プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プリティーリズム・レインボーライブ 第13話「心をつなぐ虹のかけ橋」

いよいよべるたそのプリズムショーかあ~。楽しみです。
べるの控え室。ヒロからもらった薔薇が無残に・・・。一体何があった!?

イケメンの会長(なんの会長だか知らないけど、町内会長って訳ではなさそうだ)、プリズムライブを得点として認めず低すぎる点数をつけた審査員に激おこ。
「その時の盛り上がりだけで点数を上げるわけにはいきません」
うむ。これは審査員側の正論だ。
「その保守的な考えがプリズムショー界を蝕みエーデルローズの一人勝ち状態を招いたのですよ!」
なんかピアノの森みたいな展開になってきたなあ。

「でも、三連続ジャンプが見られなくて残念だわ」
べるたそ、わかなとのすれ違いざまに捨て台詞。煽る煽るw わかなも平気でべるを煽ってるけど、役者が違いすぎる。

べるのショー開始。
ガヤが気合入りすぎだwww
「薔薇の力見せてあげる」
おお~、曲もダンスもガチですな。さすがべるたそ。
なる(電波)-べる(ガチ)
あん(正統派)-わかな(電波)
いと(ガチ)-おとは(正統派)
と、ライバル同士見事に別系統の曲で勝負してるのが面白いですね。

「べるさん・・・あたしと同い年なのにどうしてこんなに凄いの!?」
なる、べるの演技に釘付け。
りんねは・・・泣いてる!?
「寂しい・・・」
感動で泣いてるわけでは無さそうです。
セクシースプラッシュ→情熱のミリオンローズ→夢幻カレイドスコープ
で三連続ジャンプ。ムゲンと来たところで色んな期待が膨らんだけど普通でしたw

「思い知るがいいわ。大会に潜む魔物の恐ろしさ・・・」
べる、なるに憎しみの目を向ける。マモノ・・・普通ならブーメランフラグですけど、なるとじゃ実力差が明らかだからなあ。

続いてなるの番。
拍手もまばら。
「景色が灰色になっていく・・・。全然ハピなるじゃない!」
雰囲気に飲まれるなる。
曲が始まっても演技を始めない。
「歌の色が・・・見えない・・・私、踊れない・・・」
ありゃ。泣き出しちゃった。これがステージのマモノ・・・。マモノ仕事しすぎだ。

なるを見に来たコウジ、ヒロと対面。
「僕はただ、教えてあげたかっただけさ。お前が作った歌で光り輝けるのはこの世でたった一人、速水ヒロだけだってことをな!」
ヒロ、思ったよりガチだったw

「歌って・・・なるのために歌って・・・」
コウジの頭にりんねの声。
「はーっぴーはーっぴーはっぴーなる~♪な~る~はーっぴなる~っ♪」
コウジ歌ったwwwwwwww 自分で作った電波ソングをwwwwwwwwww無駄にいい声でwwwwwwwwwwwwwwwww
これ絶対スタッフ面白がってやってるだろwwwwwwwwwwwwwwwww
ヒロが凄い形相でショック受けてるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
そりゃショックだよなあ。コウジにあんな歌歌われちゃw

「見える!音の色が!プリズムの輝きが!」
なる、いきなり覚醒してプリズムライブ開始。
なんか、腕輪が出現した。伝説のセブンスコーデ!?
ラブリースプラッシュ→100%ピュアピュアアローで二連続。
「みんなの応援が力に!まだまだ飛べる!」
三連続。「ラブリーーーーーーーーーレインボーーーーーーーー!!ラブリー!」
いきなり三連続ジャンプか。主人公補正恐るべし。コウジが羞恥心を捨てて頑張った甲斐がありましたね。
「コウジ君、ありがとーーーーーーー!!」
なる、さらにコウジを公開処刑。

「ヒロ。僕はもう逃げない」
「どうして僕に歌をくれないんだ!この速水ヒロが神浜コウジの歌を一番うまく歌えるのに!!」
ヒロ、お前はアムロかw

採点結果。べる7330カラット。なる0カラット。
なる、規定時間オーバーか。3連続ジャンプは非公式記録。
「べるさん!私、べるさんが言っていたことわかりました!私みたいにちゃんと練習してない人が大会に出ちゃいけないって」
なる、さすが地雷踏みのファンタジスタ。全然練習しないで3連続ジャンプを飛んだことをアピールしてべるさんのプライドをズタズタにwww
「だから、これからもっと練習してべるさんみたいに凄いショーができるように頑張ります!よろしく!」
「ふざけないで!あんたみたいな子、大っ嫌い!!」
あのべるたそが感情をあらわに。なるの地雷踏みスキルすげえ。

わかなとあん。
「あ、あの・・・」
「まさかプリズムショーをやめるとか言うつもり?フン、困るんだよね。あたしより会場盛り上げといてこのままやめられたらあたしのメンツ丸つぶれじゃん」
やばい。わかな株がストップ高。

プリズムストーンチーム、気持ちいいくらいメタメタに負けたけど、それぞれの心に火がついたようですね。
オーロラドリームであいら達がせれのんに負けたときより遥かにメタメタでしたけど、こういうどん底から這い上がる展開大好きです。
ドリーミングセッションに入ってからホント面白かったです。このアニメ。

第12話へ 第14話へ
スポンサーサイト

テーマ : プリティーリズム レインボーライブ - ジャンル : アニメ・コミック

ちはやふる2 第25話(終)「ふじのたかねにゆきはふりつつ」

新の両親。
「ど、どうすんや?あの約束、どう言い逃れするんやし?」
お父さん、まだ言い逃れする気かw

「うちはあんたと二人きりになるのがキツイんやけど。だって、誰が止められるんやし。好きなことで自力であんなに輝いてる子を」
お母さんは諦めたw

新と太一。
「あれ?こういう時はハイタッチやないんか?お前お~、優勝したんやろ?太一。おめでとう」
A級とB級とは言え、優勝者二人かあ。元チームちはやふる凄いなあ。

新と千早。
「優勝・・・おめでとう。どうして?・・・どうして笑えるの?どうして落ち着いてかるた取れるの?詩暢ちゃんみたいな強い人相手に。どうして?私は、あんな顔してしか取れなかったのに」
千早すごい形相。もっと素直に新を祝福しろよ!

机くんと筑波、それぞれC級とD級で優勝。
C級とD級はそれぞれ優勝者が複数いるんですね。それでも瑞沢B級~D級制覇ってすごすぎ。
千早のまわりの人間はどんどん実績残すなあ。千早自身はなんかイマイチなのに。
「でも、ホントはこうなるはずだった・・・」
各階級優勝の目標、言い出した本人が潰しちゃいましたね。


千早、内軟骨腫であることが判明。骨が軟骨化してるのか。
ということで手術。全身麻酔で一週間入院。指だけなのに全身麻酔なのか。
入院中、新に電話。
「分かりやすく言うと、かるた強くなりたいんだけど」
分かりやすすぎw
「俺な、公式戦でも練習でも、試合する時はいつもあの部屋に戻るんや。誰が来てもなんにも怖くない、嬉しくて楽しくて終わって欲しくない、千早とかるたしたあのボロいアパートの部屋」
新が笑っていられるのはあの体験のおかげかあ。
千早もその体験を共有してるんだから、新と同じようになれるはず!

「よく分かんない。よく分かんない気持ち。でも、私は一生、かるたが好きで、新が好きなんだ!」
ぎゃああああああああああ!!太一~~~~~~~~~!!


かるた部の面々、千早のお見舞いへ。
肉まんくんの服の絵柄wwwwwww マンガ肉かよwwwwwwwwwwwww
千早、短歌の宿題やってる。
・ひさかたの光激しき夏の日にしずこころなくアイスを食べる
・しのぶれど思い出してる詩暢ちゃん今頃練習しているのかな
ひでえwwwwwwwwwwwwwwwww
「いやあ~」
って千早照れるなwwwwwwww

・夏の日の暑さとどかぬ室内で君の言葉の届くしあわせ
・この角を曲がってふっと会えるかな奇跡か夢かそういうの待ち
ぎゃあああああああああああ!!太一~~~~~~~~~!!
かなちゃん、千早の気持ちに気づいてしまった・・・。

お見舞いからの帰り道。
かなちゃん、なんか思いつめた顔。
いきなり太一の背中をバンバン叩きだす。かわええ。
「頑張らないと!部長!お見舞いだって、別に私誘って行かなくてもいいんですよ!千早ちゃんきっと、いつまでもアンポンタンじゃないですよ!!」
かなちゃん、凄い必死。天使すぎる・・・。

「綾瀬さん、今度一泊で富士崎のかるた部の合宿に来ないかしら?」
桜沢先生のお誘い。
千早と太一、二人で合宿へ。他の人達は用事で来られないのか。
「部長、一年生には私がうまく誤魔化しときます。静岡には是非二人っきりで!!」
かなちゃんwwwwwww お節介wwwww 天使だ。

ここで第二期終了。
第三期は冒頭から太一が男を見せるのか?それともヘタれるのか?
第二期、途中かなりスローペースになって個人戦の最後まで入るのかすごく心配になりましたけど、なんとか終わってくれましたね。
面白かったけど、もう少しテンポが良ければなあ。
第一期もそうでしたけど、千早は肝心な時に体調が万全じゃないし、勝ったり負けたりでどうも今ひとつ突き抜けられないですね。その代わり太一が鬼神の活躍を見せてくれたから満足ですけど。
太一はホント頑張ってほしいなあ。新なんかに負けるな~!!

第24話へ

テーマ : ちはやふる - ジャンル : アニメ・コミック

最近見たアニメのおさらい 6/25~6/27

ここのところアイカツ!が神回続きでヤバイです。蘭がトライスターのオーディションに合格したのも衝撃でしたけど、それを蹴っていちごのところに戻るとはなあ。まさに衝撃の展開の連続。苦しむ蘭の描写が秀逸でした。そして、春クールが終わり、続々と最終回になる作品が出て来ましたね。はたらく魔王さま!はホントいい作品でした。ゆゆ式もなにげに良かったなあ。あの会話が麻薬のように効いてくるんですよね。

■超速変形ジャイロゼッター 第38話 △→△
キメライガーの槍www カケル死ぬだろあれ。なんで生きてるの?というかイレイザーキングは何がしたかったの?思わせぶりな言動の割に何もしなかったような・・・。

■ゆゆ式 第12話(終) ○→○
最終回なのに平常運転すぎる。3人娘がいつもの1.5倍増しで笑い上戸だったけど。この3人がゲラゲラ笑ってるとそれだけで幸せな気分になりますよね。このアニメ、最初は箸にも棒にもかからないアニメだとばかり思ってたんですけど、独特の会話のテンポが麻薬のように効いてくるんですよね。今にして思えば素晴らしい作品でした。はやく第二期お願いします!

■あいうら 第12話(終) △→△
1話と同じ展開を3人でやるのね。やりたいことは分かりますが・・・内容がねえええええええええええ!!っていうか蟹は!?最後まで蟹が出てこないってどういうこと!?いや~、この作品、たまに面白い回もありましたけど、総じて内容が無かったなあ。太ももの作画は凄かったけど。

■DD北斗の拳 第25、26話(終) ○→△
最後までくだらね~!!まあ、このくだらなさが癖になるんですけど。この作品、微妙回も多かったですけど、面白い回もかなりありました。面白いというかくだらなすぎて笑うしかないというか。別に北斗の拳である必要はない気もするんですが。あと、これ、15分番組で良かったよなあ。

■アイカツ! 第37話 ◎→◎
神回が続くなあ。まさか蘭がトライスターを脱退していちご達に合流するとは・・・。結果的には元の鞘におさまっていつもの3人組になる訳ですけど、ただこの3人が組んでもただの既定路線としか思えませんからね。紆余曲折があって蘭が苦しんだことで初めてソレイユが特別なユニットになるってことですよね。ホント、ここのところどんでん返しの連続で面白いです。

■はたらく魔王さま!(終) 第12話 ○→○
最後は日常回で締め。勇者もそのうち魔王組かあw このアニメ、間違いなく今期ダークホース枠決定ですね。全くノーマークでしたけど、かなり面白かったです。魔王が主人公の作品は数あれど、ここまで律儀に真面目に働く魔王って斬新すぎ。今期はガルガンティアの次くらいに楽しみにしてた作品でした。

■スパロウズホテル 第12話(終) △→△
最後はオチましたね。佐藤さんが。いや、跳んだのか?途中からいきなりキャラデザが変わったり、わけの分からないアニメでしたが、結局何してもつまんないままでした。

■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第13話(終) ○→△
腐女子暴走しすぎwww 文化祭は色々あったけど、体育祭は単純に馬鹿な話でしたね。最後は肩の力を抜いてって感じ?この作品、最初は色んなラノベの要素をいいとこ取りしただけって印象で、優等生的に上手くまとめてはいるけど独自の面白さが何もないって思ってたんですけど、途中からそうでもないことに気づいて割りと評価上がって来ました。由比ヶ浜さん可愛かったし。なかなかいいアニメだったと思います。

■フォトカノ 第13話(終) △→○
あの日に芽生えた妹への感情・・・。今回も変態度たけえw でも血がつながってないんですね。主人公、それ知ってるのか。それは変態とは言えない。この回見ちゃったらもう妹ルート一択じゃん。新見さんに刺されるのは怖いけど。この作品、突き抜けた変態っぷりと主人公の下衆っぷりがやばかったですね~。特に下衆の方。こんな下衆な主人公初めて見ましたw 頭おかしくてぶっちゃけ嫌いじゃなかったですけど、やっぱりこれ地上波で放送しちゃいけないよなあ。

前へ 次へ

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

アイカツ! 第37話「太陽に向かって」

スターライト学園を揺るぎない存在とするためユニットをもうひとつ作る。
メンバーはいちごとあおい。
学園長、本人たちに知らせずにいきなりテレビで発表するんかいっ!!
本人たちの意向は無視かいっ!!

いちごのコメント。
「嬉しいです!嬉しすぎて校庭を走り回りたいくらいです!」
あんた、いつもアイ!カツ!アイ!カツ!って校庭走り回ってるじゃん。

「見て。新ユニットの誕生よ」
美月、蘭に新ユニット誕生のニュースを伝える。
「良かったな、いちご、あおい」
蘭、祝福してるけど、内心「ああ~!こっちのユニットが良かったなあ~!」って思ってない?いや、実際すごい複雑だと思うんですけど。

「メールしたいけど、メール来ないってことは忙しいんだよね」
忙しい蘭に遠慮してメールを出さないいちごとあおい。
「来てないか。真っ先に知らせてくれると思ってたんだけどな。ま、忙しいよな。・・・なんなんだ。この気持ち・・・」
蘭はメール待ってる。
なにこのすれ違い演出。

ユニット名は二人で決める。
名前は「ソレイユ」
悪くないけど、いちごのユニットとしてはオサレすぎない?
今度は真っ先にメールで蘭に報告。
「いいと思うに一票。二人にぴったりだと思う。・・・二人に、か・・・」
蘭、やっぱりちょっと疎外感感じちゃってますね。

「蘭、大丈夫?」
美月、浮かない顔の蘭に声をかける。
「だ、大丈夫です」
「大丈夫じゃない顔に見えるのは、気のせい?」
今までずっと蘭を放置してた美月、ついに声をかけた。
蘭を放置するのは美月の方針かと思ったんですが、余程まずい状態だと判断したんですかね。

「蘭、今月影さんに聞いたんだけど、今日ここで星宮と霧矢のリハーサルが入ってるそうよ。それに明日はユニット結成初ライブって聞いてるわ。こちらの本番が早く終わればギリギリ会えるかもしれないし、喝入れに行ってあげたら?」
美月、優しい。
でも、ギリギリって・・・。フラグっぽい。

蘭、本番でミス。
「さっきはすみませんでした」
「あなたらしからぬミスね」
美月、こういう時は優しい言葉はかけないのね。蘭はプロですからね。

蘭、いちごやあおいに会いに走る。
でも、二人は既にいない。切ねえ~~~~!!
「ああ蘭さん、ちょうど良かった。これ、いちごちゃんとあおいちゃんから預かったんだけど」
二人の連名の手紙とスタミナジュース。
蘭、なんか泣いてる?もう限界っぽい?

「あの、今日はミスしてすみませんでした」
蘭、再び美月に謝る。
「謝らなくていいのよ。あなたは私のためにパフォーマンスしてるわけじゃないでしょう?」

「美月さんの言うとおりだ。いつからだろう。前のあたしはこんなんじゃなかった」
思い悩む蘭。

美月とかえで、たこ焼き&お好み焼きを食べに大阪の街に繰り出す。
「じゃあ蘭呼んでくるね」
「待って、かえで。蘭だけど、誘えば来ると思うけど、それじゃいけない気がするの。私間違えてたわ」
間違えてた・・・。美月、どう答えを出したんだろう。

蘭、ソレイユの名前の発表にかけつける。
抱き合う3人。
「あたし、トライスター、やめてきた!」
「みなさん、突然ですが、この場を借りてご報告させていただきます。私、紫吹蘭は、トライスターを脱退いたしました」
えええええええええええええええええええ!?
トライスターって3つの星ってことじゃないの?二人になっちゃっていいの?

「自分達の道は自分達で決める。素敵じゃない?」
学園長も公認か。

最近のアイカツ!は激動の展開すぎるぞ~~~!
でも、元の鞘に収まりましたね。
3人でOP曲でライブ。衣装も合わせて。今までもこの3人のライブは何度もあったけど、今回初めて本当にユニットになったって感じがします。

蘭を決心させた、美月からのメール。

蘭へ。
私決めたよ。
蘭の心に、これ以上雨が降らないように、蘭にはトライスターを外れてもらいます。
あなたには太陽のもとでかがやいてほしいから!
私の夢であなたの夢を振り回してしまって、ごめんなさい。
いつも、夜空からあなたたちをみています。
行く道は違っても、お互い同じ空で輝きましょう。

美月、本当に周りの人のこと考えてるよなあ。

「頑張ろう!」
蘭、いちごやあおいと手を合わせる。
「頑張ってね、じゃなくて、頑張ろう。私が探してた言葉・・・」

これは余韻のあるいい終わり方だ~。
最近のアイカツ!、えらくノッてるなあ。脚本さん、楽しいだろうなあ。

第36話へ 第38話へ

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

プリティーリズム・レインボーライブ プリズム☆ソロコレクション買って来ました!

Scan10061.jpg
プリティーリズム・レインボーライブ プリズム☆ソロコレクション。
なる、いと、あん、りんねのマイ・ソングを収録したCD。

Scan10062.jpg
Scan10063.jpg
Scan10064.jpg
Scan10065.jpg
カスタムジャケット仕様で、好きなキャラを表紙にできます。
なかなか粋なことをやってくれますね~。
みんなかわええ。

DVDもついてます。
内容は、加藤英美里、小松未可子、芹澤優がプリズムストーンショップでひたすらはしゃぐという、声優ファン狙い撃ちなもの。
加藤英美里小さい。なると一緒だ。
ゲームで負けた加藤英美里、罰ゲームでプリズムジャンプw
ムチャぶりすぎwww オーロラドリームのイベントでも、コーリングスの声優さん達がやってたなあ。プリズムジャンプ。罰ゲームでプリズムジャンプは最早プリティーリズムの伝統か。

CDの方は、フルでマイ・ソング聞き放題はいいとして、各曲の前にキャラの挨拶が入ってるんですが、マイ・ソングより挨拶の方が長いwww
どんだけ挨拶頑張ってるんだよっ!!
りんねの挨拶だけ短いのがキャラの特性を反映してて面白いです。
その代わり、りんねのマイ・ソングは他のキャラより長いんですよね。それにしても佐倉綾音、歌上手いなあ。っていうか英語の発音がいい。

第三期はキャラクターソングのCDが出るのが早くて嬉しいです。
第二期からガラッと方向性を変えて、最初から大きなお友達を意識してる感じですね。

テーマ : プリティーリズム レインボーライブ - ジャンル : アニメ・コミック

最近見たアニメのおさらい 6/21~6/24

俺妹、あやせの告白は泣きました。あやせ、絶対いいお嫁さんになるのに。京介、もったいない事を。俺妹、終盤に来て神回ばかりですね。さすがです。プリティーリズム・レインボーライブも良かったなあ。あんとわかなの対比がホントによく描けてました。

■ちはやふる2 第24話 ◎→○
新つえーーーーーー!!まさかクイーンを倒しちゃうとは。クイーンが熱があったって展開はどっちが勝ってもモヤモヤするからどうかと思うんですけど。この作品そういうの多いよな~。今までクイーンの唯一無二の強さが強調されてきて、クイーンを一人にしちゃ駄目だっ!ってやってきたのに、新があっさり勝っちゃうのはなんか複雑です。高校生編全然出てきてなかったから、なんかぽっと出のキャラにクイーンがやられちゃった感じで。

■ジュエルペット ハピネス 第12話 ○→○
ローサとサクランがそっくりって、そっくりってレベルじゃNEEEEEE!!アクセサリ外したら全く見分けつかんぞ。デザイナーもっと引き出し増やそうよ!サンゴ、サクラン、ローサでユニット結成。和スイーツエンジェルゴクローサン?何故ゴクローサン。しかしサンゴとサクランの組み合わせはヤバイ。サクラン喰われるぞ。アーベル程度の雑魚キャラwww ジュエリーナ様、教頭の扱いヒデエwww

■プリティーリズム・レインボーライブ 第12話 ○→◎
二連続ジャンプに逃げて高得点をマークしたわかな。果敢に三連続ジャンプに挑戦して敗れたあん。この二人の対比が素晴らしかったです。この試合、両方にとって辛い結果になりましたね。悔しくて号泣したあん、勝ったのにモヤモヤと嫌な気持ちになってしまうわかな。二人の気持ちが良く描けててホントいい話でした。

■変態王子と笑わない猫。 第11話 ○→○
つかささん、写真のイメージと違いすぎw 一応中身は優しい。つかささん、やっぱり月子達と暮らしてなかったのか・・・。そして、幼い陽人がほぼ息子状態。鋼鉄さんの記憶が間違ってたってこと?過去に戻って謎が解けるかと思ったら、ますますモヤモヤします。

■天元突破グレンラガン(再) 第26話 ◎→○
正直、スケールがでかすぎてもう何がなんだか。Bパートに入っていきなり作品がドロボウものになっちゃってさらに何がなんだか。ブータがいきなり人間型に変身して喋り出した。滅茶苦茶だ~。

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話 ◎→◎
引っ越しパーティーこえ~~~!!色々一触即発すぎる。京介、どんだけ全方位でフラグ立てたんだw この修羅場展開にあのあやせがタジタジになってるw あやせと共同生活!?京介羨ましすぎる。これなら殺されても本望だろう。って、あやせ、ついに告白!?いや、マジで殺されても本望だろ~。なんで京介、振るんだよ~!!この告白シーンは凄かったなあ。ボロボロ泣いちゃいましたよ。最後のキスも切なすぎ。

■よんでますよ、アザゼルさん。Z 第12話 △→△
壮絶なNTR展開。キヨコは分かるけど、お母さんまで寝とるとはインキュバス半端ねえw まあ、悪魔だしなあ。アザゼルさん、最後まで卑屈だったなあ。それにしても芥辺さんの優しさ厳しいw

■波打際のむろみさん 第12話 △→△
アバンから飛ばしすぎwwwwww これもう親の前じゃ見られないな・・・。本編も富士さんの乳、執拗に描きすぎだ。なのに奇乳すぎて嬉しくない。 っていうか何この尾びれプレイ。マニアックすぎてついていけんわ!! 予告wwwww アザゼルさん言ったぞwwwwwww

■宇宙兄弟 第63話 ○→○
シャロンおばさん、せりかのお父さんと同じ病気みたいですね。月に望遠鏡を作るという六太の約束、お父さんと同じ病気の人を治したいというせりかさんの夢、二人が宇宙を目指した理由がシャロンおばさんに繋がりました。絶対に宇宙に行かなければならない理由ができて、いよいよ盛り上がってきそうです。

■翠星のガルガンティア 第12話 ○→○
「チェインバー、お前とストライカーの戦力比は?」レドのこのセリフ聞いた時は痺れたわ~。もうちょっとグダグダするかと思いましたけど、レド、決断早かったですね~。燃える展開になってきました!ここに来て初めてロボットアニメらしいバトルに。女海賊もつええええええwwwwww クーゲル中佐、大方の予想通り死んでましたね。ストライカー、パイロット支援システムの分際でなんだあんな行動に出たんだろ。

■血液型くん 第12話 △→△
献血かあ。以前成分献血で貧血起こして以来、どうも怖くて行けないんですよね~。B型の血液って大抵足りてるし・・・。

■進撃の巨人 第12話 ○→△
ええーい、エレン、さっさと出てこんか~~~!!と叫びたくようなお話でした。っていうか1話使ってもまだ出てこんのかいっ!!いくらなんでも展開遅すぎです。まあ、精鋭班の連中やジャン達が戦闘で頑張ってくれたから然程グダグダにはならなかったですけど。

■這いよれ!ニャル子さんW 第11話 △→△
おお。暮井さんがついに告白を。積極的な暮井さんかわええ。でも惚れ薬で告白というのもなんか不幸。

前へ 次へ

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

ヤマノススメ イベントチケット当選!! & 飯能市巡礼してきました

前にヤマノススメのBD買いましたって記事を書きましたけど、これについてた12/1のイベント抽選券、抽選発表が6/25だったんですけど、当選メール来ました!!!!!!
第二部、18時から。
実は日曜日にイベント当選の願掛けを兼ねて飯能市を巡礼してきたんですが、その甲斐ありました。
私はあんまりこういうイベント行ったことなくて、前に一度だけ、プリティーリズム・オーロラドリームのイベントに行ったくらいなんですよね。そんな数少ない参加イベントが両方阿澄佳奈絡みというのは何かの因縁なんだろうか。

とういことで飯能市巡礼レポートなどを。
Scan10060.jpg
飯能市巡礼ですが、この「飯能市舞台探訪マップ ヤマノススメ」が超スグレモノで、これに書いてある道順どおりに歩けばひととおりのポイントを回れるようになってるんですよね。
飯能市のサイトにPDFが公開されてるんでこれをiPadに入れて出発。
途中、飯能中央地区行政センターで白黒印刷されたものをゲット。
さらに天覧山入り口のTimesでカラー版をゲットしました。
やっぱりなんだかんだ言ってもこういうマップは紙が一番扱いやすいです。

DSC00915.jpg
DSC00916.jpg
DSC00917.jpg
ということで飯能銀座から回ります。
あちこちにヤマノススメの絵が描かれたポスターが貼ってありました。

DSC00918.jpg
飯能中央地区行政センター。

DSC00919.jpg
巡礼ノートがあると書いてあるので入ってみると・・・

DSC00920.jpg
筆記用具等はありましたが肝心のノートが見当たらず。あれ?
とりあえずここで白黒のマップをゲット。

DSC00921.jpg
観音寺の象。なんか目の辺りが怖いんですけど。

DSC00925.jpg
DSC00929.jpg
飯能河原です。
アニメと同じく、たくさん人が集まってバーベキューしたり水遊びしたりしてました。

DSC00930.jpg
飯能河原の蕎麦屋で贅沢に天然鮎などを食べてしまいました。

DSC00934.jpg
ここは第一話でひなたがあおいを引っ張りまわすシーンで出て来ましたね。

DSC00937.jpg
天覧山の登山口にあるコンビニTimesです。
巡礼ノートがあるらしいので入ってみます。

DSC00953.jpg
こっちはちゃんとノートがありました!
ところで、何故うめてんてーのサインが?

DSC00954.jpg
原作者のしろさんの絵も飾ってありました。

DSC00940.jpg
天覧山の登山口です。
天覧山。標高197m。東京タワーの展望台より47mも高い。

DSC00943.jpg
すぐ登れる山ですが、それなりに傾斜もあって、山を登ってるって感じではありました。

DSC00944.jpg
もう山頂。20分もあれば登れる感じ。

DSC00945.jpg
天覧山からの風景。あいにくの曇りでアニメのように富士山は見えませんでした。

DSC00950.jpg
天覧山山頂。

DSC00955.jpg
アニメではヤマコーという名前で出てきていたヤオコー。
あおいが食材の買い出しをしてたスーパーですね。

DSC00957.jpg
あおい達の学校のモデル。

DSC00960.jpg
第一話、ひなたがあおいを引っ張ってく場面で出てきた踏切。

10:40くらいに飯能駅について、15:00くらいに回り終えました。途中ご飯を食べてたりしたから、回るだけなら3、4時間ってところですね。
マップもスグレモノだし、お手軽に巡礼できていい感じです。
でも、ヤマノススメ巡礼ってことだと高尾山に行かないと片手落ちですかね~。
第二期が来たらもっと難易度高い山も出てくるのかな・・・。

第一期BD発売記念イベントへ

宇宙兄弟 第63話「若き日のドキドキ」

「宇宙飛行士として認定されるためにはジェット機T-38の操縦資格が必要だ」
ってこれ、実際にそうなんですかね?
毛利さんとかもジェット機操縦できるの?って、ちょっと調べたら操縦できるらしいですね。すげえ。

シャロンおばさん、大御所っぽい感じのモリソンさんの支持を取り付け、希望の光が見えて来ましたね~。
でも機内でCAから貰った水を落として死亡フラグ。
持ち上げて落とす嫌らしい展開。

シャロンと日々人、再会。
「さっきのシャロンの手、全然力が入ってなかったな」
日々人も何か気づいた?
シャロン、今度は足に力が入らず転倒。
転倒したら若いころの回想シーンへ。
そのタイミングでその回想は限りなくヤバイ。

「あの、先生、病院に行きましょう」
「どうして?怪我はしてないわよ」
「いえ、体調を見てもらいに」
「やだ」
シャロンさん、ヤバイ病気だって分かってる?
でも病院行ったんかい!
シャロンさん、子供みたいなこと言ってたけど大人だ。
検査は異常なし。
藪医者が~。

六太達アスキャン、日々人を呼んでパーティー。シャロンおばさんも参加。
せりかさん感激。
シャロンおばさんとアドレス交換。
せりかさん、シャロンおばさんのボロボロの携帯にドッキリ。やっぱり怖いですよね~。ボロボロの携帯。
せりかさんのお父さんの思い出。
「ねえお父さん、なんで携帯そんなボロっちくなってるの?」
「ん?ああ、これな、なんか最近よく落としちゃうんだよなあ。手からすっぽり抜けちゃって」
お父さんと同じ症状!?

「あの、唐突ですが、どちらかの足の力が弱く感じたりすることってあります?」
「え・・・?右・・・かな」
「あの、シャロンさん、ちょっと失礼ですけど、腕を見せて貰えますか?」
発症の確認方法。腕を叩くとピクピクしてる。
「シャロンさん、明日、朝からもう一度病院へ行きましょう。今度は神経内科へ。私も、同行します」
あ~、これは確定っぽいですね。ALSか。

せりかさん、お父さんと同じ病気の人を治すために国際宇宙ステーションを目指してるんですよね。
凄い因縁。
シャロンおばさんに月に望遠鏡を立ててやる約束をした六太。
お父さんと同じ病気を治す研究をするために宇宙飛行士を目指したせりかさん。
どちらもシャロンおばさんに繋がるのか。

第62話へ 第64話へ

テーマ : 宇宙兄弟 - ジャンル : アニメ・コミック

プリティーリズム・レインボーライブ 第12話「はばたけ!勇気の羽」

あんとわかなの宿命の対決ですね~。
おとはがあれだけ強かったんじゃあんの勝ち目無さそうですけど、ドSのわかなにあん、どんだけ凹まされるんだろう。ちょっとドキドキ。

カヅキ先輩、馬鹿でかい横断幕と馬鹿でかい声であんを応援。カヅキ、クールそうだけど、こんな奴だったのか。
プリズムショー中にりんねに痛いって言われただけのことはある。
わかなとべる、試合前に会話。
なんかおとはの目がヤバイんですけど、おとはどうしたw プリズムショーで力を出しきって脱力してるの?わかながべると仲良くお話してるんで嫉妬してるの?
「そうだ、今日3連続ジャンプ飛んじゃおっかな~」
「わかな、私達はエーデルローズ。失敗しないでね」
べるさん、わかなに釘刺した。わかな、ショック受けてたけど、失敗したことあるんですかね?

わかな、なんかナーバスになってますね。
若干失敗フラグ立ってる?
わかなのプリズムショー開始。
ニャンニャン♪ニャンニャンニャニャン♪ってなんか予想外の曲調だwwwwwwwwwwwwwwwwwww
わかな、なると同じ電波系ソングか!
エスニックスプラッシュ→目覚めのフラワーワルツで2連続。ニャハ!ってその顔あざとい。
そして3連続・・・
「失敗しないでね」
べるの言葉がフラッシュバックして寸止め。
べるの不敵な笑い。
べる、子分が自分と同じ3連続ジャンプを飛ぶのは気に食わないの?

「心の壁」
りんね、ポツリとつぶやく。
「あいつ、逃げたな」
カヅキ先輩も。
わかなは不敵な言動が多いけど、心は意外とデリケートなのかも知れませんね。

「私、今のままじゃわかなに勝てない」
あん、現実を思い知ったようですね。
ダンスの精度、ステップ、スパイラル、どれをとってもあんより上のわかな。わかなと同じ2連続ジャンプを飛んでもわかなには勝てない。
「私、3連続ジャンプに挑戦する!」
あんの決意。なるほど。あん、3連続ジャンプには失敗するでしょうけど、逃げて演技を小さくまとめたわかなと、果敢に3連続ジャンプに挑戦したあんの対比になるわけか。

りんね、べるの前に現れる。
「心の花は・・・愛が無いと咲かない」
それだけ言い残して消える。
べるには愛が無いってこと?

「先輩、私、3連続ジャンプに挑戦しようと思う」
「どうした?自信がないのか?」
「ハイ」
「できないなんて誰が決めた?お前の心が勝手にブレーキをかけてるんじゃないのか?お前の実力は上級生を押しのけて学校一だ。恐らくエーデルローズの連中にも負けない実力を持ってる。心の壁をぶっ壊せ!」
カヅキ先輩かっこいいこと言うなあ。
そして・・・わかな、このやり取り聞いてる。
カヅキの言葉、わかなにとってはキツイだろうなあ。

あんのショー開始。
「うふっ!さあ!めちゃうまなショー、めっしあっがれーーーーー!!」
かわええw
「ダンス、ステップ、スパイラル、どれも素晴らしいです!」
おとはのお墨付き。さすがプリズムショー部の部長。あん、ちゃんと実力あるんだ。
プリズムライブ発動。観客すごい盛り上がり。
そして・・・ポップスプラッシュ→スウィンギンハートリズムで2連続ジャンプ。
そして3回め。
「ポップキャンディーロケット~!!」
あんの背中に羽が。
でも・・・着地失敗。

「あん!よくやったぞ!」
カヅキ、、やさしい。観客も拍手。
この勝負、わかなにもあんにも、それぞれに厳しい勝負でしたね。

「こんなに悔しい思いをするならもっと練習しておけば良かった!」
あん、大泣き。
「泣くくらいなら最初からやらなきゃいいんだ。あんたのそういうところが大嫌いなんだよ!」
わかな、言葉とは裏腹にあんのこの態度が堪えてるようですね。

「ごめんなさい。私の負けです」
あん、わかなに頭を下げた。あん、凄いな。激情型かと思ったら大人だなあ。
いや~、今回のドラマは魅せてくれましたね~。すごく面白かったです。

第11話へ 第13話へ

テーマ : プリティーリズム レインボーライブ - ジャンル : アニメ・コミック

ちはやふる2 第24話「かくとだに」

「太一がA級・・・つまり、・・・ライバル」
千早、なんか禍々しいオーラ出たwww
太一、どこまで不遇なんだw

「筑波がD級の決勝に残ってる~!?知らんかった~!!」
って、菫ひでえ。
机くんも頑張れ。

「あたし、やっぱり下で机くんの応援する」
千早、クイーンと新の戦いより仲間の方が大事なの?
「どうして?・・・あんなに見たかったのに、どうして?・・・こわい」
仲間が大切ってだけじゃないみたいですね。

「これと決めた道で、知らないほうがいいことなんてひとつもないわよ」
桜沢先生の言葉で、結局新の試合見るんかい!!
って、えええええええええ!?A級の決勝戦水中でやってるの!?流石A級。千早が怖がるのも分かるわ。

新とクイーンの試合。クイーンが負けてるだと!?
「あいつ須藤さん並のドSじゃないか!!」
新、ドSか~。5才相手でも容赦せん男だもんなあ。

クイーン、スタイルを変えてなりふり構わず勝ちに行った。
いつもの、キーンっていう音じゃないですね。新相手じゃエレガントには行けないか。
音への反応はクイーンの方が早いけど、新はクイーンを追い越して札を取る。
新、ブランク長かったのにどんだけ化け物なの!?
その化け物相手にクイーン、連取。凄い勢いで連取。
でも新が勝ったか~。2枚差。
クイーンを一人にしちゃいけないって千早の思いが軸にストーリーが進んできたのに、ここである意味ぽっと出の新にクイーンがやられちゃうのは複雑だなあ。
「熱あるんやろ、詩暢ちゃん。昨日ずぶ濡れになって、保冷グッズまで使って。凄いな。ようやりきったな」
クイーン、体調が万全じゃなかったのか・・・。
千早、そんなクイーンにメタメタにやられたのか・・・。
体調が万全じゃない同士の戦いだったんですね。千早-クイーン戦。

とにかく新、優勝。新の両親がどんな顔してたのかは次回描かれるのかな・・・。

第23話へ 第25話へ

テーマ : ちはやふる - ジャンル : アニメ・コミック

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ