プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

俺物語!! 第24話(終)「俺のココロ」

勘違い男の車に大和が乗ってたのを目撃して大ショックの猛男。
「俺のビニ傘じゃなあ、濡れちまってただろうから、良かった」
猛男、そうじゃないだろ~!

大和から猛男に電話。
「あのね、明後日何してる?うち、その日バイトないんだ。遊ばない?」
いつもどおりの大和。おお~、会えばなんとかなるよね~、って嫌な予感がするけど・・・

「凜子、コンクール用のケーキのことなんだけど、明日の休みを使って考えようと思うんだ。つきあってくれ」
「頼む!俺のパティシエ人生がかかってるんだ!」
一之瀬~~~!!お前のパティシエ人生とかどうでもいいんじゃ!!自分だけでなんとかしろや!!
大和も押しに弱すぎるだろ~!

猛男は大和なしでオサム達とボウリング。菜々子に男が寄ってきたのを見たオサム、
「おい、俺の彼女になんの用?」
すごんで追い返す。かっこいい・・・かな?後ろに猛男を配置してなければなあw

「大和は・・・俺でいいんだろうか。他にもっと合う相手がいるのに大和が知らないだけなんじゃねえのか?」
「いいに決まってるじゃん。凜子が知らないだけとか、凜子バカじゃないんだからさあ、ちゃんと考えて選んでるって。っていうか、もしそうだったらどうなの?」
菜々子は考えがはっきりしてていいなあ。っていうか悩んでるの猛男だけか。

「俺は・・・誰にも渡したくねえ」
気持ちがはっきりした猛男、一之瀬のところへ。
「大和は渡さねえ」
わざわざ言いに行く猛男。男じゃのお。
「俺への宣戦布告と受け取っておく!!」
一之瀬も面白いやつだなw

猛男、大和と一之瀬を監視。それに気づいた一之瀬、
「両想いになる前に無理やり襲ったりするわけないだろう!帰ってくれ!」
一之瀬、独特だけど一応美学は持ってそうですね。
「コンクール頑張ってくださいっす」
そう言って去る猛男、かっこいい。ここで引くのは今までの弱い引き方とは全然違いますね。

コンクール当日。大和、猛男の家へ。
「一之瀬さん、今日コンクールなんだけど終わったら言いたいことがあるって。もしかして正社員にならないかとかそういうお誘いかな?」
違う、そうじゃない!!っていうか高校生じゃ正社員になれないだろw
「なんかうちのことすごい力持ってる人みたいに言ってくれて・・・」
「ミューズだな」
確かにμ'sはすごい力を持っているが。映画の動員数とか物凄いが。

コンクールに向かう大和を後ろから抱き留める猛男。
「好きだ。誰にも渡したくねえ。このまま行かせたくねえ。ずっと俺の隣で笑っていてほしい」
その心の言葉を大和に伝えられればなあ。

コンクール会場。
一之瀬、店に道具一式忘れやがったwww ドジ子かwww
「諦めないでください!頑張ってきたじゃないですか!うち、こういうときなんとかしてくれそうな人知ってます」
大和、猛男に電話。
猛男、ダッシュ開始。
「来るとは言っといてきっと逃げるつもりだ。俺に協力したら凜子を取られてしまうんだから」
一之瀬、猛男と何度も話してるのに人を見る目ないなあ。

「頑張ってくださいっす!」
間に合った猛男。汗まみれ。
「君もいてくれないか。金賞取って見せるから」
「うす」
男同士の会話になってきた。
「わかったぞ。いろいろ理解できないが認めよう!凜子の彼氏はいい男だ!」
猛男、どんだけ男に惚れられるんだよ。

賞の発表。一之瀬金賞!!
ミューズが強力でしたからね。
「俺はこのケーキに凜子と名付けようと思う。金賞は、凜子、君に捧げる。凜子、君が好きだ。今日この瞬間から俺だけのミューズになってくれないか?俺の彼女になってくれ!俺には凜子が必要なんだ」
ケーキに自分の名前つけられるのは女性としてどうなの?その重さ・・・自分なら引くけど。
っていうか、一之瀬、猛男の目の前でビビらずに告白できるとか度胸あるな。

「すいません。いきなりで、びっくりで・・・」
ハトが豆鉄砲食らったような顔の大和。
「(大和、大丈夫だぞ、俺は。もし大和が俺を選ばなくても、俺は大和が幸せになるように応援する。だけどよ、大和。俺のことを選んでくれねえか?俺と笑っててくれねえか?)」
「うちで力になれるんだったら、それは嬉しいです。一之瀬さんのケーキ、とっても好きだから。でも、初めて会った時からずっと、うちの心は猛男君にしか動かない!
大和、ひどい鈍さだけど、状況が認識できてればブレることはありえないから安心ですね~。

「誰にも渡したくないと思った。俺を好きになってくれてありがとう。凜子
ついに下の名前を!!
最後はちょっと波風立ったけど、最後はしっかり収まるべきところに収まりましたね。

このアニメ、最初の3話は神クラスでしたけど、そのあとは話が動くことはなくて大和と猛男をニヤニヤしながら眺める日常系アニメみたいにになりましたね。でも、それはそれですごく楽しかったです。
最初は凜子が可愛くて見てましたけど、いつの間にか猛男目当てで見るようになってました。猛男の筋の通った言動はホント気持ち良かったです。

第23話へ
スポンサーサイト

テーマ : 俺物語!! - ジャンル : アニメ・コミック

<< アイカツ! 第152話「出会いに続く道」 | ホーム | 【普通の女子校生が【ろこどる】やってみた】流鉄流山線ろこどるコラボ、乗ってみた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム