プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、デレステ(せんせぇ)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プリパラ 第130話「女神の想い、ママの誓い」

最近不穏なフラグを立てまくってたジュルル。
らぁらが朝起きると、もういない。
「さてはハマグリに隠れてるな?どこだどこだ~?」
ハマグリwwww らぁらにとってジュルルっていったい・・・。

プリパラにジュリィ出現。
「今日はみんなに大事な話があるの。今まで私は赤ちゃんの姿をしていました。ですが時が来ました。もう2度と赤ちゃんに戻ることはないでしょう
ジュリィ、ライブで宣言。
あまりにも唐突なジュルルとのお別れ。

「この場をお借りして私を育ててくださった方にもお礼を言わせてください。お世話になりました」
お世話になりましたって・・・それだけ?

ジャニス乱入。力づくでタクトを奪いにかかる。
もう計略もなにもないなあ。もう最初からそうしておけば良かったのでは。
タクトの情報がジャニスに流入。ショックを受けるジャニス。なにかとんでもないことを知ってしまったみたい・・・。
「実は今回の神アイドルグランプリのファイナルが終わったのち、システムにしたがって女神は代替わりをする予定でした。私の次の代は・・・ジャニス、あなたです」
ジュリィがアイドルになろうとしたのは、厳格すぎるジャニスにアイドルというものを見せるためだったんですね。

「私は代替わりと同時に消滅します」
消滅!!!
厳しい!プリパラのシステム厳しい!
4月からのプリパラじゃらぁらも代替わりを試みるようですが・・・。アニメの世界も厳しい。

天空のステージに去っていくジュリィとジャニス。
「さようなら・・・」
らぁらにそれだけ言い残して・・・。

「消えさせない・・・。ジュルルが消えてなくなるなんてそんなの許せない!だってそうでしょ?ママは子供を守るのが仕事だもん!」
らぁら、早くも男前モード発動。
そこにひびきが助け舟。
「まさか、女神システムをハッキングするつもりぷり?」
「いや、いくらボクでもそれは無理だ。ただ、この地上のエレベーターだけでも、プリパラのザルシステムだとしたら・・・」
ザルシステムwwwwwwww

めが兄ぃも加わってみんなでジュリィのところに乗り込む。
「ようこそ。ファイナリストのみなさんが来てくれて嬉しいわ」
待ち構えてたジュリィ。
「あじみ、あなたにお願いしたいことがあるの」
あじみをものともしないジュリィ。
「この白くてさびしい壁に絵を描いてほしいのよ」
うまくあじみを排除したwww さすが女神。

「ガァルマゲドン、あなたたちは女神の誇りです」
ガァルマゲドンには優しい言葉をかけ・・・
「ポンコツ女神です」
ひびきにはかつてひびきから言われた言葉で嫌味w

「ドロシーは弟想いで友達想いで理不尽なことは許さないし赤ん坊と同じレベルの付き合いできて楽しかったー(棒)」
ドロシーにはなんで棒なんだよwww

「みなさん。私は女神ですが、1分だけ女神の仕事を忘れさせてください」
らぁらと抱き合って泣くジュリィ。
あれ・・・画面がぼやける・・・テレビが壊れた?


「神アイドルなら奇跡を起こせるかもしれません。女神ジュリィも言っていました。神アイドルはプリパラを輝かせるものだと」
めが兄ぃ、本当だろうなあ~。
ジュリィを救うため神アイドルを目指す一同。

ジュルルがフラグを立ててたし、終盤だし、この手の展開は予想してたけど、なんか予想を超えてました。

第129話へ 第131話へ
スポンサーサイト

テーマ : プリパラ - ジャンル : アニメ・コミック

<< アニメ視聴ログ 1/16(月)~1/19(木) | ホーム | アニメ視聴ログ 1/13(金)~1/15(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム