プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

宇宙兄弟 第66話「二つのノート」

「ショータイムだ。ハッハッハッハッハッ」
六太を乗せたT-38、アバンからいきなりテイクオフ。
今回は最初から飛ばしますね~。

って、OP後はGスーツ着るところまで戻っちゃうの?
初飛行でGスーツ・・・。
「さ、行くぞ。他のアスキャンはGスーツなんて着てない。必要ないからな。アッハッハッハッハ」
「ラッキーだな。ムッタ。そいつを着た宇宙飛行士は数えるほどしかいねえぞ。ちなみに日々人も着てる。どうする?脱ぐか?」
やっぱり普通の宇宙飛行士の訓練だとGスーツは着ないのか。
デニール・ヤングが何をやる気か分かりすぎて楽しみw

ということでやっとテイクオフ。
ド迫力ですね。力入ってるなあ。
離陸直後にいきなりきりもみか。
スモークまで出してるのか。
「6.5Gは行ってるね」
ってwww

六太、帰還後に吐きまくり。こういうのって自分で操縦するより他人が操縦してる方がキツそうですよね。
場面は変わって目隠し飛行の訓練。計器だけ見て飛行。アスキャンでもそんな訓練やるの?大分訓練進んだんですかね。
「見てみろ。前方に二機の飛行機が並んで飛んでるだろ。他のアスキャン訓練機だ。間をぶち抜いていけ!」
目隠し飛行でw
っていうか管制に怒られないの?そういうの。
二機の間って凄い狭いぞ。この距離を保って飛んでる二機も結構凄くない?
六太、無理と見てスピードを落とす。
安全第一ですよね。ブルーエンジェルスに入るんじゃないんだから。

格納庫にあった、穴の開いたT-38について語るデニール・ヤング。
「あいつもワシが乗ってたんだ。コントロールにミスは無かった。あの日はワシはいつもの高度をいつもの速度で飛んどったんだ。そいつが鳥だと分かった瞬間にはもうぶつかってた。可哀想な事をした。ワシだって当然、避けられるもんなら避けてるぜ。だが、それを言ってどうなる。ワシらは死ぬまで生きるだけだ。コントロールできるかぎり、自由に飛び回るだけだ」
なんか悟り開いてますね。
シャロンもそんな心境なんでしょうけど、シャロンの方はデニールとは比べ物にならない深刻さだからなあ。

それにしても、やっぱりジェット機の訓練シーンが多いと楽しいですね。
冷静に考えると、ストーリーらしいストーリーは無かった気もしますけど。

第65話へ 第67話へ
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙兄弟 - ジャンル : アニメ・コミック

<< 最近見たアニメのおさらい 7/19~7/21 | ホーム | プリティーリズム・レインボーライブ 第16話「わかな、はっぴーフリーダム!にゃ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム