プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2016年アニメの個人的最萌キャラ

昨日の2016年アニメ総括に続いて、キャラの総括です。

各期のまとめは以下。
冬アニメ
春アニメ
夏アニメ
秋アニメ

■最萌キャラ
各期まとめで挙げたのは・・・
冬:七転福音(紅殻のパンドラ)、新人サキュバス(このすば)、サヤ師(だがしかし)、シェリー(GATE二期)
春:亜子(ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?)、美耶子(少年メイド)、蒼井結衣(12歳。)、白石さん(田中くんはいつもけだるげ)、千夏(ふらいんぐうぃっち)、宮野(田中くんはいつもけだるげ)、ふゆみ(パンでPeace!)
夏:ほしのゆめみ(planetarian)、宇佐美みずき(この美術部には問題がある!)、田所恵(食戟のソーマ 弐ノ皿)
秋:北條すず(この世界の片隅に)、川本あかり(3月のライオン)、蒼井結衣(12歳。)

2015年度も春アニメのキャラがやたら豊作だったのですが、今回も春だけやたら多いw
ただ、春アニメのキャラが特に良かったというわけではなく、割と横並びで絞れなかったんですよね。
2016年アニメのキャラに敢えて順位をつけると・・・

1.ほしのゆめみ(planetarian)
2.蒼井結衣(12歳。)
3.宇佐美みずき(この美術部には問題がある!)

 結衣ちゃん、各期のまとめの時はそんなに上位に入れなかったのですが、一年を通してって考えると2回選ばれた存在感がやはりでかい。一年の半分で最萌えキャラの一角として活躍したわけですからね。特に2クール目は花日と主役交代した感もあり、結衣ちゃんの存在感が俄然増しています。
 「この世界の片隅に」のすずさんもここでは外しました。映画だからってわけでもないのですが、秋クール限定だと存在感がでかくても一年を通して考えるとやはり少しでも長く愛してきたキャラに軍配を上げたくなります。
 で、一位のほしのゆめみですが、まあこれは自分がplanetarianが好きすぎるので仕方ない。ゆめみはポンコツというかきっちりロボットとして描かれてて変に人間的にしないところがいいんですよね~。一見人間的な受け答えをしているように見えて、よく話すとああ、プログラムだなっていう。でも、すべてが壊れた世界の中で結果的に誰よりも人間的な真心を見せるという。あと、映画のラストは反則。
 3位は一人選ぶのはかなり難しかったのですが、恋する乙女っぷりがとてつもなく可愛かった宇佐美さんにしました。委員長タイプのお堅い感じかと思ったら全力でデレデレというw ネトゲ嫁の亜子ちゃんもすごく良かったし、少年メイドの美耶子も大好きだったんですけど。

■ベストイケメンキャラ
冬:菅原様(GATE二期)
春:康一君(ジョジョ)
夏:須和 弘人(orange)
秋:川尻早人(ジョジョ4部)、二海堂晴信

2016年は印象的なイケメンはそんなにいなかったかな~。ユーリ!!!とかあるから女性視点ではイケメン大豊作だったかもしれませんが、男の自分はやはり内面重視になるからなあ。
1.菅原様(GATE二期)
2.康一君(ジョジョ)
3.川尻早人(ジョジョ4部)

 ジョジョから二人ってことで。康一君と早人はどちらも決して強くはないのですが、素晴らしい勇気とギリギリの状況で勝ち抜く機転を見せてくれました。すごさから言ったらスタンド使いではない早人の方がすごいかもしれませんが、まあ長く出てたキャラでもあるし康一君がちょっと上ってことで。
 そんな中、一位に選んだのはベストオブロリコンキャラであるところの菅原様。すみません。私がロリコンなもので菅原様の「かっこいい」ロリコンぶりにいたく感銘を受けてしまいました。そういう意味ではロリコンでも馬鹿にされない世界を作るために頑張ってるオルフェンズのマクギリスにも期待がかかるところなのですが、マッキーはなんかアルミリアを泣かせそうな感じだからなあ・・・。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

<< アニメ視聴ログ 12/26(月)~1/5(木) | ホーム | 2016年に見たアニメの振り返り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム