プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バファローベルの写真集買っちゃったw

2~2.5次元空間探訪日記
以前、バファローベル写真集発売!っていう記事を書きましたけど、ついに発売されました。
もちろん購入w

正式タイトルは
「バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい」
になってました。

バファローベルの可愛すぎる写真がいっぱいですよ!
まあ、バファローベルの魅力を堪能したいならYouTubeで動画を漁るのが一番なんですが、バファローベル好きならいつでもベルたそを堪能できる写真集は手元に置いておきたいところ。

なんか、バファローベルの漫画も載ってますねw
ピクシブの絵なんかも紹介してますけど、やっぱり二次絵になるとコレジャナイって感じなんだよな~。

バファローベルに限っては3次>>>>>2次なんですよ!
着ぐるみのベルたそが最高なんですよ!
スポンサーサイト

プリティーリズム オーロラドリーム第30話「ドキドキハロウィンはときめきじゃナイト☆」

おお~~~~~!!
OPが変わってる!!ドキューン!→バキューン!→ズキューン!
ちょっと可愛らしい感じになってますね。今回のOPは。
なんか新キャラも出てる。せれのんに加わるキャラ?
さらに・・・神崎そなた出るの!?なんか変装してる?これは・・・!!

ハロウィン。
「かぼちゃ祭りでしょ?どうやって食べようかな~」
りずむwwww

りずむ、お菓子に反応。りずむはブレないなw

元町ハロウィンにプリティートップが参加。
元町ハロウィンって本当にあるみたいですね。
「パーティーナイトはフリーダムでナイト」
純さんwwwwww

ショウとあいら、ハロウィンパーティーへの協力を頼みにあいらの両親のお店へ。
お父さん、発狂したwww
でも、頭を下げるショウに、なんかキリッとして協力しだした。これはこれで怖い。
「ありがとうございます、お父さん」
あ、最後はやっぱり発狂したwww

ワタルとみおんは縫い物か。
みおん、縫い物はあんまり得意じゃないのか?
指を刺しちゃったみおんのためにバンソウコウを探そうとしたら、純さんが颯爽とバンソウコウを差し出す。
「無理はするな」
純さん、バンソウコウ持って待機してたの?
りずむがオーロラライジングに挑戦した時はスケート靴履いて待機してましたね。
先読みに定評のある純さん。

ハロウィンの仮装。
あいらは天使?みおんは・・・何?お姫様?
これ、ハロウィンじゃないだろ!
りずむはジャック・オ・ランタン。
「なんて格好してるのよ!」
って、いや、この場合りずむが正しいだろ!
かぼちゃ祭りとか言ってたりずむだけがちゃんとハロウィンの仮装をしているところがなんか感慨深い。

ジャック・オ・ランタンの下はネコミミなのかw
どういうコンセプトだw

倉庫に必要なものを取りに来たワタルとみおん。
あれ?みおん、もしかして暗所恐怖症?

更にあいらとショウも。
「俺・・・暗いところ・・・駄目なんだ~」
今度はショウが暗所恐怖症かよっ!!

「もしお化けが出たとしても、僕がみおんを守ってあげる。僕は純さんほど大人じゃないけど、僕だってみおんを守れるってことは信じて欲しいな」
ワタル、闇に乗じてみおんを落としにかかった。

さらにりずむ乱入。
ジャック・オ・ランタン姿でw
もうオチが読めるwww

パニックで走りまわってたらプリズムショーのステージへ。
あ~、よくありますよね。パニックで走りまわってたらプリズムショーのステージに出ちゃうこと・・・ってねーよ!!!!

「レッツ・ショータイム」
コーリングス、歌い出したwww
なにこの強引な展開w
スケート靴はいてないようだけど、いいのか?って、スケート靴なしで滑ってる・・・だと!?

ショウ「マ・ナ・ザシ!」
ヒビキ「スイートスイートウィスパー」
ワタル「デンジャラス・ベビーフェイス!」
今回はワタルのが面白かったなw

さらにMARsのプリズムショー。
こっちはちゃんとスケート靴はいてるw

3人でドレミファスライダー。
更に・・・ハロウィン技?
「ドキドキ・ハロウィンナイトーーーーー!!」
なんか動きがドレミファスライダーの使い回しっぽい気がするがw

「みおんを好きになるなんて10年・・・いや、100万年早いわね」
ワタル、駄目だったかw

「恋の花、満開ですね」
「恋愛ごっこまでなら目をつむるけど、プリズムショーは恋にうつつを抜かしながら極められるようなものじゃないのよ」
社長、実感こもってるw
「今日は堅いことを言わずに、僕たちも、シャルウィーダンス?
・・・欲しいのは、スイーツよりも甘いもの。ハート震えるハロウィンの夜・・・か」
あれ?純さんと社長のカップリングもありなの?
社長の方が大分年上っぽいけど。

第二十九話へ 第三十一話へ

アイドルマスター 第17話「真、まことの王子様」

真回か。
ある意味ジュピターと真っ向から競合するのは真だよなあ。

少女漫画に声入れるなw
王子が馬で登校してるのかw馬も生徒なの?wwww
真が読んでたの、少女漫画じゃなくてナンセンスギャグだったのか?ジュエルペットサンシャイン系?

「最近は真も色っぽくなってきたって評判だぞ」
P、心にもないことを・・・。

「どうです?女性からかっこいいとか王子様とか言われるのは?」
「そうですね。誰からでも応援してもらえるのはやっぱり嬉しいです」
真も心にもないこと言ってるなあ。

「今日はとことんプロデューサーに女の子扱いしてもらうことにしたんです!」
真を連れ回すP。
最低だな。P。

スーツでウォータースライダーはある意味尊敬するがw

「僕たち、恋人同士に見えますかね?」
P死ねええええええええ!!

不良に絡まれてる女子中学生だか女子高生だか。
真、助けに入る。
「僕こういうの、許せないんです」
って絡まれてた女の子達、真だと気づいて黄色い声出し始めた。
状況考えろwwww絡まれてる最中に写メ撮るなwwwww

真を狙った不良のパンチがプロデューサーにヒット。
うむ。天誅だ。

「やられることはないと思うが顔に怪我でもしたら大変だぞ」
「ですよね。僕、アイドルなのに」
「だけじゃなくって、女の子としてさ」
なかなかかっこいいこと言うじゃないか。

ってこいつら、結局夜まで遊園地にいたのか。
どんだけ暇なんだよ!!

第十六話へ 第十八話へ

ちはやふる 第4話「しつこころなくはなのちるらむ」

今回から本格的に高校生編ですね~。

太一の彼女出た。
たー君wwwwww

「許せんあいつ~、色気づいて。誰かに言いたい、誰かに言いたい、太一がたー君と呼ばれていることを~」
そこか!そこを言うのか!!

A級をかけた千早の試合会場に太一もやってくる。
「お~!ま、ま、ま、まつ毛君じゃないか~!!」
久々の先生。
「大きくなったな~。腋毛もち○毛もボーボーかぁ~?まだまつ毛の方がボーボーかぁ~。ハッハッハッハッ」
誰かこのオヤジをつれていけ~!!

「先生、俺、中学でもかるたやってたんです。同好会で細々だけど。かるた練習して、少しずつ強くなって。でも分かってるんですよ。俺は・・・俺は、青春全部かけたって新より強くはなれない」
若いのに悟っちゃってますね~。太一。人間、もっとバカにならなきゃ。

千早の試合。
でかい声で相手をビビらす作戦かw
なりふり構わないな~。

中学時代の回想。どうして陸上部に入ったのか。
「ピストル聞いて飛び出す瞬間ってね、かるたみたいって思ったりするの。体力もつくし、全部かるたに繋がります」
そういうもの?

「青春全部かけたって強くなれない?まつ毛君、かけてからいいなさい
名言出た。
先生かっけえ~!!でもさっきのあれはチャラにはならんぞ~。下品なやつは嫌いだ。

千早、3回戦突破。
チョコレートサインってwwwwww
「まつ毛君、コンビニでチョコ買ってきて!早く!」
ってコンビニなのになんで臨時休業なんだよwwwwwww
「ゴメンネ」って舐めてるのかwwwwww

太一、向かいのGODIVAへ。
千早のためにそこまでするかw
一万円以上するんでしょ?これ。

千早のモグモグ顔wwwww口がwwwww
千早、バカバカ食べるw一万円以上をwww

脳を酷使するから糖分が必要なんですね。
分かるな~。私も資格試験の時なんかはチョコレート買い込んで会場で食べてますよ。

「脳が糖分を消費しつくして体重が3Kg減る」
ってそうなの!?かるたってそんな過酷なの!?

さらにいきなり爆睡。
のび太並の寝付きの良さだ。

千早、勝つためにできることはなんでもやってる感じですね~。

決勝戦。
相手は眼鏡の安田君。
「知ってるよ、綾瀬千早ちゃん。ちはが一番得意なんだろ?自信のあるその一枚を抜いたら、15歳の君を崩すことなんか容易い。でも目が合うと駄目
目が合うと駄目なのかwww

ちはやの札をお互い送りあう展開。
何これw

最後もちはやの札で勝負あり。
千早優勝。A級昇格。

っていきなり太一に抱きついたwww
太一、彼女いるのにwwww

「やろう!かるたよろう!太一!やろう!一緒に強くなろう、太一。仲間がいたらきっと、強くなれるから!」
あ~。こりゃ駄目だ。太一断れない。彼女可哀想。

千早、意を決して新に電話。
太一も可哀想www

「私今日A級に上がったんだ!頑張ったんだ~!!」
「やめてくれん?悪いけど、電話とかせんといて。かるたとか、もうやってへんから(ガチャ)」
新ぁーーーーーーーーーーーー!!
小学生の時にあれだけ夢を語った新に何があったの!?
やっぱり、今はヴァンガードに転向しちゃったの?
それともヴァイスクロイツ?

第三話へ 第五話へ

【のりスタ】リルぷりっ 第30話「楽しく過ごそうハロウィンナイト☆ぷりっ」

ハロウィン回。
もうそういう季節なのか。
そういえば近くのスーパーも、なんかレジの店員が妙な帽子被っててなんか痛々しかったですよ。

「おば・・・おば・・・」
「おばさん?」
「お化け!あそこに!」
リョク、結構怖がり?

っていうか、いるしw
窓の外にお化けw
こいつもおとぎチックル?
いつもの3人と3匹以外の登場人物がついに出たか!?

・・・って、風船かよっ!!
やっぱりこの世界には3人と3匹しかいないのか・・・。

ということでひめチェンでハロウィンパーティー開始。
衣装はトリックオアトリート。
かぼちゃはかぶらないのか。


ってこれで終わりか。いつものことだけど、語るべきストーリーがないw
まあ、しっかり季節感があるのは評価できますよね。
このあとのハム太郎なんて七夕回だもんなあw
我道を行き過ぎ。

第二十九話へ 第三十一話へ

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第51話「急げコセイダー 恐竜絶滅を救え」

恐竜絶滅を救えってねえ。
もともと恐竜は白亜紀を最後に絶滅することになってる訳ですが。

まだ二時なのにあたりが明るく。
2~2.5次元空間探訪日記
なんか降りてきました。
すごい熱。木が燃え出す。
一見隕石のようですが、逆噴射しながらゆっくり降りてきます。

ファイタス2号、衝突地点でクレーター発見。
2~2.5次元空間探訪日記
クレーターの中からの攻撃。
ファイタス2号墜落しました。

2~2.5次元空間探訪日記
怪しい人達出ました。
なんか怖いんですけど。肩から首のあたりが。

ビックラウスの操縦するハクアス2号もクレーターからの攻撃で墜落。
ファイタス2号落とされてるんだからちょっとは気を付けろよ!

2~2.5次元空間探訪日記
アルタシヤの操縦するハクアス1号の攻撃で怪しい人達、正体を現しました。
さっきの女性の中にこれが入ってたの?なんか物理的にありえない気がするが。

2~2.5次元空間探訪日記
コセイダー、とりあえずサイボーグ倒しました。

2~2.5次元空間探訪日記
と思ったらこいつが浮いてきた。
コセイダーに猛攻。
ファイタス1号、ハクアス1号、コセイドン号まで激しい攻撃にさらされる。

「あれは・・・ただの攻撃用ビームじゃない。コセイダーのエネルギーを吸収してるんだ」
テツ、見ただけでよくわかるな。

「待て!貴様は何者だ!地球を襲った訳はなんだ!答えろ!」
「攻撃の理由は何も無い。私は戦うために作られた兵器、ノヴァだ。到着した星に住む生命体を残らず滅ぼすようプログラムされている」
うわ~。何故か白亜紀を支配したがる間抜けな奴らなら腐るほどいたけど、最後の最後に本当にヤバそうなの来た。

ノヴァ、地球は無用と判断し、太陽を目指して旅を始めました。

「恐竜たちよ、地球の歴史に残る最大の動物よ!お前たちのために私は何ができるというのだ!」
いや、太陽がやられたら恐竜どころの騒ぎじゃないから。恐竜絶滅を救えじゃなくて、太陽系を救えだろこれ。
っていうか恐竜って地球の歴史に残る最大の動物じゃないから!
(と思ったけど、この作品の世界ではスーパーサウルスっていう全長60mの恐竜がいましたね。確かにあれは最大だ)

第五十話へ 第五十二話(最終回)へ

ジュエルペットサンシャイン 第47、48話

■玉子焼きは不良の味イェイッ!

チャロットの親友の黒い奴。これなに?羽蟻?
「チャロットって怒るとすぐ刺しに来るじゃない?」
「親友のあなたがなんとかしなさいよ」
刺すのはまずいだろ、チャロット・・・。

「ち、違うわ。チャロットなんて友達でもなんでもないもん」
うむ。友達は選ばないと。刺す友達はちょっと・・・。

ワニ山対チャロット。
「うるせーな。目が醒めちまっただろうが」
そこに晶子。
これが3人・・・1人と2匹の出会いか。

「ジュエルランドに来たら、もしかしてあたいの本当の友達に出会えるかもしれねえと思ったのに・・・」
ジュエルランドでも居場所のない晶子。
晶子が一番輝くのは無人島ですよね。やっぱ。

晶子の玉子焼きは甘い玉子焼きか。
駄目だ。甘い玉子焼きは認められん。
「ウチはネギ味噌しか認めないっチャ!」
「お子ちゃまだなあ~」
いや、それはおかしいw

ワニ山対晶子。
「ガクト、ギャラクティカスパークリングトルネード!!」
銀河出たwwwww
リンかけwwwwwwwwwwww

ガクト、意外にいい技持ってるなw

「悔しいけど、晶子はウチの大切なマブだちなんだっチャ!」
ピンチの晶子にチャロット加勢。

晶子、チャロットを投げた。ワニ山の・・・股間に当たったwww
なんだこのイメージシーンwwwwww
ワニ山の目がウルウルにwwwwww
「この時、ワニ山の乙女回路に流れた電流がワニ子を誕生させたのでした」
これがワニ子誕生秘話か・・・。
怖いな。股間に蜂が当たらないように注意しなきゃ。


■ルビーが花音でイェイッ!(前編)

いや・・・前後編でやるなら一回にまとめようよ・・・。

ルビーと花音、頭をぶつけて入れ替わり。
お約束だw

「パンツ見えるからやめて!」
「今自分がスッポンポンって分かって言ってる?」
スッポンポンの花音・・・ハァハァ。
マニアックな人が大喜びだなw

花音になったルビー、体に慣れず、まわりのジュエルペットを踏みまくり。
ご褒美?
って言うか、人間とジュエルペットの共存って思いのほか大変だったんだな・・・。

「ちいさいのがチョコチョコ歩いてんのが悪いんでしょ」
花音の体なのをいいことに。
ルビーは地獄に落ちるな。間違いなく。

花音も報復に、ルビーの体で悪事の限りを尽くす。
争いは何も生み出さないってことが良く分かるアニメだw

二人、争いの愚かさに気づいて休戦。

「御影君、おはよー!」
花音の体であることをいいことに、ルビー、御影に接近。
頭から生えてるアンテナなに?w

JJLの招待券。
入園券は100年待ちって・・・人間には無理だw
チターナ、そんな凄いのどこで手に入れたの?

ひまわりの種120個wwwww
すげえwwwww
まあ、100年待ちの入園券ですからね。
それくらいの価値は・・・って全く釣り合ってねえwwww

第四十五、四十六話へ 第四十九、五十話へ

プリティーリズム オーロラドリーム第29話「トリオでジャンプ!Hip Hop Win!」

MARsの新曲!新曲出るのか!
一週間後に新曲発表のショー。
あいら達、楽譜を初めて見たくらいなのに一週間後にショーなんてできるの?練習とかは?
・・・って今更か。このブラック事務所じゃ一週間の猶予があるだけでもかなり凄いことですねw

さらにピュアクリスタルハイヒールカップが近いそうです。
オーロラライジング三種の神器、最後のひとつか。
最後と言っても、ピュアホワイントウェディングはせれのんに取られちゃってるけど。

「ねえ、この新曲の振り付け、私たちでやらない?私、ちょっと考えた振り付けがあるんだ」
りずむが提案。
「巣立ちを迎えた雛鳥が、白百合の香りに目覚めて大空に飛び立つこともある」
「それはいいってことですか?」
りずむ、ちょっとだけ純語理解できるようになった?

りずむのプロフィールを見てる社長。母親の欄は空欄。
鈍さに定評のある社長も、流石に感づいた?

せれのん登場。
セレナって金持ちなんだ。なんか、半額になったお惣菜とかに殺到してそうな感じに見えるのに。
「ラグジュアリーの割りには品がないっチア」
害獣にも言われてるw

せれのん、ハイヒールカップに出るつもりのようですね。もう1人増えるのか。
どんなのが加わるんだろう。

振り付け練習。
久々のギャフン連発w
豪快にぶつかりすぎwプロってもっと怪我しないように気をつけるもんじゃないの?

みおんにお客さん。
ユリさん?
インディアン風のその格好はコスプレ?

「みんな喜んで。ユリさんが振付けを手伝ってくれるの」
「これは私たちで振付けるって言ったじゃない。部外者には参加して欲しくない」
素人が振付けしてもろくな事ないぞ~。素直に協力してもらっとけ~。

りずむとみおん、一触即発。
「ユリさんの振り付けを見せてもらうだけでも勉強になるんじゃないかな。ね、やってみようよ」
あいら、苦労するな。

突っかかるりずむにユリさん、大人の対応。
これはりずむの大人気なさが際立つなあ。

みおんとりずむ、ついに喧嘩しちゃった。


「ダンスはちょっと休憩。息抜きにストリートボールやろうよ」
ユリさん提案。
ふむ。議論が熱くなって感情的になったら休憩を入れて頭を冷やさせるというのはファシリテーションの基本テクですな。
MARs対ユリさん&せれのん

みおん、りずむにパスしない。
MARs、やられっぱなし。
ただでさえ、あいらがハンデになってるのに。

「次のハイヒールカップは絶対に優勝したいの。優勝して、ピュアクリスタルハイヒールのレアストーンをりずむに取ってあげたい。だから、みおん達の振り付けを手伝って!」
みおんがユリさんに振り付けを頼んだ時の言葉。

りずむのことを思ってやったのに、あんなことになるなんて。りずむもりずむだけど、みおんも不器用だなあ。

「あーーーー!私はなんて馬鹿なんだろう!ユリさんの振り付けが私なんかより全然すごいって分かってるのにつまらない意地張って~」
まあ、馬鹿はりずむのアイデンティティでもあるし。

MARs反撃。
ってあの点差を同点まで持ってったのかよ。ユリさん、手を抜きすぎだろ。
案の定あいらは全然活躍してない・・・と思ったら最後の最後でりずむ&みおんがマークされ、あいらにパス。
あいら、ダンクシュート決めたwwwww
あいら、運動音痴設定忘れてる、忘れてる!

りずむの振り付けにユリさんのアイデアで振り付け完成。
新作披露のプリズムショー。
おお、これが新曲か!
りずむとみおんのハートアーチファンタジー。この二人のデュオ技は珍しい気がする。
そして三人技・・・ジャンプで雲の上に出たぞwwwww
「チアフル ヒップ ホップ ウィーーーーーーーン!!」
雲の上に出るところまでは凄かったが意外と地味だw

「これからもぶつかって、ぶつかって、言いたい事言い合いなよ。ピュアなハートがぶつかりあううちは絶対に壊れることは無いよ」
ユリさん、いい事言うなあ。

第二十八話へ 第三十話へ

アイドルマスター 第16話「ひとりぼっちの気持ち」

アバンからいきなり千早の回想。
ついにやるのか?千早の弟話。
ゲームの方のアイマス1でも、千早だけシナリオが重苦しかったんですよね~。

って思ったら響のいぬ美話になった。
犬やハムスターと普通にコミュニケーションしてる響すげえ!
って、凄いのは犬やハムスターの方かも。

響といぬ美が一緒に出るはずだった動物番組。
響といぬ美が喧嘩しちゃったんで、代役に961プロの回し者が来ちゃった。
「ブラックファルシオン三世だ。こんなこともあろうかと用意しておいたんだ」
「よろしくだぞ、いぬ三郎」
響、あくまで自分で名前つけないと気がすまないのか。
いぬ三郎、いきなりおしっこ。
いや、そんなおしっこが広がってくシーンとかいらないから。ばっちい。

響、1人だけどっかに置いてかれた。
さすが961プロ、汚い。
いきなり崖から滑落。
これは961プロのせいじゃないぞ。響が鈍くさいだけだ。

上がれない響。ハム蔵、いぬ美に助けを求める事を提案。事務所にいるいぬ美にどうやって助けを求めるのか知らないが。
「いや、それは駄目だぞ!自分といぬ美は喧嘩中なんだし」
ハム蔵、響きにビンタwwww
いや、その展開はシュールすぎる。

ハム蔵、電車に乗っていぬ美のところまで行くのか。
いや、なんというか・・・突っ込んだら負けか。
まあ、ハム太郎あたりもそれくらいの芸当はやりそうだしな。めちゃモテ委員長のテモテモもいけるかも。

ハム蔵の知らせを聞き、いぬ美、春香を引っ張る。
どうでもいいけど、事務所に残ってたアイドル達、暇そうだよなあ。
とても売れっ子でスケジュールが詰まってるようには見えないw

響の救出に駆けつけたいぬ美たち。動物達みんな来てる。
ワニとか、どうやって来たんだよwww

無事撮影現場に戻り、ジュピターにMCを取られる事態を回避。
動物達も一緒か。
ワニの存在感www

で、結局アバンの千早はなんだったの?

第十五話へ 第十七話へ

【CS】恐竜戦隊コセイドン 第50話「コセイダー 恐竜牧場を守れ」

火山が噴火。
その近くで恐竜牧場を作ろうとしていたキスカという女性を救出に向かうコセイドン隊。

2~2.5次元空間探訪日記
やたら平和そうな光景ですけど、牧場で恐竜を育ててどうするんだろう。
やっぱ食べるんですよね?牛乳とかは出しそうにないし。恐竜。

「あたしここに残るわ!」
キスカさん、怪我をした恐竜たちを置いて逃げられないそうです。
牧場にマグマが迫る。

「俺を撃ち出してくれ」
「馬鹿野郎。コセイダーはマグマの熱には勝てないんだ」
そうなの?コセイダー、いつも物理法則無視してるじゃん。マグマなんて平気平気!

2~2.5次元空間探訪日記
「山よ!マグマよ!鎮まれ~!」
剣から何か出したwwwww
何出したの?

火山、鎮まったようです。コセイダー、呪術師めいてきたな。前からか。

みんな助かり一件落着。
ってまだAパート終わっただけなんですけど。


みんなで喜んでたら牧場から銃声。
恐竜たちみんな死んじゃいました。
「私、もうなんにも信じることができなくなってしまったわ!」
大自然の脅威はなんとか乗り越えたのに人間にあっさりやられちゃったのか。

復讐に燃えるキスカ。
ハンター達の上に落石を降らす。うわ~、ハードな展開になってきた。

2~2.5次元空間探訪日記
ってなんだこれwwwwwwww
シュールすぎるだろwwwwwwwwwww

いっぱいいるハンターを次々襲っていくキスカ。

しかし、キスカ、ついに撃たれちゃいました。
そんな格好してるから・・・。

2~2.5次元空間探訪日記
「さようならー、さようならー」
夕日の中に現れたキスカ。
これもまたシュールな絵だなw

第四十九話へ 第五十一話へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ