プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アイドルタイム プリパラ 第11話「投げろ!アイドルタイムグランプリ」

にの、アイドルタイムグランプリとソフトボール大会がバッティング。
打開策は・・・らぁら&みれぃ&そふぃが前座でアイドルタイムグランプリを盛り上げている間にゆいがにののソフトボールを応援して早く勝たせてアイドルタイムグランプリへダッシュ。
ゆいの応援・・・いるのか?

ソフトボール部、部員が二人しかいないのかよっ!チア部や詩子まで引っ張り込んでたのか・・・。
道路で運搬中の黒毛和牛が逃げ出して相手チームのバスが立ち往生。
試合中止!?やった!!・・・って、地獄ミミ子出た。
代わりに風紀委員チームが相手に。

「この試合・・・あなたがたが勝てば今までプリパラに通っていた情報はこの耳からすべて消去しましょう」
ミミ子、勝負かけたな。しかし職権乱用では・・・。

プレイボール。
ゆい、妄想で応援するのかよ!

アイドルタイムグランプリの方は・・・ちょいマッチョタフガイ!?
いきなりめが兄ぃの裸www
オープニングライブはソラミスマイル!神アイドルそろい踏みですね~。
「みれぃさーん!ぷり以外もしゃべって~!」
ってモブめが姉ぇのガヤに毒がw

ソフトボールの方は・・・
「あらあら、せっかくセットした髪型が崩れてるわよ」
キャッチャーのミミ子がいろいろつぶやいてバッターの調子を崩す。
しかしにのはさすがのホームラン。
守りの方はピッチャーにのが三振の連続で問題なさそう・・・ってバッター地獄ミミ子、聴覚だけでボールを捉えホームラン!こいつすげえ!!

って今度はミミ子がピッチャーやってる。
にのの打順。ついさっきもにのの打順だった気もするが。
ミミ子の超スローボール。にの、反応できず。
「あーうっ!」
奇声をあげながら妙なフォームで投げるミミ子。こいつやっぱりすげえ!
「このまま勝てばあの二人は反省室行き。グランプリは中止になりプリパラは閉鎖。黒毛和牛で道路を閉鎖させた甲斐があったわ」
って、黒毛和牛お前かっ!!
あー、これは犯罪ですね。反省室どころじゃ済まないですね。

詩子、ちょうちょを追って失踪。
代わりにゆい出場。・・・っていきなり11点とられたwww テニスの時といい、こいつは・・・。

「私が入ろう」
ピンチにいきなりシオン登場。
竹刀でいきなりホームラン。
「ボールを碁石、ストライクゾーンを碁盤だと思えば打てる!」
なるほど、その手があったか!!って、なんでやねん!!

シオンの謎の囲碁アドバイスでメンバーみんな打ちまくる。コースを予測できるチート能力。
「疾風勁草。道は作った」
って?シオン行っちゃうの?
って、ドロシー&レオナ、なんでお好み焼き売ってる!?脇をシオンが通ってるぞ!

にの、渾身のピッチングでミミ子を三振。
チア部も打ちまくり、ゆいはデッドボール。デッドボールかいっ!
っていうか、にの以外はミミ子のボール打てるのね。

そして満塁でバッターボックスににの。
ミミ子の超スローボールに空振り。
あっさり三振。

アイドルタイムグランプリは・・・
「申し訳ありません。さすがにタイムリミットです」
さすがに神アイドルでも引き伸ばしきれなくなってきた。

にののピッチング。
悩んでしまったにの、ミミ子に打たれるが・・・
「絶対に捕る!勝ってにのとアイドルタイムグランプリに出るの!」
ゆい、渾身の補給。グローブについてる羽根、それいいのか?www
しかしゆい、着地で足首を負傷。これは・・・。

って、ここで次回に続くんかいっ!!
そこは一話で完結させようよ・・・。

第10話へ 第12話へ
スポンサーサイト

<< アニメ視聴ログ 6/12(月)~6/15(木) | ホーム | アニメ視聴ログ 6/9(金)~6/11(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム