プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

【英語版】AIR 特別編後編「あめつち」


いや~、随分長く放置してしまいましたが、ブログを引越しする前にこれだけはケリをつけておかないと。
前回前編の感想を書いたのは・・・ええと・・・去年の1月?酷いな、これはw

英語の勉強自体はサボっていた訳ではなくて、一応TOEICで700点台後半を出せるくらいにはなったんですよ。
え?700点台で自慢気に書くな?すみません。
まあ、このAIRの英語版とか、相変わらず全然聞き取れませんけどね(´・ω・`)

毎回ニコニコ動画のAIR関連動画を貼ってた気がしますけど、最早今までなにを貼ったのか全然わかりません。
これか?これはまだ貼ってないか?最後に相応しいこの動画!これを聞いて心を洗われろ!!

やっぱりエレクトーンは最高だわ~。

んじゃあ、早速本編。
ヘタレなので「Anime Transcripts@アニメで英語」のスクリプトをガンガン参照させていただきますよw
前回は・・・夜中にRyuyaのところにKannaが来て、なんかモジモジしてたんでした。
なんなの?何をしようというの~!?
って、お手玉かよっ!!!!!!
Kanna: 「My bean bags! What do you think? You are blind or something?」 (見てわからぬのか?お手玉だぞ?)
Kanna: 「Earlier today, I was able to juggle all three!」(さっききちんと3つ舞ったのだぞ!)
Kanna: 「Your master is offering to show you her very special talent.
It's the duty and obbregation of any self-respecting servants watching marble whenever they're asked to.」(主が手練の技を見せてやると申しておるのだ。ひれ伏して拝見するのが臣下の務めというものであろうが!)
Your masterのYourがすでにYourに聞こえない・・・。watching marbleってどういう意味?そういう言い回しがあるんですかね?wikiのスクリプトからそのまま持ってきちゃったけど、ぶっちゃけ意味は良くわかりませんw

Kanna、朝までかかってようやく3個のお手玉成功。でも、割りとすぐ落とす。
Ryuya: 「It was a really impressive run, Lady Kanna.」(これだけできれば大したもんさ)
Kanna: 「Don't patronize me.」(慰めなどいらぬ)
patronizeは贔屓にするって意味ですかね。
Ryuya: 「Honestly I'm not, Lady Kanna. I'm just trying to commend you and the hard work you've put in to learn the skill. I'm surely impressed you never decided to give up.」(慰めじゃない。そこまでできるようになったのはお前が頑張ったからだろ。諦めが悪いってのは凄いことだな)
Kanna: 「I'm not sure if that's supposed to be meant as a compliment or not.」(褒められているのか貶されているのか分からぬ)
put inはお金を費やすとか、時間を過ごすとか、そういう時に使われる言い回しみたいですね。
諦めが悪いという言い回しを、決してギブアップしなかったって言うポジティブなニュアンスで英訳してるようで、なんか次のKannaの台詞との繋がりがかなり悪い気がする・・・。

Kanna、僧の死体を発見。その夜、Kanna、Ryuyaのもとへ。
Kanna: 「You look, you look as though you have something weighing heavily on your mind?」(お主、何か思うところがあるのではないか?)
Ryuya、旅のお坊さんに拾われて育てられた自分の過去を語りだす。
Ryuya: 「We were attacked while going over a mountain pass. Unsui was killed with one swing of the sword. Seeing the dead monk earlier brought back that memory and that's all.」(峠道で山賊に襲われたが、Unsuiは一太刀で殺された。さっきの坊さんを見てな、それを思い出しちまったんだよ)
as thoughは「まるで」か。

おもむろに服を脱ぎだしたKanna。何?一体何がどうなってるの!?
Ryuya: 「
Do you really understand what you're saying?

What do you think I'm gonna do now?(あのな、これからどういうことをされるかちゃんと分かってるのか?)
Kanna: 「
Do not treat me like a fool. I know everything.

Uraha told me exactly what you expect.(馬鹿にするでないぞ。万事心得ておる。Urahaから聞いておるからな)
Uraha、何吹き込んだw
Kanna: 「
I don't know how to say yet, but I guess it's sort of like... this is what Uraha told me. When the time comes that Ryuya tells you about his past, don't miss the opportunity.(うまく言えないのだが、何かこう・・・Urahaはこう申した。Ryuya殿が昔のことを語りだす時が来たらその時を逃すなと)
Uraha: 「
The show us way for a woman to know of the man who's in love with her, is that he opens up about his past.(殿方というのは、好いた女人には必ず昔語りをするものでございます)
Urahaの台詞難しいな~。The show us wayってそういう言い回しがあるんですかね。

Kanna: 「
Or, are you one of those boys who prefers the company of man?(Ryuya殿はもしや男色が好みであったか?)
こらwwwwwww全国の腐女子が大喜びしちゃうからやめいwwwwwwwwww
the company of~は~との付き合いとか交際とかそういう意味のようですね。必ずしも男女交際を意味する訳では無いみたいですけど。

Ryuya: 「
Uraha, I know you're here somewhere, come on out! Uraha!(Uraha!どうせその辺に隠れてんだろ?出てこい!)
隠れて二人を観察してたUraha。何を見たかったんだ、Uraha!

夏祭りの夜。焚き火を囲む3人。
Kanna: 「
Hey, look, look! I'm actually doing it this time. I haven't dropped them yet. I'm still going!(見よ!見よ!ちゃんとできておるぞ!続いておる!続いておるぞ!)
ついにお手玉ができるようになったKanna。
うむ。普通にできてますね。今まではなんであんな高く放り投げてたの?

ということで3人の旅は続く、って感じで特別編終了。大変長いこと放置してしまい申し訳ない。
いや~、やはり聞き取れないな~。ネイティブが普通に喋ってると、余程簡単な言い回しじゃないと全然ついていけません。少しは聞き取れるようになるかと思ったら、TOEIC700点台じゃなんも変わりませんね~。
もっと頑張らないと。


前編へ
スポンサーサイト

<< プリティーリズム・オーロラドリーム 第51話「Dream goes on・・・」【最終回】 | ホーム | ちはやふる 第25話「もれいづるつきのかげのさやけさ」【最終回】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム