プロフィール

ティクラP

Author:ティクラP
アニメの聖地巡礼が大好きです。聖地巡礼のレポートはこちら!(アニメのシーンとぴったり合わせるほどの気合は無いです。念のため・・・)
女児向けアニメ好き、ゲーム好き(Xbox360、DS、3DS等)、ニコ厨

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アイドルタイム プリパラ 第15話「ミーチルみちる」

「それが・・・あろま様に見つからないようにと・・・」
やたら隠れるみちる。
やっぱりあろまの小悪魔は嫌なのか。

みちるをアイドルデビューさせようとしているあろま。
「プリパラなんてムリー!無理無理無理無理無理無理・・・」
あろまに見つかって逃げ出すみちる。
無理無理ってよく口が回るなあ。声優さんすごい。

「汝無類の麺好きのようだな」
穴から出てきたあろま&みかん。なんで穴に・・・いや突っ込まないでおこう。
「そ・・・その麺は・・・担々麺・・・」
「これを放って逃げるのか?」
「うう・・・担々麺を無駄にするなんて無理・・・でもアイドルになるのも無理・・・」
担々麺そんなに重要か。

「誰なんですか?私の右肩にいるものって」
「はるか昔、高度な文明を築き、栄華を誇りながら突如として大海原に沈んだという謎の古代文明。そのプー大陸の巫女にして姫であったプリンセス!その名はミーチル!」
あろま、月刊プー見ながらしゃべるなw
って、みかん担々麺食べちゃってる!!

「アイドルが嫌ならあろまにちゃんと言うべきっす!」
逃げ回ってるみちるにブチ切れたにの。
みちる、あろまのところへ。
「私、プリパラには・・・」
「待って。みちるさん、これ見て」
まさかのゆい介入。
ゆいが見せたのはあろまがみちるのために朝まで描いてた衣装デザイン。
「私、こんな風になれるのかな・・・」
「自分で無理って思わないで。きっとユメできる。だから、自分をユメ信じて」

「私、プリパラに行ってみます」
ミチル、結局プリパラへ。
って、え?花くわえてる?
「みちる?誰のことじゃ?わらわはミーチル。プー大陸の姫にして巫女のプリンセス。わらわはミーチルじゃ」
みちる、ちり系か~。ジュエルで強制人格変更された被害者がまた一人・・・。

「見える・・・見えるぞ。そなたらの前世丸見えじゃ!」
らぁらが蟹。
ゆいがトンボ。
みかんが肉まん。
あろまは・・・
「われは前世も悪魔だ」
「じゃあそれで」
それでいいのかw

「そなたの前世はソフトボールじゃ!」
にのの前世はソフトボールかよ!生き物どころか物ですらない。

マネージャーは・・・
「この中の誰かが卵を産んでわらわに献上するのじゃ!」
「卵なら持ってるガァル!ママに任せるガァル!」
ガァルルが卵を産んだ!!薄い本が・・・。
卵から羊誕生。
「思い出したぞ。そなた前世で我が国の大臣であったろ。カロマじゃ。現世ではわらわのマネージャーになるがよい」

ミーチル、マネージャーを無事ゲットし、ライブ開始。
「夢の中でも夜更かししましょ。今宵あなたも幽体離脱」
こいつ・・・何を言っている・・・!?
ミーチルの歌はこういう系か~。
セクシー&スタイリッシュな感じ?
「見せてあげる。わらわの歌と舞に酔いしれよ!絶対的誘惑・・・アーチマジック!!」
メイキングドラマは投げキッスか!絶対的誘惑・・・。

「わらわはなんでもできる!できるできるできるできるできるできるできる・・・」
観客たちも
「できるできるできるできるできるできるできる・・・」
こわいわw
声優さんって大変だ。
ってあろまは「でびるでびるでびるでびる」なのかw

みちる達、ハープの音に導かれて時計塔へ。
そこには・・・ファララの姿が。
「私は、ファララ・アラーム」
それだけ言うと眠りに入る。
アラーム?決まった時間になると起きてくるのかな?

第14話へ 第16話へ

アニメ視聴ログ 7/7(金)~7/9(日)

メイドインアビスすげ~~~~!!世界観も作画も素晴らしいですね。アクションヒロインチアフルーツはろこどる2期でした。「お姉ちゃんがんばれ~!」で号泣した。今期はナイツ&マジック、メイドインアビス、チアフルーツの3強かなあ。あとはグルグルがどうなるか。

■DIVE!! 第1話 B
なんかFree!!みたいなの始まった。なにこの主人公。あんな可愛い彼女がいるのに男の先輩ばかり見つめてるの?ホモなの?

■コンビニカレシ 第1話 C
正統派のラブコメ・・・なのかな。男のキャラデザがなんか気に食わないけど。コンビニカレシというからコンビニが重要な役割を果たすのかと思ったらだたの舞台の一部?今のところ売りがどこなのかわからない。

■アクションヒロイン チアフルーツ 第1話 A
OPからもう面白そうな雰囲気がすごい。そしてろこどる感がすごいw ご当地アイドルからご当地ヒーローに名を変えたろこどるか!声優までろこどるじゃねえか!!っていうか次週のタイトルが露骨にろこどるじゃねえかwwwwwwwww

■メイドインアビス 第1話 A
え・・・これ、世界観すごいじゃん。キャラデザも絵も綺麗だし。最初のモンスターに追われるところとか圧巻すぎる。ものすごく期待感ありますね。これは今期の大穴枠かも。

■信長の忍び~伊勢・金ヶ﨑篇 第14話 B→B
信長が朝倉を攻めて浅井家は大騒ぎ。浅井に背後を攻められ信長、撤退戦開始。いやこれ、信長が悪いだろ!なんで朝倉を攻める前に浅井長政に相談しなかったの?信長、相談しなくても浅井が何もしないと高をくくってたの?お市の方の命運がかかってるんだぞ!!

■神撃のバハムート VIRGIN SOUL 第14話 A→B
ニーナ里帰り。ニーナのお母さんどんだけ包容力あるんだよ!!そりゃジャンヌさんも泣くわ。カイザルさんはまた牢屋か・・・。カイザルさん、いつになったら大活躍してくれるのかな・・・。

■将国のアルタイル 第1話 B
なんかアルスラーン戦記っぽいの始まった。雰囲気はとてもいいし、これから面白くなりそうな感じはするんだけど、陰謀渦巻いてる割に結局暗殺者を捕らえて無実を証明するというのは単純すぎる気が。

■賭ケグルイ 第2話 A→B
生爪のネイルコレクション・・・こええ~~~~!!!このアニメ、顔芸はすごいけどイカサマを見抜いただけで終わりだとちょっと残念だな。やたら濃そうなのがいっぱいいるからもっとすごい勝負が今後見られるんだとは思うけど。

■Fate/Apocrypha 第2話 B→B
話が動いてきたけど、ぶっちゃけキャラが多すぎてまったくついていけてません。これ、まだキャラが増えるんですよね?大丈夫かな・・・。それにしてもホムンクルス達可哀想すぎ。ホムンクルスなら残虐シーンが許されるのか!?

■アイドル×戦士ミラクルちゅーんず! 第15話 C→C
アイドル戦士が5人になって変身シーンがやたら時間かかるようになったような。せっかく毒毒団がミラクルチューンズの正体に気づいたのに特に活用されることもなく撃退されましたね。ミラクルチューンズがいるところ攻めたらあっさりやられるに決まってるだろ!もっと遠く離れたところで悪さをすればいいのに。

■セントールの悩み 第1話 B
悪くない。亜人ちゃんは語りたいと同じ感じのテーマかな。萌え系かと思ったら意外としっかりしてる。そして人馬のヒロインとか新しい属性開拓しすぎw しかしこれ、なんでハオライーナーズ枠なの?

■ナイツ&マジック 第2話 A→A
おもすれ~!エルネスティの主人公補正が露骨すぎるんだけど、これだけ大迫力の戦闘シーンで胸のすく展開を見せてくれたら文句はないです。主人公だけが活躍してる訳じゃなくて、ちゃんと他のシルエットナイトがしっかり活躍してるのもポイント高い。

■ボールルームへようこそ 第1話 B
社交ダンスアニメか。テーマとしては面白いけど、キャラデザがなんか嫌だな~。不良に虐められる少年史テンプレも嫌だ。社交ダンスの動きはすごくいいですね。テーマは興味あるししばらくは視聴継続かな。

個人的2017春アニメ評価

前クールの期待作だったリトルウィッチアカデミアが失速したり、序盤でかなり期待させてくれた神撃のバハムートが意外とグダグダ展開だったりと、ちょっと残念な作品が目立った気がします。月がきれい、終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?みたいなド直球の恋愛テロアニメが猛威を振るったのも印象深いクールでした。

■全体的な評価。
【S】神
なし

【A】毎週楽しみだった
有頂天家族2、弱虫ペダル NEW GENERATION、サクラダリセット、月がきれい

【B】なんだかんだで楽しめた
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?、エロマンガ先生、サクラクエスト、神撃のバハムート VIRGIN SOUL、ID-0、オトナの一休さん、喧嘩番長 乙女、ラブ米、進撃の巨人 Season2 、信長の忍び、ピカイア!! 、プリパラ

【C】毒にも薬にもならない
ベルセルク、リトルウィッチアカデミア、冴えない彼女の育て方♭、夏目友人帳 陸、アイドルマスターシンデレラガールズ劇場、アトム ザ・ビギニング、つぐもも、兄に付ける薬はない!、ねこねこ日本史、アイカツスターズ、世界の闇図鑑、ぼのぼの

【D】見るのに苦痛を感じた
笑ゥせぇるすまんNEW、アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!、僧侶と交わる色欲の夜に・・・、まけるな!!あくのぐんだん!、正解するカド

【E】なんでこんなの見ちゃったんだろ
特になし

■個人的ベストアニメ
1.有頂天家族2
2.サクラダリセット
3.月がきれい

1位の有頂天家族2は文句なし。圧倒的でした。特に終盤は怒涛の展開で、あれよあれよと核心をついてきて引き込まれました。矢三郎と海星、矢一郎と玉瀾がそれぞれラブラブ展開になったのもほっこりして良し。一期もすごく良かったけど二期はそれ以上でした。
2位のサクラダリセットは最初は小難しいというか回りくどいアニメだな~、と思って見てたんですが、世界の核心が見えてきて俄然面白くなりました。リセットがチートだと思ったら未来視、さらにそれを上回るシナリオ・・・。未だ底が見えない深さがいいです。
3位の月がきれいは・・・もはや暴力。テロリズムw ド直球の青臭い恋愛と青春・・・破壊力がすごすぎました。最初はそんなに印象良くなかったんですが、途中から癖になっちゃいましたw

■今期一番ハマったアニメ
・特になし

■今期ダークホース
・終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
普通なら速攻で切るタイプのアニメなんですが・・・何か引っかかるものがあって最後まで見てしまいました。月がきれいには負けますが、これも相当な恋愛テロアニメですよね。クトリのまっすぐな恋が泣ける・・・。そして、市長の娘の犬娘ちゃん!!このアニメ、ケモノレベル高すぎです。ケモナーの自分大歓喜!
ほかに、ID-0もダークホース枠だったんですが、終盤失速した感じです。

■期待はずれだったアニメ
・笑ゥせぇるすまんNEW
最初は面白いと思ったんですけどね・・・。1クールしかないのになんであんなに同じようなパターン繰り返すのかと。全体を通して見るとほんと酷いです。

・リトルウィッチアカデミア
ここにあげるほど悪いアニメではない・・・というか良作なんですが、序盤の凄さを考えると2クール目は残念でした。クロワ先生は余計だったな~。変にストーリー性もたせずにただ学園生活を面白おかしく描いてくれればそれで良かったのに。

■今期最萌キャラ
1.龍崎薫(アイドルマスターシンデレラガールズ劇場)
2.加藤恵(冴えない彼女の育て方♭)
3.和泉紗霧(エロマンガ先生)

1位の龍崎薫は・・・本編には一度しか出てきませんでしたが、薫ちゃんのせんせぇとしては一位に挙げざるを得ません。クール前半はCMに毎回登場して「公開ちゅー!」と可愛い「ちゅー!」を見せてくれました。薫ちゃんホント可愛い。
2位と3位はどちらも超強力なキャラでしたが、加藤さんは出番に恵まれず、紗霧もほとんど出てこない回があったり中身がただのエロオヤジだったりと、強力なポテンシャルを発揮しきれない感じでした。最終的には数少ないメイン回がとにかく良かった加藤さんに軍配があがりました。デート回がとにかく良すぎた。紗霧ちゃんのおへそも素晴らしいんですけどね~。

■今期ベストイケメンキャラ
1.手嶋純太(弱虫ペダル NEW GENERATION)
 前クールと変わらず。圧倒的イケメン。弱虫ペダル3期は完全に手嶋さんのクールでしたね。「無理は俺の必殺技なんだ」とか相変わらず言うことがかっこいい。そして真波との勝負・・・泣きました。なんて苦しそうに登るんだ、手嶋さん!凡人が必死に頑張る姿・・・すごくいいです。

■今期ベスト音楽
1.イマココ(月がきれいOP)
なんで東山奈央が歌ってるのか良くわかりませんが・・・すごくいい曲だと思います。イントロからもう正統派という感じで。東山奈央の声も素晴らしい。

2017冬アニメ総括へ

アニメ視聴ログ 7/3(月)~7/6(木)

新アニメが続々始まってますが、月~木のアニメでは琴線にかかったものはないかな。まだまだ新しいのが始まるし、どんどん切ってかないと。

■スカートの中はケダモノでした 第1話 B
僧侶の次は男の娘か。この枠はそういう枠なのかw 話が短すぎて評価は難しいけど、主人公の女の子は可愛いな。

■妖怪アパートの幽雅な日常 第1話 C
めぞん一刻的アパートコメディ+妖怪か。題材的には絶対面白くなるはずなんだけど、なんだこのオーラの無さ。面白いはずのネタを形式的にはちりばめてるのに魅力がひとかけらも感じられない。

■恋と嘘 第1話 C
国が結婚相手を決めてくれるなんていい制度じゃないか。少子化対策なら自由恋愛を禁止する必要はないと思うけど。しかしこれこんな奇抜な設定にする必要あったのか?とんがった設定の割に内容の平凡さが目立つが。

■異世界食堂 第1話 B
ちょっと期待してたんだけど、想像してたのと違う。これ、異世界である必要あるんだろうか。料理も普通の料理だし、客も見た目は変だけど別段異世界ならではの反応があるわけじゃないし。

■アイドルタイムプリパラ 第14話 B→B
ガァルマゲドン降臨。みちる・・・中学生なのにあろまに隷属しちゃうのか。薄い本が厚くなる。地獄ミミ子もあろまに通じるものを感じてるようで、あろまの登場でいろいろ人間関係が動きそうですねえ。

■アホガール 第1話 C
確かにアホなんだけど、タイトルがアホガールというわりにはアホ感が足りないような。バナナが好きなだけのちょっとアホな女の子では。

■徒然チルドレン 第1話 B
放課後に呼び出しておいて言おうとしたこと忘れちゃったってどういうことだよwww このアニメ、妙なセンスがあるなw 告白のドキドキとおバカなセンスのコラボレーションがなんか癖になります。

■ナナマルサンバツ 第1話 B
ふむ。クイズアニメか。ちゃんとガチのクイズ研究会を描いてるのね。ありそうでなかったテーマ。悪くない。このテーマでどこまで話を膨らませられるのかがちょっと心配だけど。

■ねこねこ日本史 第45話 B→B
吉田松陰、このアニメ見てる限りただ黒船に乗りたいだけの人だ。っていうかどんだけ乗りたかったんだよ!!

■サクラダリセット 第14話 A→A
夢の中に偽物の桜良田と本物の桜良田があるのか。ややこしい。宇川さん、偽の桜良田を消すのはいいけどシナリオの写本まで消しちゃって大丈夫なのか?管理局も困るんじゃ・・・。

■サクラクエスト 第14話 B→B
国王、建国祭のショックで帰っちゃったのかと思ったら夏休みだったのね。良かった。大臣たちもそれぞれ里帰り。なんかみんなそれぞれチャンスが到来しちゃってますが・・・まあみんな大丈夫そうかな。それより空き家に入り込んだ不審者・・・あいつらなんだ?なんかすごいの来ちゃったぞ。

■捏造トラップ-NTR- 第1話 C
なんだこのエロアニメ。確かに百合は大好物だがこれは地上波で流しちゃいけないやつだ。いや好物だけど。

■アイカツスターズ! 第64話 B→B
レイさん回。だけどまだレイさんのステージは見られないのか。エルザのレイに対する物言い・・・厳しい。でも、確かにエルザのサポートに徹してアイドルとしての輝きを捨ててたのに今まで船を下ろされなかったのが不思議だよなあ。

アイドルタイム プリパラ 第14話「ガァルマゲドンがきた!」

アバンはパラ宿のプリパラが崩壊シーンから。
何度見ても狂ってる。

あろま&みかん、パラ宿を追放されてアボカド学園に転校。
プリパラを追放されて転校させられるってプリパラどんだけ絶大な権力持ってるんだよ!

寮の部屋が天使と悪魔の部屋に。
2段鍋www 天国と地獄ベッドってwww
鍋、天使にも悪魔にも関係ないだろ!!

「地獄委員長、二人を6年B組に案内するですわ」
ミミ子の耳が閉じたw
ミミ子、校長と反目してしまったのか。あんなあっさりと転向されたらババリアが信用できなくなるのも無理はない。

B組の先生、声がドロシーの人か。
あろま&みかんに振り回されてドロシー成分がにじみ出はじめてるぞw

「いつも右肩が重い私・・・そのせいでなんでもないところで躓いたりバランスが悪くて不幸な目にあう」
ちょこちょこ出てくる眼鏡の子、幸田みちるっていうのか。
あろまを見つめるみちるちゃん。

「支配のため、悪魔は小悪魔を得てわが力とするであろう」
お告げにしたがってあろまっとカードで手下を探すあろま、あろまを見てたみちるに目をつける。
「そこの者!」
「あの・・・私?」
「汝ではない。その右肩の者に言っている」
あろま・・・適当なこと言ってるだけかと思ったら本当に見える人だったの?

「汝われの手下・・・小悪魔になれ」
「あろま!その人中学生!」
「気が弱そうだからちょうどいいと思ったが先輩であったか~」
相手が中学生と聞いてビビるあろま。弱いw

「中学生?先輩?それがどうしたである!我は悪魔!悪魔の年月を人間の尺度で測るではない!」
開き直って中学生を跪かせるあろま。強いw
「幸田みちるよ。これからは不幸田みちると名乗るが良い」
あろま酷いw

「我が汝という小悪魔を召喚せしときいつでも参るのだぞ」
「わかりました。黒須・・・あろま・・・様・・・」
あろま、中学生を隷属させやがったw 薄い本が厚くなりそう。

「あろま、みちるさんの右肩に何かいたのって本当なの?」
「何もいないのである。肩こりを利用して何かいると思い込ませただけである」
あろま、詐欺師の才覚に溢れすぎている。

ガァルル、時計塔で卵発見。
スカートの中で温めはじめる。
ガァルルのお腹が大きく・・・。

「ガァルマゲドンを歓迎するみなさんの気持ちでアイドルタイムがマックスになりました」
いきなりアイドルタイムマックス!
いつも良く分からない理由でマックスになるアイドルタイムだけど・・・気持ちでマックスになっちゃうのかよ!!
ということでガァルマゲドンのライブ。

「魔界・・・なにか通じるものを感じたが・・・アイドルなどこの地獄ミミ子が許さない」
ミミ子、あろまに通じるものを感じてるのかw
ミミ子とガァルマゲドンの絡み・・・面白くなりそう。

第13話へ 第15話へ

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ