プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ちはやふる 第9話「しのぶれど」

かるた部5人揃いました。
太一・・・「器用貧乏なB級です」って酷えwww
肉まんの「B級で一番丸い気がします」も皮肉効き過ぎw

部長は千早以外にしろとの女帝からのご指示。
良く人を見ているw

部長は太一。うむ。適任だ。
千早はキャプテン。キャプテンてw

千早、奏&机君と本気勝負。
手加減無しwww
まあ、千早の師匠は5歳相手でも手加減せん男だったからなあw

奏、太一相手にかるた一枚ゲット!
うおおおおお!!カナちゃん!!!!
太一ショベエwww

合宿。
太一の家でやるのかw
「そうだ!みんなが来る前に太一の部屋見せてよ!」
「あのなあ。男の部屋なんかポンポン入るもんじゃねえし、俺だって入れねえよ」
大人になっちゃったんですね~。太一も千早も。千早はまだ子供のつもりでいるけど。

肉まん君達も太一家に到着。
「俺は生まれて初めて格差社会というものを・・・」
格差社会www

太一のお母さんの写真。
「私はミセスプレッシャーって呼んでた」
ミセスプレッシャーwww
アニメでは太一のお母さんと千早ってあまり絡んでないですよね。

合宿メニューは超スパルタ。二日間で15試合。
一日目、5試合で奏&机くんグロッキー。
「千早、もう今日は終わろう。
 二人がもう限界だよ」
「でも、大会出たらキツイ場面はたくさんあるよ。だから練習を続けなきゃ!」
「千早!一生懸命やってくれてる奴を潰す気か?」
太一、かっこいいなあ。かるた部に入ってからの太一はホントかっこいい。
奏&机君は強引に入部させられたのに、よく千早についていくなあ。

「カナちゃん逃げるよ!いいから隠れて!」
太一ママ急に帰宅。
千早、耳良すぎw

千早はグロッキーの奏をおぶって自分の家へ。
携帯鳴ったら奏、飛び起きた。
どうしたwwwwwww
「さあ行きますよ!千早ちゃん!」

連れてった先は・・・千早の誕生日会。誕生日ケーキ。
チョコのプレートくわえて千早、呆然。
「千早、お前が笑ってりゃ、かるたは楽しい。本当だよ。キャプテン」
ボロボロと涙を流す千早。
いい場面なのに、くわえてるチョコのプレートがwww

太一の携帯にメール。
なんか太一の様子がおかしくなった。
「来たよ。メール」
千早に携帯を渡す。
「太一 この前はごめん。千早に誕生日おめでとうって伝えて。 綿谷 新」
新、生きてたか。
早く復活しないと太一に千早を取られるぞ~。

第八話へ 第十話へ
スポンサーサイト

【のりスタ】リルぷりっ 第35話「魔ペットおてつだい隊☆ぷりっ」

あれ?ズーブルズがない。
あまりにキャラがキモすぎて廃止になっちゃった?
ということで今回はリルぷりっがトップバッターです!

魔ペット達がおとぎの国のアップルパイ屋の手伝いをするの?
「ダイちゃん、間違ってお店のアップルパイ食べちゃだめだよ」
ダイは間違って食べたりなんかしない。
わかってて食べるんだ!

おやつのアップルパイを使って練習。
ダイ、ほんの1m先のレイラのところにアップルパイ届けるのにどんだけ葛藤してるんだよ!!

「アップルパイと紅茶をください」
「アップルパイにはジュースの方が良くないか?」
リョクは提案型の営業なんですね。

ここでひめチェン。
ダイヤダイヤウェイトレス。
ほほお。色味がシックな感じですね。

ってステージが終わったらそのまま終了かよっ!!
ついにひめチェンで何かが解決するというステップもすっ飛ばしたか・・・。
まあ、いつも特に何も解決しないしなあ。

第三十四話へ 第三十六話へ

ジュエルペットサンシャイン 第57話「ミュージカルだよ!イェイッ!」

ミュージカル・・・。ジュエルサイドストーリー・・・。
のっけからガーネット輝きすぎ。
しかし「私たちはキャッツ団」ってゴリラや犬が混じってるのはいいのか?
人間組はドッグス団なの?蜂もいるようだが。

あれ?オープニングのアニメが違う。みんな踊ってる。
そこまでするかw

誰かいないと思ったらルビー、スモーク係かよっ!!

観客席に花音の両親がいる!?
パパ、外人なの!?
ジュエリーナ様もいるw
相変わらずひなた母は目ざとく有名人を見つけてるなw

舞台転換隊:黒タイツ軍団
どういうコネクションでこいつら連れて来たんだよっ!!
転換時のBGM、全員集合かよっ!!www

ルビーも舞台転換隊なのかw
衣装係もやってるし、雑用は全部ルビー?それはそれで美味しいかもw

ダンスパーティー。
なんで八木沼が踊ってるんだよw
ガーネット、下痢?緊張するとお腹にくるタイプなのか。
お花畑が呼んでいるw
退場したwww
ルビーが代役か。
「タマ子、さっきと違うような」
「それがミュージカルってものなのよ」
ちげーーーーwwwwww

御影とルビーの語らい。
「胸に貼り付く納豆が二人を結びつけた」
って、なんか嫌すぎるw

花音とジャスパー乱入。
「カレーに納豆だけは許さないぞ」
って、そこか!!

ルビーから衣装係を引き継いだひなた。
ベルサイユの百合とか書いてある箱持って来たぞwww
百合って・・・いいのか?女児向けアニメでwwwww

めちゃくちゃになった舞台。
「ならば、我々が暗殺します!」
ってひなたwwwww
新撰組wwwww

花音、ルビーのオナラで死ぬのかwwww
「オナラ作戦成功!」
って、成功なのか?これ・・・。

花音の敵討ち。
バズーカwww弾がうん○クッキーwww
ルビー死んだw

御影に抱かれてるルビーを見て死んだはずの花音、たまらず乱入。
ルビー、応戦。
「生き返ったニャン!」
「それがミュージカルってものなのよ」
ちげーーーーーーー!!www

最後はガーネットが小林幸子で乱入か!
バックダンス:梅組メイツ
ってwww
梅組に人間の女子、そんなにいないだろw

最後はタライかっ!!
「やり尽くしたわ。おじい・・・ちゃん」
やり尽くしすぎw

第五十五、五十六話へ 第五十八、五十九話へ

プリティーリズム オーロラドリーム第34話「これって恋!?芸能界ラブバトル」

作画が・・・。
なんか今回のあいら達はガタイがいいですねw

みおん、エイヒレが好きなのかw

一條ナナ。
ショウと共演?
「収録が終わったら、俺の楽屋に来てくれないか?デザインのことでちょっと相談があるんだ」
ショウの方はあいら一筋?
と言うかこのパターン、ホイホイついてくと、またショウがあいらの才能に嫉妬して修羅場になるぞ~。

「好きなの!ナナの恋人はコーリングスのショウじゃなきゃ駄目なの!」
ショウ、ひっぱたかれてる。ざまあw
あいらに嫉妬するまでもなく既に修羅場でした。

あいら、この場面を目撃。走り去っちゃった。
「りずむちゃん、みおんちゃん、あたし、先に帰るね」
りずむとみおん、さらにガタイが良くなったなwww
頭も禿げちゃって。
あいら、鉄アレイ持ってこうとするなwww何と間違えたんだよwww

あいら、気もそぞろ。
「さては、恋の病だね」
高性能弟はなんでもお見通しか!

MARs、いいともに出てるの?
みおんの好みのタイプ。
「年上で包容力があって、ちょっとミステリアスで、教養のある言葉でポエムのようなアドバイスをしてくれる吟遊詩人のような人かしら」
吟遊詩人のような人wwwwww

ショウとナナのハグ写真。
ナナにムゲン・ハグしちゃったのかw

ショックを受けてるあいらに、
「服は胸の内を映す鏡。ただ向き合えばいい。そうすれば運命の糸は心を導くメロディーを奏でる弦に変わる。コンダクターは君だ。さあ、タクトを振れ」
まさに吟遊詩人。純さんカコイイw

ショウに笑顔になって欲しいという願いをこめてあいら、プリズムショー。
ショウの新作衣装で。
おお!あいらからなんか後光が。
眩しいっ!!スターオーラなんてもんじゃねえ!
3人ユニットであいらだけピカピカ光ってるというのもなんかシュールだw
「私、今、恋してる!」
パパ発狂www

「ヒラヒラヒラク恋の花!」
やはりこの技か。

「駄目!まだ止まらない!」
「胸キュン!キュンキューン!体験!キュンキュンキューン」
キュンキュン言い過ぎw

あいらのキュンキュンパワーでナナを撃破。
今回はあいらが全部持って行きましたね。
しかし、りずむがスターオーラを出すのはいつになるんだろう・・・。

第三十三話へ 第三十五話へ

アイドルマスター 第21話「まるで花が咲くように」

IDOL JAM。765プロ全員参加?
ヘアメイク、勝手にキャンセルされちゃった。961プロ、手口が子供のイタズラじみてきたな。
さらに楽曲データに不具合。プロデューサー、音源持ってきてるのか。準備いいな。
音源を渡してもなんか挙動不審なスタッフに、
「俺も行きます」
おお。なんか今回のプロデューサーは一味違う。

律子の方は曲が戻るまでに時間がかかった場合の繋ぎを考える。
いつになく段取りがいいですね。

千早、なんか考えてる?
音がなくても歌う?アカペラってこと?
「まったく、その気なんだったら早くいいなさいよね」
んだ、んだ。
って言うか、まだ千早回続いているの?

スタッフ、アカペラで歌う千早を見てようやく音楽出した。
タイミング悪いって言うか折角だからそのままアカペラで歌わせればいいのに。

ジュピターの方は黒井社長に激怒。
取っ組み合いの様相。
「黒ちゃんを殴っても、なんの解決にもならないって」
いや、解決になると思うぞ。ものすごく。

潮時ですか。ジュピター、意外とあっさり961プロ離脱。
やはりラスボスの器ではなかったか。
って言うか雑誌の表紙を取られたりはしたけど、歌ではライバルらしいとこありませんでしたね。

社長、765プロの面々を政財界の大物がたくさんいる店へ連れて行く。
黒井社長を倒して、ついに本性を現したか~~~!!

って、小鳥さん!?
ここで歌うの!?この人、いつも妄想してるだけかと思ったら歌も歌うのか。
こんなところで事務員をバイトさせてるとか、社長、どこまで外道なんだよっ!!

次回、クリスマス回?
え?クリスマスって都市伝説じゃないの?

第二十話へ 第二十二話へ

ちはやふる 第8話「たえてひさしくなりぬれど」

「肉まん君みーっけ!」
あいつかwww肉まんwww
千早、小学生の頃に一度会っただけなのに、なんで分かるの?
そして、何故偶然同じ高校にいる?
っていうか、肉まん、頭脱色してんの?
なんでテニスラケット持ってるの?なにこのミスマッチ感w

「経験者はかるた部入れ~!」
千早、押し倒すなw

って肉まん、テニス意外と様になってるwww
あの体型で運動神経いいのかw
かるたの6字決まりのタイミングでボール打ってるの?
チャーシューメンとかそういう系?

「千早、お前西田と勝負しろ。
逃げんのか?千早はずっとかるたから離れなかった。努力し続けた奴がどんだけ強くなれるか、自分で確かめてみろよ」
太一、最近かっこ良すぎるぞ。

千早対肉まん。
肉まん強い。
千早、序盤が弱いのは相変わらず?でも笑ってる?わざと取らせてるの?どんだけ強いか見せつけるんじゃないの?

デッドヒート。後半も千早が押されてる。
「良かった!肉まん君がかるたを嫌いになってなくて!」
千早の顔つきが変わった。千早ようやく本気モード?
太一の言葉とは裏腹に実力差を見せつける気なしだったのか。肉まんを熱くさせてかるたに呼び戻す気だったんですね。

「先生、俺、テニス部やめます。かるたやりたいんです!
だってこいつら、俺がいないと部にならないって言うし、俺、やっぱりかるたが・・・テニスじゃかるたの代わりにならないんです!」
あ~、テニスの練習サボって先生に怒られたから。

これで5人揃いましたね。
男性陣は太一以外ロクなのいない気もするけどw

第七話へ 第九話へ

【のりスタ】リルぷりっ 第34話「なぞなぞたんてい リルぷりっ☆ぷりっ」

はっ・・・はははははは走ってる!
レイラが・・・走ってる足が映ってる!!
このアニメではあり得ない大事件だw


「なぞなぞだんからのちょうせんじょう」
シルエットですでに正体が分かるwwwwwwwww

っていうかまた探偵ものかよっ!!

「あたまにかぶるうしってなーんだ?」
んー、牡牛座タウラスの黄金聖衣のヘルメット?

「牛を頭に被ったら重そ~」
安定のレイラ。

「ねるときにつかうけど、じゃまなものは、なーんだ?」
うーむ。最近、寒い時は湯たんぽを布団に入れてるんですけど、あれ、固くて微妙に邪魔なんですよね~。

「えーと、寝る時につかうものは・・・ふあ~、おやすみなさい」
レイラ、ブレなさすぎw

「イスはイスでもつめたーいイスってなーんだ?」
んー、冷凍庫で凍らせたライス?
・・・苦しいw
お米はまとめて炊いて、冷凍庫で凍らせて、毎朝解凍して弁当に入れてます。

「探偵気分でパワーアップしよ!」
ひめチェンか。
分かってる。スマートブリティッシュでしょ?3回目かな。

「やっぱりリョクたちがなぞなぞだんの正体だったのね?」
いや、出た瞬間分かるだろ、普通。

第三十三話へ 第三十五話へ

ジュエルペットサンシャイン 第55、56話

■爆走!ジュエルシューズでイェイッ!

スポーツの秋。ひなた、ペリドットと競争。ペリドット速すぎw
「でも、私ね、将来のためにもっと体力つけなきゃって思ってるの。どうやったらペリドットみたいに速く走れるのかな」
「それなら一度、すんごいスピードを体験してみるといいかも。そうすれば速く走るコツが分かるデェス!」

ペリドット、魔法でジュエルシューズ化。
凄い飛んでる。
「更にフライハーーーーイ!!」
プリティーリズムのフライハイチアガールにかけてるの?いや、それは考えすぎか。

他のジュエルペット達も衣類やらアクセサリーやらに変身。
ルビー、平面ウサギwwwwwwwwww
ど根性wwwwwww
花音の頭の眼鏡はどこから湧いたwwwwwwwwwww

花音に高級プリン食わされて、ルビーもジュエルシューズ化。
そこでワニ山かw
ルビー、全力で逃走。
花音が死んじゃうwww

「ジュエルランドのフンコロガシさんは働き者。今日も朝から大忙し」
このアニメ容赦ねえwwwwwwwwwww
容赦無く踏んだwwwwwwwwww

ルビーシューズ、左右で喧嘩。花音を又裂き。
そのあられもない格好で御影のもとへ。
ホント容赦ないw

「燃えたよ・・・燃え尽きた・・真っ白にな・・・」
BGMwwwwwww
燃え尽きても足は走り続けてるのかwwwww

チターナ、花音の助けに入る。なんか花音の股間が光ったw
「どうでちゅか、花音様。これなら恥ずかしくないでちゅよ」
ふんどしwwwwwwひでえwwwwwww
ペリドット、写真撮るなwww


■フローラの牧場でイェイッ!

なんかアルプスっぽいところでルビーと花音の平和な一幕。
「これはジュエルペットサンシャインです」
そんな注意書きが必要な女児向けアニメってwww

グリーン牧場。八木沼の卒業後の就職先なのかw
フローラとエンジェラ。
やっぱ似てるよなw
フローラっててぃんくる☆ではノンビリした見た目と裏腹にものすごい高等魔法を使いまくる最強クラスのキャラでしたね。

牧場で干し草を運んでるひなた。髪型かわええ。
BGMがハイジっぽいwwwwww
前半のあしたのジョーといい、ホント恐れを知らないな。このアニメ。

エンジェラがフローラと仲良くしてるのでラブラ、嫉妬。
エンジェラの代わりに八木沼に乗るの?w
ラブラ、何故か崖から落ちそうに。
花音が上から引き上げるために走る。なんでみんな魔法で助けないの?

あ、フローラが魔法で助けた。
なし崩しにエンジェラとラブラ、仲直り。

「さあみなさーん、お肉をお持ちしました!」
「ジンギスカン最高デェース!」
フローラって羊だよね?いいの?これ・・・。
と言うかこの牧場に就職した八木沼もいずれ・・・。

第五十三、五十四話へ 第五十七話へ

プリティーリズム オーロラドリーム第33話「あいら in ワンダーガール」

ついにあのOPに出てた謎の少女の登場回!!

いきなり出た。
でかい木をピョンピョン登った。なんという跳躍力!
成層圏までジャンプできないとプリズムスターやってられませんからね~。
運動音痴のあいらだってこれくらいはできるに違いない。うん。

「どうして?この街の風の香り、・・・おもしろい!」
おもしろいってw

うるとえるの誕生日。
「あいら、少しくらい時間作れないの?」
流石高性能弟。妹たちのこともちゃんと考えてるなあ。

プリズムランドへ。
「お姉ちゃま、プリズムランドとプリズムショー、どっちが楽しい?」
「あっはは。そんなの説明しても、うるとえるには分かんないでしょ?」
うるとえる、泣き出してどっか行っちゃった。
気配り上手のあいらも、身内のことだと無神経になっちゃうのね。

「あいら、去年のうるえるの誕生日に話してたこと、覚えてる?」
あいら、自分の誕生日にプリズムランドに連れていってもらった時の話を散々してたんですね。
「ふたりとも、その話を覚えていたんだよ。
最近のあいら、うるとえると、ちゃんと話できてる?」
この弟、どこまで高性能なんだ。

うる、える、でかい木に登り始めた。
それにしてもよく登れるな、あんなの。
「登る?」
あの女の子出た。
「かなめ。久里須かなめ」
かなめちゃんっていうのか。
木とおしゃべりしてるの?なんか、危ない系の人?
いや、まあ世の中には服の声が聞こえる人もいるし、それに比べればまともか。

あいらとかなめ、ご対面。
いきなりあいらの匂い嗅いだw匂いフェチ?
「この香り・・・どうして?あいらの香り、面白い。どうして?」
あいら、餃子でも食べた?

「嫌いなのはいいこと。嫌いは好きのすぐ近くにあるから、嫌いはいつでも好きに変わる。
あいらは嫌いの役、私は好きの役になる」
なんか変なこと言い出した。やっぱり危ない人だ。
かなめ、いきなりあいらに抱きついたwww
「好きが嫌いを抱きしめたら、嫌いは好きと混ざる。好きが強かったら、全部好きになる」
うーむ、純さんを電波にしたような感じ?

「降りてこないなら、こっちから行く」
うる、えるを連れ戻すため、あいら、木に登り始めた。
「お姉ちゃま、運動音痴だから登って来られないよ!」
「危ないから来ちゃ駄目!」
あいらの運動能力はうる、える以下なのかw
成層圏までジャンプできて、ダンクシュートも決められるのに。


「お姉ちゃま、ご、ごめんなさい!ホントは、ホントはプリズムショーもあいらお姉ちゃまも大好きなの」
「プリズムショーをやってるあいらお姉ちゃまは、可愛くてかっこいいって思うの。でも、でも・・・うるたちが知ってるお姉ちゃまじゃないように見えて・・・」

うる、える、落ちた。
あいらも受け止めて落ちた。
「落ち葉クッション」
かなめ、あいら達が落ちることを予測してクッション作ってたの?


うる、えるのお洋服泥だらけ。
「お洋服、怒ってる?」
「ううん。怒ってないよ。うるとえるに怪我がなくて良かったって」
あいらが服と話せるの、家族にも認識されてるのかw
あいら、うるとえるの服をプリティーリメイク。
「お洋服の声が聞こえたの。このままじゃ恥ずかしいって」
かなめが引いてるぞ~。


プリズムランドでスペシャルプリズムショー。
何勝手にやってるの?また社長が即決したの?


「これはプリズムジャンプもすごそうっチアね」
「どうして?」
「ハートのウェーブとジャンプの高さは比例するっチア」
かなめ、ペアチアマスコットと普通に話してるw

プリズムジャンプは・・・「チアフルヒップホップウィーーーーン!!」
確かに凄いジャンプだ。高さが。
なんで雲の上までジャンプできるのに、木には登れないんですかね。


「あいら、・・・どうして?今、私・・・興奮な気持ち」
かなめと一緒にいるのは・・・そなあのOPに出てる謎のサングラスの金髪お姉さんか!!
って、この二人声が被るんじゃないの?大丈夫なの?

第三十二話へ 第三十四話へ

アイドルマスター 第20話「約束」

欝回?オープニングないし。
最終回モード?

車にはねられて死んだ千早の弟。
「すべて、事実です。弟がいたことも、私のせいで命を落としたことも」
「私は歌わなければいけないんです。弟のためにも」

「これがあんたのやり方ってわけかよ!」
黒井社長のやり方にさすがのジュピターもマジギレ。
ゲームだと騙されてたのは冬馬だけで、他の二人は765プロは別に悪徳プロダクションじゃないってわかってたんですよね。ゲームの黒井社長はやたら挑発的な言動をするだけで、別に悪いことはしてなかったけど。むしろ旅行と称して各地をまわりながら地道に才能ある若者を探し求める仕事熱心なキャラでした。

ロリ千早。
笑顔がまぶしい。この頃は明るかったんですね。
「歌えなくなった以上、この仕事を続けていく気はありません」
千早、引退か。
千早から歌を取ったら、もう胸囲くらいしか差別化要因無いしなあ。

千早は風邪でお休みってことにしてるのか。
いつ歌えるようになるか分からないのに、その嘘は墓穴掘るんじゃないの?
週刊誌にあんなこと書かれてたらいろんな憶測を生むのは必至だし、もっとちゃんと説明するべきでは。

春香、千早宅訪問。
「千早ちゃん、弟さんのために歌わなきゃって言ったよね。もっと、簡単じゃだめ?歌が好きだから、自分が歌いたいから歌うんじゃ、駄目なのかな」
そうだそうだ~。春香さんだってあんなに歌が下手なのに歌が好きだから歌い続けられているんだぞ!

千早母登場。
「あの、これを・・・千早に渡してやってください」
スケッチブックを差し出す。千早の弟のスケッチブック。
「あの、これは私が渡すより、お母さんから渡してあげてください。その方がきっと・・・」
春香、やんわり断ったw
修羅場に突っ込むのは嫌だよねw

「あの子のこと、どうかよろしくお願いします」
母、逃げた。

春香、プロデューサーに相談。
「春香の気持ちはちゃんと届いてる。思った通り、体当たりでぶつかってみろ!」
爆弾の押し付け合いかよっ!www

「もう私のことはほっといて・・・」
「ほっとかない!ほっとかないよ!だって私、また千早ちゃんとお仕事したいもん!ステージに立って、一緒に歌、歌いたいもん!お節介だって分かってるよ。でも、それでも、私、千早ちゃんにアイドル続けて欲しい!」
ほっといてもらえない千早。春香さんに目をつけられたらもうダメだ。諦めろ。

このあと流れるBGMが「まっすぐ」なのが泣ける・・・。
「まっすぐ」はアイマス曲の中でも特別好きなんですよ~。

千早、ライブに来た。
春香と目を合わせた時の千早の顔・・・泣ける。
「歌いたいって思ったの。みんなの作ってくれた歌詞と、ゆうの絵を見た時。笑えるのか、歌えるようになるのかも分からないけど、もう一度、やってみようって思えたの」

千早、ステージへ。
声、出るの?緊張の一瞬。
事故のフラッシュバック。
声が出ない。
春香、ステージに飛び出し、歌いだす。
真、美希も。やよい、雪歩、765プロアイドル、みんな出てきた。
やばい。この演出は泣ける。

千早、ソロでサビを歌いだす。見事な声。
これは神回だ・・・。

千早の弟関係では今までかなり引っ張りすぎてたから、期待値あがりすぎて心配だったんですけど、見事にやってのけましたね~。素晴らしかったです。

第十九話へ 第二十一話へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ