょう?あなたの恋は新しい展開を迎えてまたうまくいくようになるって」

ガーネット、劇画調で大泣き。
最近の女児向けアニメは・・・色々と凄いな。

で、今度はフラッシュダンス?
ニコニコ動画に比較動画が上がってたけど、完全に一致してるじゃねえかwwwwww

ガーネット、オーディション合格。
失恋を経験して、演技とダンスに深みが出たんですね。

真砂、救われたな~。
って言うかガッツポーズするなw

第三十九、四十話へ 第四十一話へ

プリティーリズム オーロラドリーム第25話「友情の誓い!オーロラの翼」

「ねえ、あいら、今夜うちに泊まりに来ない?パパが出張でいないんだ」
りずむ、あいらを誘う。
友達呼ぶのにパパがいない隙を狙う必要ないだろっ!
さてはあんなことやこんなことをする気だな~っ!?
そういう展開は大歓迎ですよ!

「みおんもおいでよ」

「ベタベタしたお友達ごっこは好きじゃないの」
「みおんに心を許した友達はいないのか」
あれ?純さん、まるでまっとうな大人みたいな発言を・・・。

「あいらとりずむは友達でない・・・」
純さん、それは言い過ぎw

お泊り会。
キャピキャピしていいもんですなあ。若い娘のお泊り会は。
「サラダかんせーい・・・いいのいいの。お腹に入れば一緒一緒ーぅ!」
りずむ・・・大雑把だなw

みおんはセレブな娘たちとディナー。
「みおんは、まだやってるの?プラズマショー」
プラズマショーwwwwwwwwwwwww

ピンポーン
りずむの家に誰か来た。おおっ!みおん!
「退屈だから抜けてきた」
赤くなってるのが可愛いw

「なんか、安い食材ばっかり」
言ってるわりにバクバク食いまくってますがwww

「今夜は着ぐるみパーティーなの」
着ぐるみパジャマかw
みおんのもちゃんと用意してるw

そして好きな人トークに突入。いいもんですなあ。若い娘のお泊り会は。
「みおんは年上が好きなの?」
「ひょっとして純さんとか!?」
やっぱりあいらにもそう見えてるのか。
みおん、赤くなって笑った。
ええっ!?ホントに純さんが好きなの!?
ワタルざまあwwwwwwwww

お休みタイム。
ひとつのベッドに3人か。なんか3人ともやたら行儀良く寝てるな。棺おけに入ってるみたいだ。

みおん、「Aurora Rising Lesson」と書かれたノート発見。
りずむ、馬鹿の癖になんで英語?って野暮か。日本語が画面に映ると海外で放映しにくくなるもんね。

「まさか、本気でそのジャンプを飛ぶつもりじゃないでしょうね」
そのジャンプ飛ぶと廃人になるんだぞ~。
「そうだ。りずむちゃんのママもプリズムスターだったんだよね」
「へえ。なんて人?」
「言っても分からないよ」
「りずむちゃんのママ、そなちゃんって言うの?」
あいら、あいらママがそう言ってたのを思い出す。

「神崎そなた・・・まさか・・・神埼そなたがりずむのママなの!?」
「・・・そうよ。私のママは神崎そなたよ!」

おおっ!とうとう素性を明かした!

「私知りたいの。どうして私を置いて家を出ていったのか。オーロラライジングを飛んだとき、一体何が起こったのか。だから、ママが飛んだオーロラライジングを飛びたいの」
それを知ったときはりずむも廃人だが・・・。

「これまでオーロラライジングに挑戦したプリズムスターのほとんどが失敗して選手生命を絶たれているのよ。記憶をなくした人もいるわ」
オーロラライジング、失敗しても記憶が無くなるのかよっ!!こわすぎだろ!

「とにかく飛ぶ事は認めない。みおん達はユニットなんだから個人プレーは駄目。それができないんだったらMARsから外れてもらうわ」
「わかった。でも決めるのは明日にして。明日、ショーが終わった後、二人だけにオーロラライジングを見てもらう。まだ完璧ではないけど、それを見て、それでもまだ反対するなら、その時はMARsを外れる」
ええっ!?りずむ、オーロラライジング練習してたの!?
そうか・・・その後遺症で頭が悪くなって肉!肉!ばかり言う子になっちゃったのか・・・。

次の日。
プリズムショー。
あいらとりずむのポップンキャンディーロケットデュオか。
ロケット背負ってバビューン!って飛んでくところがないぞコラ!
そしてジェットストリームアタック・・・じゃなくてドレミファスライダー3人バージョン。
さらにあいらとりずむのフライハイチアガール。
どんどん飛ぶなあ。今回。

って、プリズムショーを見てるあの人はもしかして・・・。

りずむ、いよいよあいらとみおんにオーロラライジングを見せる。
「待って」
あいら、りずむにピュアクリスタルティアラのストーンを渡す。
アイテム揃ってないと飛べないもんね。オーロラライジング。

「でも、これはつけられない。ピュアクリスタルティアラは自分の実力で手にしたいの」
まさかの拒否。ティアラカップって新人じゃなくても出られるの?ティアラカップ以外でもピュアクリスタルティアラ手に入れる方法あるんですかね?

りずむ、助走に入る。
みおん、緊張のあまりあいらの手を握る。これは・・・!百合の聖典であるところの青い花でふみがあーちゃんの手を握るあの映画館の名シーンを髣髴とさせるッ!!
そして・・・あの人が見てる!やばい。りずむが目をつけられちゃう。

いい感じでオーロラライジングを決めるかと思ったらジャンプの頂点で崩れるりずむ。
そこへ・・・純さんwwwwwwwwwwwwwww
まさかの純さん、お姫様抱っこでりずむを救出。
あんた、スケート滑れたんか・・・。

「その若い翼では、まだオーロラの輝きをまとうことはできないぞ」
純さんはやっぱり純さんだwww

社長、りずむの無茶なジャンプに激怒。
社長も失敗してる上に、ライバルの神埼そなたを失ってますからね~。
って、もしかして社長が現役時代の見る影もない馬鹿キャラ系になっちゃったのってオーロラライジングの後遺症!?・・・恐るべしオーロラライジング。

「これからはMARsのことを第一に考える。でも、オーロラライジングを飛ぶための練習は続けたいの」
あ、りずむの方が折れるのか。
純さんに言われたのが効いたのかな。

「いいわ。ただし条件がある。オーロラライジングを飛ぶための力が完全に身につくまでは絶対に飛ばない事。隠れて練習するのもなし。隠し事もなし。そしていつか、誰も傷つかず、りずむも傷つかない完璧なオーロラライジングを飛んで見せる事」
みおん、かっこいい。
ってあいら、ドサクサに紛れて販促するなw

第二十四話へ 第二十六話へ

アイドルマスター 第12話「一方通行の終着点」

2~2.5次元空間探訪日記
長いこと積んでたアイマス2を再開してみたんですけどね。
ユニットの雰囲気が最悪。ステータスがずっとギスギス状態とか喧嘩状態とか。
誰か助けてwwwwww

アニメの方はこんなことにならないといいですね~。
美希がなんか大変なことになってるようですけど。
これあれじゃん。この主人公ヅラしてるクソプロデューサーが100%悪いじゃん!
あ、ゲームの方でユニットの雰囲気が最悪なのは私のせいじゃないですよ。・・・多分。

「私たちにできることは、ライブに向けて集中することじゃないかしら」
千早は建設的だ。

「美希、なんだかもうやる気がなくなっちゃったの」
やっと電話が繋がった美希。
美希のやる気なんてどっかの池に行って先生眺めさせてれば勝手に回復するだろ~!!
ちなみにお前がいるところは世間的にはお魚屋さんとは呼ばないぞ。

って言うか、美希、なんでそんなに竜宮小町に入りたいんでしょうね。あれ、リストラ組だぞ・・・。

美希が来ないので衣装のサイズ合わせができない。
「ハイ!じゃあ私が代わりに試着しまーす!」
春香・・・美希はもう1年前の美希じゃないぞ。背も伸びてるし、胸も・・・。

プロデューサー、美希発見。
なんかカメラ回ってる。

美希逃走。それを全力で追いかけるプロデューサー。
おまわりさん、この人です!!

「聞きたくないの!ミキ、もうやめるんだから!」
「その割りに、さっきはあんな楽しそうに歌ってたじゃないか!」

ついに美希をキャッチ。
おまわりさん、この人です!!

アイドルをやめると言っている美希に、プロデューサー、ひたすらつきまとう。
おまわりさん、この人です!!


橋の上から先生を眺めながら話し合い。
「あのね、ひとつだけ約束して。絶対ミキを竜宮小町みたいにしてくれるって」
なんかミキのやる気が戻ったようです。
さすが、先生は偉大だ。
プロデューサーなんていらなかったんや!

第十一話へ 第十三話へ

【のりスタ】リルぷりっ 第25話「魔ペットサーカス団☆ぷりっ」

公園にサーカス?
と言ってもこのアニメにサーカスのシーンなどあるはずもなく。

「俺たちがサーカスを見せてやるよ!」
魔ペット達・・・お前らか!
まあ登場人物6人(+女王様)だけの世界ですから、魔ペットが頑張るしかないですよね。

おお!魔ペットたち、一応ピエロ風になってるw

傘の上でりんごをまわす。ダイ、そんなことができるのか!見なおした・・・って回す前にりんご食うなっ!!

「サーカスってとっても面白いわね」
どうしてそういう結論になるw
まともにサーカスしてないだろ、このクソ魔ペットども。

「そうだ!あたしたちもひめチェンしてサーカス気分で踊っちゃおう」
コスチュームは・・・ラブリーピエロ。
えーと、久々に新規衣装かな?
まだ最低限の闘志と予算は残ってるってことかな・・・。

ラストシーン。ダイ、ちゃんと傘の上でりんご回せるんじゃないかっ!
やるなあ。
そういえば、第一期ではリスのサーカスでスターになったこともあったもんなあ。

第二十四話へ 第二十六話へ

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第46話「コセイダー 幻の大恐竜を捜せ」

スーパーサウルス。体長60m以上の恐竜!?
ウルトラマンじゃないんだからw
だいたいこの番組、いつもは人間サイズの恐竜しか出てこないのに、極端に走り過ぎ!

2~2.5次元空間探訪日記
白亜紀に宇宙船の発着場発見。
コセイドン隊、なんでそんなに驚いてるの?
今までも散々出てきたじゃん。白亜紀を狙う宇宙人。

2~2.5次元空間探訪日記
変な人出ました。
ゴウとテツに襲いかかるも、取り押さえられコセイドン号へ。
ヤプーさん。何万という仲間とともに地球に移住したみたいです。
でも、地球が氷に閉ざされるので仲間は去ってしまったようですね。
地球が氷に閉ざされても滅亡しないことを知って去ってしまった仲間を呼び戻そうとするヤプー。

「ラグーはこの星にいる最大最強の恐竜だ。我々はラグーを訓練して今や我々の命令どおりに動くようになった。ラグーはまだ一匹この星に残してある」
スーパーサウルスはヤプー達が飼い慣らした恐竜だったようです。

2~2.5次元空間探訪日記
ラグー出た。
完全に怪獣だこれ。
スーパーサウルスって実際にいるけど、こんな奴じゃないよね。

口からなんか発射したぞwww
もう恐竜じゃないだろ!

2~2.5次元空間探訪日記
コセイダーレッツゴー!
っていきなりすごい勢いで払いのけられたw
よく生きてるな。コセイダー。

2~2.5次元空間探訪日記
振り落とされないように必死にしがみつくコセイダー。
ワンダと巨像かっ!

2~2.5次元空間探訪日記
どうにも歯がたたないのでラグーを操っているヤプーを倒すことにしたコセイダー。
コセイダーが頭を使うとは珍しい。
いつもなら気合だけでなんとかしちゃうのに。


ヤプーが死に、ラグーはどこかへ去って行きました。
どうやら人類は救われたようです。
でも、人類が生まれる前に地球に移住してきて長い間住んでたんなら、先住権はむしろヤプー達の方にあったような気も・・・。

第四十五話へ 第四十七話へ

花咲くいろは 第二十五話「私の好きな喜翆荘」

女将のいいつけに背いてお客さんとりまくりの喜翆荘。
朝食はバイキング形式に変更か~。
蓮さんや民子もバイキング形式に賛成してるところは、なんか意外。
喜翆荘を立て直すのに手段は選んでられないってことか。

女将派とみなされて孤立しちゃった緒花。
「やめなよ。女将さんの味方やめな」
民子、ストレートだ。

ショックを受けてる緒花に
「みなさん良い子。喜翆荘で働くみなさんは良い子」
豆爺、いい人だ~。

巴さんと蓮さん、お客さんのクレームで言い争いに。
うわ~。雰囲気わるっ!でも、なんか巴さんと蓮さんのフラグのようにも思えるw

「なんだか違う気がする。私、喜翆荘が好きなの。お客様に喜んでもらえるようにってみんなで一生懸命になることで私まで幸せな気持ちになれるの。でも、今の喜翆荘は違う。みんな女将さんの方ばっかり見てる」
菜子は緒花と同じ思いみたいですね~。

「女将さんには分からないんだよ。自分が走れる人だから。自分だけの夢は持てない。走れないけど、夢を持ってる人に一生懸命ついていくこと。それが夢になる人だっているんだから」
女将、菜子の話聞いてる。
でも、菜子にも自分の夢を持ってほしいな。水泳とかさ、菜子にもあるじゃん。


巴さん、階段から落ちて負傷。
そんな~~~!巴さんが!
「私やる!じっとなんてしてらんないわ!このままじゃ負けみたいじゃない!女将さんに!」
「女将さんに・・・負けるんですか?仕事って勝ち負けなんですか?だっておかしいですよ。お客様に喜んでもらうことより女将さんに勝つことが大切なんですか?」
緒花とみんな、言い争い。

「やめてください!私、喜翆荘が好きです。大好きです!でも、今の喜翆荘は違います!私の好きな喜翆荘を返してください!返してください!」
おお~!菜子言った!!
菜子が声を張り上げるなんて相当なことだぞ。

「喜翆荘が好き。そこにいた誰もが同じ気持ちだった。同じ気持ちなのにここまですれ違ってしまった」
次郎丸、ナレーションするなwww

「私が代わりにやるよ。私が仲居として働く。そうすりゃ巴の穴をなんとか埋められるだろう」
おお~!女将出た!

さらに緒花母登場!
「泊めてくれたら仕事も手伝ってあげるし」
これは強力な戦力だ~!

「そんなことはできない!この戦いは僕たちの戦いなんだ!女将に・・・しかも姉さんになんて手を貸されたりしたら・・・!」
崇子、すかさず縁にいきなりビンタw
ある意味女将の後継者として相応しいかもw

「若旦那、今日は私は仲居なんだ。あんたがちゃんと指示しておくれ」
「あ、お、女将・・・」
「呼び名が違う。女将じゃない」
「ハイ、よろしく頼むよ、スイさん」

うは。このやり取りはしびれるわ~。

やっとみんな一丸となって来ましたね。
「旅館商売はお客様が第一。自分たちは二の次三の次。でもねえ、私はそれが楽しかったんだよ」
女将、優しい笑顔。
って、なんか賛美歌的な荘厳な音楽流れだした。
こんな音楽が流れたら女将さんが連れてかれちゃいそうだからやめて~w

親子三代揃い踏みで食事運び。
このシーンもしびれるな~。

すべてのお客を捌ききり、一息ついたところで
「ヘタレてる暇はないよ。みんな行くよ」
ぼんぼり祭りへ。

美しいぼんぼり祭りの光とともに特殊ED。
なんだこれ。花咲くいろはってこんな格調高いアニメだったっけw

第二十四話へ 第二十六話へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ