プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プリパラ 第112話「恋恋ジュルル」

ソラミスマイルは新しいメイキングドラマを作ろうとしてるのか。
この前ポップンサニーレイソーダ作ったばかりなのに。

ジュルル、初つかまり立ち。
「計算の答えが出たわ。ジュルルは着実に成長している。もっと成長して早く女神ジュリーになってもらいましょう!」
みれぃ、ジュルルを歩かせて成長を早める作戦に。
みれぃの計算、最近いつも狂ってるな。

「あんよが上手!」
手をたたいてジュルルを歩かせようとするらぁら達。ジュルルは手をたたくだけ。
「私は生まれてすぐ立ち上がって、その日のうちにあんよして・・・」
「さすが委員長!あとでドロシー達にも教えてあげなくっちゃ!」
みれぃ委員長に対するらぁらの返しが神がかってる。ドロシーという人選が特に。

「誰かが私たちのことを見てるみたい。雨宮さんかな?委員長」
雨宮、すでにらぁらにもストーカー認定されてたかw

いつの間にかどこかに行っちゃうジュルル。追いかけるらぁら達。ジュルルはええ~!
ジュルルを追いかけてるどさくさに栄子ちゃんやなお、高橋君まで出てきた。
高橋君ネタこれからも引っ張る気かw

ジュルルを追いかける集団がどんどん大きく・・・。
いきなりパラカッパが登場し、ジュルルを救出。
中の人は誰?

みれぃがはじき出したジュルルを歩かせるための秘策・・・それは愛。
「もちろん私たちはジュルルを愛している。だけど、思っているだけでは伝わらないこともある。」
みれぃの言葉がなぜか愛ちゃんや高橋君に届いちゃったぞおいw
「あの・・・なおちゃん、話が・・・」
高橋君が声をかけると豪雨が。
「私、折り畳み傘持ってる」
笑顔で自分だけ傘をさして去っていくなお。フラグが立ってないってレベルじゃねえwww

再び逃げたジュルルを捕まえた雨宮似の女の子。誰だ?秋田秋子さん?
「優しくて、素敵な先輩の。私、その、南委員長っていう人のそばなら100%雨宮先輩がいるんじゃないかと思って探していたんです」
やっぱり雨宮絡みじゃねえか!!!
生き別れの兄妹とかじゃないよね?
っていうか雨宮のストーカー気質を知っていて好きなのか。末恐ろしい。

って、パラカッパの中身雨宮だったのかよっ!!
「雨宮先輩!大好きです!」
「ありがとう。とてもうれしいです。でも、その気持ちには答えられません。ボクには大好きな人がいるから!!」
雨宮ぶれないw って、またバラカッパ着るのかw

「あの人、今大好きって言った?」
「パラカッパのことが大好きなのね」
みれぃ、なんか違うwww
「彼女はずっとあこがれていたのね。才色兼備な私に」
みれぃ、秋子ちゃんの話聞いてたか?
みれぃがどんどんポンコツに。
雨宮を好きなる女の子がいるなんて思いもしないのは分かるが。

高橋君、なおちゃんに告白を試みる。おい、やめろ!
「高橋高志、愛媛なおちゃんが大好きです!」
「ありがとう高橋君。これからもただのクラスメイトでいましょうね
友達ですらないwwwwwww
「汝は悪魔のようなやつであるな」
高橋君をけしかけたと思われる高橋君の友達、あろまに悪魔認定されたwww
でも、なおの方が悪魔度高い。
っていうかなおの苗字って愛媛っていうのか。今まで出てきてたっけ?

愛情、恋・・・。そふぃ、そんな悲喜こもごもを見て新しいメイキングドラマを思いつく。
え?どんなの?胸キュン体験とか赤い糸夏の恋とか恥ずかしいの作っちゃう?
ってことでライブ開始。
「ごらんあそばせ」
「咲き乱れ」「恋の風吹く」「蝶の舞!」
和傘か。どすえ的なやつだった。でも特に恋要素なかったような。

第111話へ 第113話へ
スポンサーサイト

テーマ : プリパラ - ジャンル : アニメ・コミック

<< アニメ視聴ログ 9/5(月)~9/8(木) | ホーム | 【planetarian】明石天文科学館でプラネタリアンイベント&浜松巡礼 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム