プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

宇宙兄弟 第5話「足りない日々」

いや〜、今回はすべての台詞が重いっていうか、含蓄ありますねえ。

「だいたいお前は昔っからちっちゃーいことをめんどくさがる癖がある。例えば・・・カーテンのフックが一個外れっぱなしになってる〜、電球一個切れっぱなし〜、ポスターはがれかけ〜。気づいてる癖にやらない」
六太、さすが面接中に椅子のネジを気にしていた男。細かい。大ざっぱな日々人と細かい六太。やっぱり大ざっぱな方が大成するのかな。

「部屋の中に植物でも起きたいなあ。でも水やりめんどくさいなあ。と迷った結果、このサボテン。さらによく見ると・・・値札をはがすのも途中で諦めてる〜」
嫁をいびる姑かよw


「昔、夏休みにさ、チャリで京都のばあちゃんちに行ったろ。何日かかったっけ・・・。3日・・・4日?
京都まではチャリで3日かかった。月までもロケットで3日だけどな。そう考えりゃもう届かない場所じゃあない。楽勝で行ける気してきた?」
大物の考え方だ。

「あのなあ、この際はっきり言っておくけどなあ、俺に行けるわけねえだろ?今もう、俺とお前じゃ、立場とかこう・・・状況がだなあ、違いすぎんだよ。月までの距離感もな」
六太はまだそんなこと言ってるのか・・・。

「あのさあ、今と昔で違うもんがあるとすりゃあ、それはムッちゃんが・・・昔みたいに張り合わなくなったってことだ。もっと張り合えよ。つまんねえよ」
日々人のこの「つまんねえよ」はなんとも言えないな〜。重いというか、日々人の気持ちがつまってるというか。


子供の頃は日々人に勉強を教えてた六太。
「K一個めんどくさがるな。だいたいお前は全体的になんか足りねえんだよ」
日々人勉強できなかったのか。
「突然日々人は私より成績がよくなったのだ」
いるいる。こういう奴。六太の立場が他人事とは思えないw

日々人、六太に英語のメモを残す。
「Jhonsonのhが抜けてんだよ!」
日々人、大人になってもやっぱり抜けたままかw


日々人のお隣さんの老夫婦。
「日々人にジャストフィットする言葉は、頭のネジが一本足りない・・・です」
「じゃ、僕もそうだ」
「私もね」
「誰だって何か足りないもんだよ」

「いつだったか彼に質問したことがある。六太は今何をしてるんだい?って。そしたらこう答えた。ムッちゃんは今頃日本で宇宙飛行士になる準備をしてるはずだよ、と。
必ず君が来ると思っていた日々人にとって、自分だけが進んでいた毎日は、足りない日々だったんじゃないのかなあ」
お爺さんいいこと言うなあ。
日々人は、子供の頃のまんまなんですねえ。子供の頃に言ったことをそのままやろうとしてて、六太もそうすると信じてる。
六太と張り合っていた子供時代をまんま再現したいんですね。

第4話へ 第6話へ
スポンサーサイト

<< この一週間で見たアニメのおさらい 4/24〜4/30 | ホーム | AKB0048 第1話・・・ってこれ SFなのか。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム