プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アイカツ! 第47話「レジェンドアイドル・マスカレード」

「美月さんは私たちよりずっと忙しいのに疲れてるとことか絶対に見せない、アイドルの鑑、無敵のアイドル!」
あおい達に崇拝されてる当の美月、仕事帰りにグッタリした顔でウトウトしてる。
「美月、最近仕事詰まりまくってるけど、平気?」
「答えは分かってるでしょ?」
「あなたの答えはこう。大丈夫。大丈夫じゃなくても大丈夫にする」
このマネージャーさん、前々回は株上げたけど、根本的に無能なんじゃなかろうか・・・。
美月が大丈夫って言ってても、ちゃんと無理の無いように仕事を調整する責任があるんじゃないの?

美月とすれ違ういちご達。
美月、今にも自殺しそうな顔してるぞ。長時間労働でうつ病になったんじゃ・・・。

いちご達、マスカレード資料室で勉強。
織姫学園長、お父さんの会社を継ぐことになってたのに、素性を隠してアイドルをやってたのか・・・。
これだけでアニメが一本できそうですね。
マスカレード資料室にもミヤの資料は置いてないんですね。
「今、ミヤさんは何をなさっているんですか?」
「それはいくら美月でも言えないわ。ミヤは秘密にすることを望んでいるから。私たちはマスカレードが人気絶頂の時に解散を決めた。私はその頃、学園長のオファーをいただいた。ミヤは全く別の道を進んだわ」
ミヤ、一体どこのりんごさんなんだ・・・。

スターライトクイーンカップの前日。
美月、しゃもじを見つめるいちごに出会う。
「私、おしゃもじをマイクに持ち替えたのは、美月さんみたいになりたいって思ったからです。今もそう思うから、胸にある憧れが力になって、楽しくステージに立てるはずです。きっと」
「憧れの気持ち・・・お互い頑張ろうね。おやすみ」
「あの、美月さん、疲れとか・・・大丈夫ですか?」
「私にも、あるから・・・」
美月の憧れ、マスカレードですね。

スターライトクイーンカップ当日の朝。
「今日だって行ける。行ける、行かなきゃ・・・駄目!」
気合を入れる美月。でも、床に崩れ落ちる。

美月の薄れゆく意識の中で、美月を呼ぶ声が・・・。
「あとは任せて」
「頑張ったね。いつも見てたよ。あなたのいい表情」
マスカレードだとおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?
学園長、美月の状態を見るに見かねてミヤを呼んでマスカレードを再結成したのか!
ブランク長いけど大丈夫なの?このおばさん達。
お着替えシーンも若者みたいに走って行かないですね。歩ってる。やっぱり体力に問題があるんじゃw

スターライトクイーンカップの幕開けを飾るのは、美月ではなく再結成されたマスカレード!
マスカレードのステージ、普段のアイドル達にはない大人っぽさが新鮮ですね。
さすが、かっこいい。

「憧れは何ものにも変えられない力になります!今、また私は力を貰ったんです!」
マスカレードに触発された美月、ステージに向かう。
うむ。いいスポ根だ。

「星宮、楽屋でミヤが呼んでる」
学園長、いちごに声をかける。
おお!ついにバラすのか!!
「失礼します。お疲れ様です。織姫学園長から聞いてきました」
「話したいことがあるの。そばに来てくれる?・・・それはね、私がマイクをしゃもじに持ち替えたってこと」
りんごさん、ついに正体を現した!
脳天気ないちごもさすがに唖然としてる。
しかし、いちごはともかく、らいちがこの事知ったらどうなっちゃうんだろ。っていうからいち、クンクン嗅いでたけど、もしかして気づいた?

第46話へ 第48話へ
スポンサーサイト

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

<< アニメ視聴ログ 9/2~9/5 | ホーム | たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第10話「いつかくるその日まで、なので」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム