プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最近みたアニメのおさらい 4/26~4/29

翠星のガルガンティアが素晴らしかったです。今までも高く評価してましたけど、思ってたよりずっと良いアニメですね~。何気ない日常回なんですけど、レドの心の変化が本当に丁寧に描かれてました。ロボットアニメなのに、戦闘シーン全く無しでこれだけ話が作れるって凄いです。

■電脳コイル(再) 第15話 ○→○
ヤサコが小さい頃迷い込んだ古い空間。鳥居がたくさん立っている石段。4423を探していたイリーガル。ヤサコに襲いかかる黒い影。インターミッション回と総集編を挟んで、ついに後半のストーリーが動き出しましたね。ここから怒涛の展開なんだよなあ。楽しみです。

■ジュエルペット ハピネス 第4話 ○→○
ラブラがるるかと仲良くしようとする動機・・・。宝石集められないからエンジェラ達と遊ばないとか、ラブラどんだけクズなんだよっ!男の子になったジュエルペット達。眉毛が太くなっただけだwww ねね&ルルカは70年代少女漫画かよっ!風と木の詩かよっ!3人娘のパートナー最後の一人はラブラか。ガーネットのポジションのイメージですけどね。まあ、ガーネットも次回パートナー見つけるようですが。

■プリティーリズム・レインボーライブ 第4話 ○→○
プリティートップに接客担当がいなかったり、スーパーでスペシャルな何かを考えたり、折り紙のウサギの笑い方が邪悪だったり、プリティーリズムらしいシュールさが出て来ましたよ~。第一話の印象からもう少し整ったお話になるかと思いましたが、そこはやっぱりプリティーリズムだw あと、いとの立ち位置はラストのあれで決まったかな?赤面しながらいじられる役ですね!

■変態王子と笑わない猫。 第3話 △→○
随分あっさりと小豆梓から建前取り返したな~。取り返したらこのアニメ終わっちゃうのかと思ってました。月子の感情を取り戻す方がメインなんですかね。前半は小豆梓のお話、後半は月子のお話って感じでしたが、自分は月子派かな。

■天元突破グレンラガン(再) 第17話 ○→○
アンチスパイラルと人類の戦い。ニアはすっかり人格乗っ取られちゃいましたね。前回のプロポーズがフラグすぎたか・・・。シモンはロシウに逮捕されちゃうし、展開が重苦しいなあ。癒し役不在。せめてヨーコが戻ってきてくれれば。

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第4話 ◎→○
アニメの世界は言葉の壁が全然無くて羨ましいなあ。外国の子供が秋葉原で成人向けコーナーに迷い込む・・・。悪夢すぎ。いや、ホントそんな事故が現実には起こらないことを強く望みます。ヲタとしてこれ以上迫害されたくないから。

■よんでますよ、アザゼルさん。Z 第4話 △→△
ラスト酷い。いや、これ笑えないから。特に笑えるギャグがあるわけでもないし、なんかイマイチだなあ。

■波打際のむろみさん 第4話 ○→○
雪男(男ですよね?違うかな?)にハーピーまでいるのかw むろみ、相変わらず生態系の底辺すぎる。むろみが陵辱(?)されてる時のイメージにガンバの冒険が混じってたぞw ガンバの冒険ってタツノコプロ関わってたっけ?

■宇宙兄弟 第55話 △→○
やっとこさ総集編地獄から抜けましたね~。風邪を引いちゃった六太の荷物をみんなで分担して進む。ここ、泣けますね~。このありがたさが力になるっていう六太の台詞が良すぎ。アマンティもかっこよかったなあ。

■翠星のガルガンティア 第4話 ○→◎
翠星のガルガンティア、めちゃくちゃいいアニメじゃん!何気ない日常を描いてるだけなのに、ガルガンティアでの生活が魅力的過ぎます。そして、ただ戦うためだけに生まれてきたレドがガルガンティアの人々と触れ合うことで変わっていく過程!真面目なテーマを真面目に描いてて、ロボットアニメにしておくのはもったいないって感じです。

■血液型くん 第4話 △→△
B型やAB型に幹事を任せると合宿自体が流れる可能性があるって酷い言われようだなおいw

■進撃の巨人 第4話 ○→○
訓練シーン、前回で終わりかと思ったら今回も続くのね。もうちょっと展開早いと嬉しいなあ。後半、急に作画が悪くなりましたね。今までがかなり良かっただけに、まだ第4話で崩れ出すと力尽きたんじゃないかと不安になります。まあ持ち直すとは思いますけど。最後、「人類の反撃はこれからだ!」→唐突にうしろに超大型巨人登場の流れは盛り上がるというよりギャグかと思いましたw

■這いよれ!ニャル子さんW 第4話 △→△
暮井さん回かと思って期待してたのに、結局いつものメンバーがドタバタやるだけじゃないか~!暮井さんはニャル子の相談に乗るだけだったし。ニャル子の言葉にショックを受けてる暮井さんは大変良かったけど。暮井さん、いいよな~。真ヒロインは暮井さんかハス太くんでお願いします。

前へ 次へ
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

宇宙兄弟 第55話「遠すぎるゴール」

いや~、随分長いこと歩いてきましたね。総集編という砂漠を。
宇宙兄弟の感想を書くのも随分久しぶりです。

熱を出してしまった六太。
38度9分。本格的にやっちゃいましたね。

全員リタイアするかゴールを目指すか5分で決定。
リーダーのアマンティは・・・
「そうね。だけど私の場合、決断するというよりもう分かってると答えたほうがいいかしらね、六太。六太は歩きます。みなさん、出発の準備を
アマンティかっけ~!!
女性的な柔らかい笑顔をたやさない彼女だけど、中身はめっちゃ男前ですね~。

六太の荷物をみんなが分担。
新田は、自分が携帯探しに付きあわせたのが原因ってことで荷物の半分を引き受ける。
素晴らしいチームワーク。みんな笑顔なのがなんとも言えず感動的。
「ありがてえ~。このありがたさが力になる。最下位でもなんでもいいから絶対ゴールまで歩いてやる。一位と最下位との差なんて、大したことねえんだよ!ゴールすることとしないことの差に比べりゃ!
素晴らしい名言。
もうこのシーンだけで泣ける。

タイトル、遠すぎるゴールという割に前半でゴールしちゃいましたね。
そして、ゴールに降りてくるパラシュート。
パラシュートからローバーが出てきて走りだす。
みんな呆然。

これが次の課題なんですね。一瞬、「残念でした~!ゴールはもう10Km先でーす!」とかいうメッセージが出てくるのかと思って焦りましたw
ロケットから投下されたローバーを自動運転でゴールに向かわせるのが課題。
降りてきたローバーは、一位でゴールしたA班のサポート役が飛ばしたものだったんですね。

六太達のサポート役は今までのチームが誰も選ばなかった余り物。
「俺のスイッチは今オフなんでな。口も出さねえし、手も出すつもりはねえよ」
なんかやる気無さそうなおっさんだw
でも、どうせ滅茶苦茶優秀なんでしょ?

「あ、アマンティ、ちょっと。初めて俺を占った時、ちょっと不穏な顔したろ。あれって、この熱のことだったんだな」
「あ・・・え、ええ、そうね。その通りよ」
これは絶対違うw 六太をもっと恐ろしい災難が待ってるのか。

飲み屋にビンセント。そこに六太達のサポート役。
二人は拳を突き合わせる挨拶をかわす。
何これ。ビンセントにも何かドラマがあるのかな。

第51話へ 第56話へ

テーマ : 宇宙兄弟 - ジャンル : アニメ・コミック

プリティーリズム・レインボーライブ 第4話「プリズムストーン・イースターにようこそ!」

プリズムストーン開店。
中学生をめいっぱい使役してようやく漕ぎ着けましたね。
しかし、店内ガラガラ。お菓子担当とメイク担当の前にマーケティング担当をスカウトしておくべきでしたね。
中学生店長っていうのが話題作りの作戦だったはずですが、なるでは客寄せパンダにはならなかったか。

って、いと、接客しろwww
と言うか今重要なことに気づいた。この店、店長とお菓子担当とメイク担当はいるけど、接客担当がいない!
「人に聞かなきゃ自分が着る服分かんない奴は何着ても一緒」
いと、とことん接客業に向いてないなあ。何着ても一緒でいいんだよ!大事なのは売上なんだから。こういう客は自分の売りたいもの売りつけられる上客なんだからいい気分にさせないと。

「なにかお客さんを呼ぶ方法考えないと査定が下がっちゃうモモ~」
オーナー、声!声!!
っていうか鳥にも査定があるの?

仕方ないのでディアクラウンのイースターイベントをパクる。
マーケティング的には相手と同じ事を後出しジャンケンでやるのは業界1位が取るべき戦略なんだけど。
ディアクラウンのイースターイベントがいかにゴージャスかを目をキラキラさせて語る黄色の子。
「あ~!天羽ジュネ様プロデュースだからこそできるゴージャスなイースターイベントなのです!メルヘン!」
流石黄色だけあってあざといwww

「よーし!あたし、今まで誰も見たことがないようなスペシャルなスイーツ考えるから、なるはイベントが盛り上がるようにスーパーでスペシャルな何かを考えてよ!」
スーパーで考えるのかwwwwwwwwwwwwwwwww

折り紙を折ってるなるのお母さん。
「作りたいものハートに浮かべてうーんと気持ちを込めれば、なるなる素敵なものに、折り紙な~る!幸せウサギがなるの所にこんにちわ~!!」
お母さんが自分の娘になるってつけた時の思いが分かった気がする。いいお母さんだ~。
って、
「ウシャシャシャシャ!!」
ってお母さんが折ったウサギ、笑い方が邪悪すぎるぞwwwwwwwwwwwww
実はこのお母さん裏があるんじゃ・・・。

オーナー、あんの考えた巨大ケーキ案にヨダレ。
食い意地張ってる系のキャラか。
「オーバーッド!トゥーエクスペンシーブ!お金がかかりすぎ~。予算内で考えてプリーズ!」
いつも「クール」しか言わないお兄ちゃん、意外にもお金に厳しい。

プリズムストーンらしいイースターイベント。
折り紙をイースターのカードに。
「しあわせ・・・」
って、りんね、折り紙ウサギ大量に作ってる!
りんね、あの邪悪な笑い方をするウサギを幸せと勘違いしてるぞ!

なるはプリズムショーの衣装デザイン。
「シュガー&チョコカラーのうさみみメイドね。ふわモコのリボンやアクセがとってもチャーミング」
なる、ターゲット層変えやがったwwwwwwww
これは英断。ディアクラウンの土俵では太刀打ちできないですからねえ。
ニッチを狙うのは弱小店が取るべき正しい戦略。しかも店長含めスタッフはみんなJC。これは行ける!

「カードをどうぞだぴょーん!」
あん、ノリノリだwww
この台詞は是非いとにも言わせないと!

ショー開始。
いと、いきなりロック。お客様呆然。プリズムショーを見に来た客にこれはいかん!
どんなに上手くても客が求めていないものにはなんの価値もないぞ!
いと、玉砕。

「お客さん!ハッピーな~る!!」
うさみみ店長のプリズムショー!
って、あんといとは踊らんのかい!3人がうさみみで踊るのを期待したのに~っ!!
複数人でのステージはまだ先ですかね。
それにしても、なるのダンス最高だ~。あんやいとのダンスより表情が断然いい!

プリズムライブにりんね乱入!!今度はなると一緒にギター弾くのか!
りんねはグラディウスで言う所のオプション?
そしてやっぱり今回もりんねがプリズムジャンプ担当。
今度も4連続ジャンプを披露。

「熱すぎる・・・」
いとは熱いってのが口癖なの?
やる気の無かったいとも少しはマシになるかな?

イースターイベント大成功。
いともウサミミメイド衣装着たwwwww
りんねの4連続ジャンプ効果絶大すぎる。

第3話へ 第5話へ

テーマ : プリティーリズム レインボーライブ - ジャンル : アニメ・コミック

ちはやふる2 第16話「みゆきまたなむ」

決勝はじめる前に総集編とかどんだけ鬼畜なのっ!?
って思ったら
「予算が足んなくておまけコーナーの規模縮小!?2時間土8でスペシャル組みなさいよ!ペラ500枚の本も用意してんのよ!千早の話ばっかしてんじゃないわよ!」
いきなり千早のお姉さんが切れててワロタwww

菫の爪のエピソード。このエピソードは良かったなあ。
かなちゃんと菫の名シーン。
「花野さん、私にも今度マスカラ教えてください。睫毛3本しかないので」
「睫毛3本しかない人間がいるわけないじゃないですか!ちょっと見せて下さい!」
いきなりツッコミ入ったwwwwww
つけまつ毛かなちゃん。みんなびっくりしてるけど、相当可愛いだろ!

ヒョロくんと肉まんくんのお姉さんの出会い。
肉まんくんのお姉さん、暴走機関車かよw
ヒョロくん轢いておぶって家に送ってそのまま付き合いだしたのか。
なんというか・・・悪質な手口ですねw

「この第二シーズンでは俺ら全員に関係する大問題が起こった。俺らの知ってる中で、彼氏彼女持ちが唯一うちの姉ちゃんとヒョロくんだけだということだ~!!」
肉まんくんの鋭い指摘w
「んー、でも付き合うって楽しいばっかりでもねえよ」
太一は今は彼女がいないけど、経験者の余裕を見せる。
でも、この作品だと太一はヒョロくんと同じカテゴリーに入れられるのかw

「でも付き合うならやっぱかるた強い人がいいなあ」
「私はやっぱり着物の着付けが自分でできる人がいいですね」
千早とかなちゃんの会話に焦る男ども。
太一&筑波くんはかるたの特訓。筑波くん、千早派だったっけ。
肉まんくん&机くんは呉服の大江で着付け教室を検討。
この二人、まあかなちゃんラブな雰囲気は漂わせてたけど、確定したなあw

ということで。
おまけコーナー縮小といいつつ、かなり楽しませていただきました。
こういう工夫のある総集編っていいですよね。

第15話へ 第17話へ

テーマ : ちはやふる - ジャンル : アニメ・コミック

最近見たアニメのおさらい 4/23~26

ジャイロゼッター、最近盛り上がってるな~。ソウタ、マジヒロイン。りんねピンチ!ジコランの予言からすると、ここから更にドラマがありそうですね。はたらく魔王さま!はシリアス回。この作品はギャグ路線で行かないと魅力が半減する気がするなあ。フォトカノは・・・犯罪アニメっぷりがヤバイですね・・・。

■超速変形ジャイロゼッター 第29話 ○→○
うお~!ソウタ、ついに仲間になった!ここの所めちゃ盛り上がるなあ。カケルとソウタの息のあったコンビネーション。翼と岬くんを思わせますね。このゴールデンコンビの間に、りんね、入っていけるか?りんねピンチ?でももっとピンチなのは立ち位置的にシュンスケか。ギルティスがいなくなってショボンとしてるハルカも見どころでした。ハルカ、いい子だよな~。サトリと交換して欲しい。

■ゆゆ式 第3話 △→△
水着にパジャマパーティーってどんだけ円盤売りたいんだよっ!!相変わらず会話の飛び方が頭おかしくなりそうですが、これはこれで不快って訳じゃないというか、このテンションがだんだん癖になってくるというか、ある意味絶妙なとこ突いてますね。

■あいうら 第3話 △→△
うむ、なるほど、これは太ももアニメなのか。でも、太ももアニメとしてはマシュマロ通信の足元にも及ばないなあ。

■DD北斗の拳 第5、6話 ○→△
あれ?TV版ってニコニコ動画より2話分少ない?TV版だと今回が3,4話なの?いや、単にTV版の1、2話を録画し損ねただけか?ニコニコ動画で見てたものでなんかよく分かりません。アイリがバカキャラになってるwww そして、レイの扱いひで~~~!!これはショックw なんでアイリの下着をしまってる場所そんなに詳しく知ってるんだよw 北斗の兄弟もついに3馬鹿呼ばわりかw

■レッドデータガール 第4話 △→△
なんか学園ものっぽくなってきたと思ったら能力者のバーゲンセール。山伏に陰陽師に巫女?式神が普通に生徒に紛れてるし、なにこの学校。インパクトありすぎです。

■アイカツ! 第28話 ○→○
アイカツフォルダの蘭フォルダの赤面フォルダワロタwww 蘭の赤面写真かわええwww あおいの名カメラマンっぷりはフォトカノの主人公なんか目じゃないぞ!1話の中で準決勝・決勝。無駄に引っ張らないのがいいですねえ。準決勝で負けたあおいの「だって私、いちごのファン1号だよ!」は痺れました。あおい、天使すぎる。

■はたらく魔王さま! 第4話 ○→△
ギャグを・・・もっとギャグを・・・。勇者の子供時代とか、ルシフェル登場とか、今回はかなりシリアス展開でしたね。まあつまらなくは無いんですけど、この作品の面白いのは魔王や勇者がやたら生活感溢れるショボイ生活をしてるところであって、その辺の面白さはギャグ路線じゃないと生きないと思うんですよね~。しかしミキティー、やっぱりエンテ・イスラの人間だったか。どう見ても魔女だもんなあ。

■スパロウズホテル 第3話 ○→△
桜の花びらを落ちる前に取る。はじめの一歩でそんなシーンなかった?あれは葉っぱだっけ。っていうかなんでこの主人公、技使う時は困り顔なの?この困り顔、味がありすぎて困る。花見の場所取り。なんでカモフラージュする必要があるんだよwww 修行時代ってなんだよwww

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第4話 △→△
人間関係と小さな謎解きを絡めた展開ってことでなんとなく氷菓を思い出しました。このアニメはこういう人間関係の機微がテーマなのかな。やろうとしてることはいいと思うんですけど、この作品はなにかが足りないと言うか、今ひとつ乗れないんですよね。

■フォトカノ 第4話 △→△
妹の水着から移った塩素の匂い・・・アバンから既に犯罪臭が。主人公の生徒会長に対する不正登校攻め・・・宿題までやらせるんか。こんな下衆な主人公見たことねえ!妹のスカートたくし上げギリギリ太もも写真。犯罪だ!犯罪アニメだ!主人公、新体操部の後輩に逆に弱みを握られたwww 因果応報wwwwwww

■ちはやふる2 第16話 ○→○
総集編かと思ったらちょこちょこネタを入れてくるから侮れね~!!いきなりかなちゃんの睫毛3本ネタでやられました。でも、決勝戦が始まったここで総集編を入れてくるのは鬼畜すぎる・・・。

前へ 次へ

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

シュタインズゲートの映画見てきた

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ見て来ました。
Scan10057.jpg
まゆしーのステッカーもらいました。
まゆしー派の自分大歓喜。
でも、取り出す時袋の口のところの糊がステッカーに貼り付いて絵がちょっと禿げた(´・ω・`)

映画の方はあれですね、とにかくダルのフォトショ技術が衝撃。
神業だ。

綯ちゃんのトラウマシーンとか、テレビ版では描かれなかった部分もちょっとだけ映像化されてましたね。
自分はゲームやってないからトラウマシーンと言っても噂に聞いてただけですけど。

内容についてはネタバレする気もないのであんまり書かないですけど、結構泣けましたね~。
紅莉栖が岡部と同じような状況に陥ることで、紅莉栖とは比べ物にならないほどの苦難を経験してきた岡部がいかに辛かったかってことが痛いほど分かるんですよね。

ホント、この映画の岡部はイケメンすぎます。

テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル : アニメ・コミック

アイカツ! 第28話「美月とスッポン」

おとめ&さくら、準決勝に進んだいちご、あおい、蘭を祝福。いい子達だ~。
「私も、永遠なる闇からお出ましよ!」
ユリカ様出たw
「それ寮の部屋のこと?」
おとめ、無慈悲なツッコミwww

ユリカ様、クラッカーからドクロとコウモリ出しやがったwww そんなのどこで見つけてきたの?www

準決勝を前に眠れないいちご達とあおい。そこに蘭が。蘭、お泊りモード。
「(カシャッ)いただきました!」
あおい、いきなり蘭の写真撮ったw
って、あおいが撮った蘭の写真かわええwwwwwwww
「アイカツフォルダーの中の蘭フォルダーの中の赤面フォルダーに保存。OK!」
赤面フォルダーwwwwwwwwwww

美月の研究用にあおいが持ってきた資料。
月刊美月wwwwwwwwwww
美月専門誌があるのかよっ!!

美月専用の衣装ブランド誕生。
「トップアイドルにふさわしいロイヤル感」
「ロールパン?」
「きらびやかなジュエリー」
「ゼリー?ウフフフフ」
やべえ。今回のいちご、絶好調だ。

「確かに、美月ちゃんとあたしたち、月とスッポンだね」
「スッポン?・・・って、あれだよね。ツンツンツン・・・一度パクッてしたらぜーったい離れてくれないやつ」
いちごの、スッポンのイメージwww なんかかわええw

3人で特訓。
「美月ちゃんがこう言ってる。アイカツの特訓は基礎的なことも大事だけど、自分に合った特訓を見つけるのも大事だって」

「私、図書館寄っていく」
あおいは、過去のフレッシュガールズカップの研究。これがあおいの特訓か。
蘭はウォーキングの特訓。
「ウォーキング磨けばライブのステージにも生きると思うからさ」
え・・・。

特訓が思いつかず悩むいちご。
「勝ちたい気持ちのまま突っ走ってみろよ」
用務員の兄ちゃんの助言で、いちご、突っ走る。・・・ってはええwwwwww エイトマンかよwwwwwww


ということで準決勝。
ステージ、途中からか。これは珍しいパターン。
あおい&蘭、3回めのアピール失敗。美月&いちごが決勝へ。
都合よく二人がアピール失敗って・・・まあ分かりやすいけどさ。

「アイカツは常に一緒に上がっていけるとは限らない。だからそんな顔しちゃダメ。負けたのは悔しいけど、いちごが勝ったのは凄く嬉しい。だって私、いちごのファン1号だよ!」
あおい、天使や・・・。

あおいと蘭も協力して、決勝に向けてのいちごの特訓。
モグラ叩きなんだこれwwwwww あおいと蘭がもぐらwwwwww 叩かれると><ってなるのがなんかあざといwwwwwwww
あと、手描きのモグラ叩きの絵がいい味出しすぎ。


というわけで決勝。
一回で準決勝と決勝両方やっちゃうのね。盛りだくさんだなあ。
「決勝の前に言いたいことがあるの。私はね、このフレッシュガールズカップを通じて将来組む相手を探しているの。それはあなたかも知れない。だからすべての力を見せて欲しい」
美月、マスカレードみたいにペアのアイドル目指してるの?

決勝のステージ開始。決勝のステージがあるなら確かに準決勝はカットするわなあ。
いちご、3回めのアピール失敗。
美月は限界突破の4回めアピールを当たり前のように繰り出す。
これは勝負にならね~!

負けたけど明るく振る舞ってたいちご。
でも、眠れなくて夜の散歩へ。
「来たのね」
美月もいた。美月も眠れなかったのね。
「確かに星宮は今すぐ私が組む相手じゃない。けれどスッポンのようにこのまま私に食らいついて来られるなら、星宮いちご、あなたは太陽になれるかも知れない

美月が月で、いちごが太陽か~。上手いこと言ったなあ。
星宮いちごの星って太陽のことなのね。

第27話へ 第29話へ

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

最近見たアニメのおさらい 4/20~22

俺妹の沙織・バジーナ回良かったなあ。中盤までは普通にいい話だなあ、くらいだったんですけど、最後、昔の仲間が集まってきた所で涙腺決壊しました。こういう話すごい好きです。

■ジュエルペット ハピネス 第3話 ○→○
ゆるキャラルビー怖いw でも、ショッピングモールの象徴も似たようなものだ。エレベーターにドキドキボタンってなんだこれwwwww このショッピングモールが流行らない理由がなんか分かった気が。ねねちゃん、お嬢様だしビビッドレッド・オペレーションのあおいに似てるな~、と思ってたらネイキッドインパクト使いやがったw 結局元凶はあの趣味の悪い像だったんじゃねえか!!

■プリティーリズム・レインボーライブ 第3話 ○→○
どうやらあのオーナー、1話の最初でりんねと一緒にいた鳥が正体みたいですね。声で分かるようにしてるってことは正体バレは結構すぐなのかな。いとはキーボード担当かあ。バンドではギターなのに。なるがギター取っちゃったから・・・。

■変態王子と笑わない猫。 第2話 ○→△
小豆梓、バイト掛け持ちしてお嬢様のフリしてたのか。しかもいじめられて転校してた?なんか、梓の心の闇が・・・。脳天気なアニメかと思ったら意外と重いんですね。期待してたのとちょっと違うな~。

■天元突破グレンラガン(再) 第16話 ◎→○
成長した!シモンとロシウ、男前になったなあ。シモン、ニアにプロポーズ。プロポーズの言葉かっけ~!でも、ニア、断ったのか。シモン可哀想www ロシウはなんかいけ好かない感じになっちゃったけど、前みたいな関係に戻るんですかねえ。で、最後。ニアが、ニアが~~~!!どうなっちゃうの?これ?

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第3話 ○→◎
アバンから誰だお前。まあ、沙織・バジーナが美形なのは分かってましたけど。ずっと沙織のターン。お姉さんが作ったサークルじゃなくて、自分のサークルを作ろうと思ったのか。眼鏡の秘密も判明しましたね。意外にもいい話だ~。懐かしいお姉さんのサークルメンバーが再び集まって、沙織も新しい仲間を昔の仲間たちにお披露目して、お姉さんから沙織の誕生日おめでとうのカード。このラスト、素晴らしすぎる。

■よんでますよ、アザゼルさん。Z 第3話 △→△
オネエの肛門科医って嫌過ぎるw 痔の出血っぷり凄いなあ。失血死するでしょ、あれ。それにしてもなんで痔だけでお話作ろうと思ったの?まあ、アザゼルさんらしいけど。

■波打際のむろみさん 第3話 ○→○
ムテキングwww クロダコブラザーズネタまで入れてきやがった。そう言えばこのアニメ、タツノコなんでしたっけ。2億年前ってむろみさんどんだけ長生きなんだよ!っていうか水生爬虫類を愛してしまったのかよっ!!恋愛対象、結構なんでもアリなのね。

■宇宙兄弟 第54話 △→△
何回総集編やれば気が済むんじゃ~!!次回からようやく新エピソードスタートっぽいですけど、時間が変わったからって3回も総集編やらんでも・・・。それにしても総集編の時系列があっちこっち飛んで訳わかりませんね。なんでこんな構成にしたんだろ。

■翠星のガルガンティア 第3話 ○→○
海賊でも殺しちゃまずいの?海賊なのに?今回はチェインバーは人を殺さないように支援に徹してガルガンティア対海賊のユンボロ同士の戦いを存分に見せるという趣向ですね。チェインバーなら軽く全滅させられるのに、なんとももどかしい。まあ、チェインバーが本格的に活躍しちゃうとチートすぎるし、それくらいしないとドラマにならないか。しかし、最後ブンブン振り回されて飛んでった女海賊&部下達、どう考えても死んでると思うんですけど・・・。

■血液型くん 第3話 △→△
相変わらず傍若無人なB型。なんかこのアニメ、B型の扱い酷くない?っていうかB型柄悪くない?自分はB型なのでなんか釈然としませんよ!

■進撃の巨人 第3話 △→○
ミカサ、えらく美人になったな~。はやく訓練を終えて巨人と戦って欲しいとは思うんですが、これはこれで面白いというか、一癖もありそうな同期がいっぱい出て来ましたね。芋食べてた女の子馬鹿過ぎるw天然なのかあれ。最後、立体機動を使いこなすエレン達かっこえ~。訓練を終えて、次回からいよいよ本番ですかね。

■這いよれ!ニャル子さんW 第3話 ○→△
どんだけ執拗に最終回ネタ入れてくるんだよ!なんで邪神様のメモ帳が重要アイテムなんだよっ!ドリームなノートってウィングマンかよっ!非実在邪神計画wwwまた際どい所突いて来たなあ。ハス太つえ~~~!!でも変身すると可愛くない。

前へ 次へ

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

プリティーリズム・レインボーライブ 第3話「クロスがいと?COOL&HOT」

3人め、涼野いと回ですね。
開始早々さっそく例のたまごがいとをストーキング開始。

いとのお父さん、ミュージシャンだったの?今はグータラ?
それでツンツンしてるのか。
クロスっていうのはバンドネームなのね。スケート座の聖衣?
いとって呼ばれると怒るのは・・・まあ無理もないか。DQNネームってほどでは無いと思うんですけど。

プリズムトップにりんねがいる。
全然表情がないですね。プリズムジャンプを飛んでた時はあんなに生き生きしてたのに。
オーナーの今度の要求は、メイク担当を探すこと。
あんには、シフォンケーキ50人前試作。
いや、試作なら50人前いらないだろ。
ブラックだ。阿世知社長よりブラックだ。

いとは化粧をしてバンドへ。
お父さんはそれを見ながらお酒飲んでる。大丈夫なの?このお父さん。
って、観客にりんねがいるのはなんで?・・・あれ?消えた!?

お父さん、怪我でギター弾けなくなっちゃったのか。
今は楽器屋に売りに出されているお父さんのギターを売らないでと嘆願するいと。
お父さんが嫌いって訳じゃないのかな。
そこに例によってたまごから孵った鳥が。驚かないのはお約束。

化粧をしたいとを目撃したなる、いとにメイク担当になってくれるようお願い。
「あんたらのお店屋さんごっこに付き合う気はないよ!」
いと、ツンだ。
しかし、鳥の方が先に仲良くなっちゃって鳥達&なるの泣き落としで落ちたw

「それより、ギャラはちゃんと払ってくれますよね」
「もちろん。もしこのお店を軌道に乗せることができたら、特別社員として大人と同じ待遇を受けられるようにしてあげるわ」
ギターを買い戻すためにお金が必要ないと。大人と同じ待遇って・・・このオーナーが言うとめちゃ胡散臭く聞こえるなあw

そして、例によってプリズムショー審査。
メイク担当にプリズムショーができる必要があるのかと。その理屈で言ったらあいらのお母さんもプリズムスターだ。
いとのプリズムショー。
衣装、ちょっとテカりすぎじゃないですかね。このテカり方だと、ちょっとCG臭さが出ちゃうなあ。
いとのプリズムジャンプはクールスプラッシュ。
そしてプリズムライブは、キーボード。
バンドではギター担当なのにキーボードなのか。ギター、なるに取られちゃったもんなあ。
オーナー、思わず「この子もも!?」って口走ってたけど、声おかしくなってるぞwっていうかこの声・・・1話のアバンでりんねと一緒にいた鳥か!!あの鳥がオーナーに変身してるのか!

「ジュエルスピーーーーンクロス!」
いとのフィニッシュは、氷魔法?それとも水晶魔法?めっちゃ攻撃力高そうw

ということでいとが仲間に。
「言っておくけど、あんたらと群れる気はないよ!」
そんなこと言ってるけど、すぐ仲良しになっちゃうんでしょ?なし崩しに。

第2話へ 第4話へ

テーマ : プリティーリズム レインボーライブ - ジャンル : アニメ・コミック

ちはやふる2 第15話「たごのうらに」

かなちゃんの指・・・。すんごい太くなってる。腫れてるってレベルじゃねえ!
「ラッキーなんです!怪我したのがエースの千早ちゃんじゃなくて!スタメンに入れる1年生もいて!いい風が吹いてる!瑞沢が優勝するシナリオです!」
かなちゃんいい子や・・・・゚・(つД`)・゚・
突き指した手で勝利をもぎ取ったのか。かなちゃんの勝負にかける情熱すげえ。

富士崎のオーダー。
顧問の方針で3年生は一人スタメンから外れる。
「鈴木真太、控えにまわって」
富士崎のマナカナの片割れを外した。マナカナwww
同じ顔の選手は二人もいらないですよね~。

屈辱的な外し方をして個人戦で発奮させる顧問の先生の作戦。
冷徹過ぎる。
代わりに入ったのは、2年の山城理音。
明石第一女子戦で観客に混ざってた謎の女の子ですね。

「山城理音。やっぱり選ばれた。恐ろしい・・・。3年の男子、みんなあの子に片思い中。恐ろしい・・・。髪型まで僕の真似。恐ろしい・・・」
真琴、なにを恐れてるんだw
って、こいつ、机くんと話してた時は気がつかなかったけど、オネエ系の喋り方なのね。
真性?

「みんな、よく聞いて。僕は今回、あっちのオーダーを100%当てる自信がある」
机くん、100%って・・・。
「決勝は、双子の片方が外れて下級生が入るはず。それで多分、女子が一人入ってくるよ」
机くん、化け物じみてきたw 今の机くんなら的中率はヒョロくんにも負けないw


富士崎戦開始。
「真太の無念は俺が晴らす!」「俺の無念は俺が晴らす!」
肉まんくんwww 相手が双子の片割れの無念を晴らそうと燃えてる時に、なんか小さいぞwww
太一の相手は主将。新に似てるという理由でトラウマ克服のために対戦相手に選んだの?
机くんの相手は真琴。って、真琴ってもっと凄い選手っぽい演出されるキャラなのかと思ってたら、相手机くん?
意外にやるなあ、とか言いつつも快勝する流れしか見えないじゃん。全然実力見せられないじゃん。

富士崎の選手たち、理音以外は暗記時間に入ってすぐに席を立つ。
「決勝戦まで全5試合。富士崎の3年だって脳は疲れる。覚え過ぎないために席を立つんだと思う。今日初戦の女子だけ残るんじゃないかな」
机くんSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
もう推理とかいうレベルじゃねえ。予言者だ。

席を立った富士崎の選手達はストレッチ。
「なんであんなのが人気あんの?」
真琴、理音についてネチネチ。
「なあ真琴、俺彼女いるんだけど」「俺も」
「俺、シャイニーレインボーちゃん。春クールから」
春クールwww 次元の違う彼女キタコレ。
「うそ!エロムは!?エロムは理音だよな?」
「理音は・・・胸が幼児だ」
富士崎の主将、エロキャラかよwwwwww その手つきやめろwwwwww
富士崎の面々、みんなキャラ立ちすぎだw

「ああ、残念至極。本当は瑞沢のあの子のHカップが揺れるのを目の前で見たかった。仕方がない。ここで勝ったら桜沢先生がFカップ美乳を揉ませてくれるいつもの妄想Aパターンで・・・」
こいつが新に似てるって思った太一、新に謝れwwwwwww

ようやく試合開始。
決勝戦の読手は専任読手、山城今日子。
かなちゃんの憧れの人。そして理音のお婆ちゃん。
悔しがるかなちゃん可愛い。
山城読手がかるた読んだら花が咲いた。なにこの演出w
専任読手すげえ。

って、結局試合始まる前に終わりか~。ここのところ引っ張る回が続くなあ。

第14話へ 第16話へ

テーマ : ちはやふる - ジャンル : アニメ・コミック

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ